2016年9月25日 (日)

箕面温泉スパーガーデン 

Dscn0140

昨日の反省から本日は午後から雨の予報にいつもなら絶対にバイクで行くところを電車を使って行ってきました。ラーメン屋さんが梅田であったのでその方が合理的でもありました。

関西ウォーカーで特集していたスーパー銭湯。取上げられた施設が割引を提供していますがその多くが9月30日を期限としています。まだ一度も行ったことのなかった箕面の温泉に行ってきました。若かりし頃、特別庭園(スーパーガーデン)だと勘違いして行ったことを思い出しました。

大衆演劇の劇団のパフォーマンスや吉本のお笑いなどを風呂の途中で見たりしてまったりとした時間を過ごしてきました。劇団の舞台ではお捻りを胸元や帯にねじ込むおばちゃんが沢山いました。タイムマシンで少し時代を遡ったかの様な光景でありました。


Dscn0013 Dscn0014

Dscn0066 Dscn0074Dscn0082 Dscn0098Dscn0092 Dscn0105Dscn0111 Dscn0118Dscn0119 Dscn0126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン

Dscn0041

食に対しては全くもって淡泊です。でもラーメンは大好き。阪急梅田店で『秋の九州物産大会』が開催されています。そこで県外不出の熊本ラーメン『天外天』さんが初めて出店されていて話題となっています。これは行かねばなりますまい、とオープンの11時頃に到着。ところがそこには長蛇の列が出来ていて、いきなりの2時間待ちとなっていました。10秒ほど最後尾に並びましたがあっさりと脱出。ラーメン大好き人間がたくさんいることに驚きます。

しかし身体はもうすっかりラーメン仕様となっています。ラーメン以外はNGなので阪急2階の駅構内に行列が絶えない『麺屋 たけ井』さんに向かいました。やっぱり行列は出来ていましたが10分ほどで店内に入ることができました。

初めてのラーメン屋さんですが、自販機の最上部につけ麺が並んでいます。どうやらつけ麺が主たる商品のようです。ここは玉子付きの「味玉つけ麺(並)280g」980円を注文します。

Dscn0022 Dscn0025Dscn0023 Dscn0035Dscn0050 Dscn0033Dscn0043 Dscn0047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

ふるさと納税 

Dscn0009

プレゼントでスタンドポッドを貰いました。一脚の足元に小さな三脚が付いています。自立式の一脚です。

でもこれ実質2,000円でゲットしてくれたものであります。埼玉県日高市に2万円納税すると頂戴できる『ふるさと品』です。どうやら三脚メーカーであるスリックの工場が日高市にあるようなのです。

普通に買えば6千円位するものです。所得により異なる納税の上限額には留意が必要ですが、上限額内であれば2万円のふるさと納税に対し18,000円が税金から戻ってくる仕組みです(ゆえに実質負担2千円)。

賢い人はこんなメリットを数年前から享受していたんですね。フムフム。。。

Dscn0010 Dscn0004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日香 

Dsc_0008

晴れの予報に雨具を置いてきたのが間違いでした。

川湯温泉に行く際にフィットのナビでアクセスした奈良へのルートを辿っていつもの奈良市内経由からの道と較べてこの八尾、柏原、當麻寺コースは三角形の2辺から1辺を走る位の大幅なショートカットとなります。

道の駅ふたかみパーク當麻でトイレ休憩。空模様がとても怪しくなっています。そしてとうとう大和高田バイパスに入る手前で雨が強く降ってきました。仕方なくバイパスの高架下で雨宿りします。しばらくすると一台のバイクが僕と同じように避難してきました。カッコいいセロー250です。パープリッシホワイトソリッド1は今年の最新色です。

今日は青蓮寺湖でお仲間と合流し、星を見に来たそうです。職業は絵描きさんで写真も手掛けていらっしゃるとの由。大阪の舞台では落語家さんたちもその被写体となっている様です。若い時から好きなことをしてきたと仰っていました。いいなぁ~。

雨が止んで帰るかどうか思案しましたが、やはり明日香へと向かうことにしました。曼珠沙華はその盛りは少し過ぎてしまっていました。でもまだ綺麗な花も少しだけ残っていました。

写真を撮り終えてバイクに戻ると再び雨が強く降ってきました。地元の農産物を売っているお店のテント下で本日2度目の雨宿りをさせて頂きます。途中、賑やかなおばあちゃん軍団に静寂な空気を掻き乱されてましたが、嵐の様に過ぎ去ったあとは再び静かな時間が流れます。

雨も小降りになったところで今日はもう雨と会いたくないので一路、高速で帰ることにします。そのお陰でか最後まで濡れずに済みました。運が良かったのか悪かったのか。。。

Dsc_0112 Dsc_0319Dsc_0044 Dsc_0148Dsc_0083 Dsc_0077Dsc_0089 Dsc_0038Dsc_0099 Dsc_0126Dsc_0160 Dsc_0181Dsc_0147 Dsc_0198Dsc_0233 Dsc_0242Dsc_0001 Dsc_0009Dsc_0231 Dsc_0228Dsc_0254 Dsc_0265Dsc_0274 Dsc_0295Dsc_0301 Dsc_0328Dsc_0338 Dsc_0345Dsc_0129 Dsc_0239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

熊野灘 

Dsc_0347

この2日間、激しい天気の移り変わりに翻弄されました。バイクで来ていたら涙が出る位辛いツーリングになっていました(それもまた楽し、なのですが)。フィットのお陰で濡れることもなく一眼レフも2台持参と荷物もギリギリまで少なくする必要もありませんでした。残念ながら三脚の出番もありませんでしたが、通行止めとなって行くことの出来なかった飛雪の滝へは、ぜひまたリベンジしたいと思いました。

熊野灘の海は荒れていました。台風が近づいているようです。和歌山や奈良は豊かな森や澄んだ川がたくさんあります。大きな被害が出ないように祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光泉寺 

Dscn0759

和歌山最大級の銀杏が古座川町にあります。

垂れ下がった気根が乳房と重なり『子授けイチョウ』と呼ばれ子宝にご利益があると云われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一枚岩 

Dscn0709

虫喰岩、牡丹岩を経由して一枚岩に向かいます。途中、バケツをひっくり返した様な雨に見舞われました。もう面白い位のもの凄い雨です。この岩は虫喰いの跡がありません。この岩に住んでいた犬が岩を食べる魔物から岩を守ったという伝説があります。

4月と8月の下旬、日没17時前の数分間だけ一枚岩に「守り犬の影」が浮かび上がるようです。いつか、その鳥肌が立つ様な物語の中に行ってみたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫喰岩 

Dscn0666

以前は無かった虫喰岩の道の駅。本当に可愛らしい小さな道の駅です。余りにも小さいので中に入って何も買わずに出てくるのが申し訳なく結局入ることが出来ませんでした。

人の顔にも見えてくる不思議な造形美です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

川湯温泉 

Dscn0568

今日のお宿は『山水館 川湯 まつや』です。山水館グループは松竹梅と3つのホテルを経営していて「みどりや」、「きのくに」、「まつや」の順番となっています。今回は梅のまつやにお世話になります。じゃらんで取ったプランは訳ありで、窓ガラスが曇りガラスとなっていて外が見えないシングルのお部屋です。ただこの日は同プランが人気でツインの外が見える部屋に替えて下さいました。ラッキー♪

お風呂はグループのホテルのものも利用できるのですが「きのくに」の説明がありませんでした。後でお聞きすると建物が古くエレベーターも無いので休館しているとの由。露天風呂も埋めてしまったそうです。それでも「みどりや」の内風呂、露天風呂(上掲写真)が利用できるのは有り難い。河原にある露天には内風呂からアクセスするのですが男性、女性内風呂の其々の前に7,8人ほどが入れる風呂が作られています。どちらも利用可能です。露天は混浴で女性は湯浴み着、男性はタオルで前を覆って入る決まりです。

混浴と言っても大概女性は居ないのですが湯浴み着があるので気軽に入ってこられます。でも多くは年配の女性たちです。ところが2度目の露天の時、僕の隣にふたり連れのお嬢さんたちが入ってこられました。全然関係ありませんがなぜか緊張してしまいました。

風呂は都合8回ほど入りました。今回のメインがこの温泉三昧。十分に堪能してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土井竹林 

Dsc_0142

江戸時代からの林業家である「土井家」が大切に育てた竹林たち。パチンコ屋さんの大きな駐車場の裏に位置していますが「利用者以外の駐車禁止」の看板があったので、お隣のホームセンターやファストフードが共有している駐車場にフィットを止めさせて貰いました。

土井竹林の看板を目印に進んでいきます。古民家が2軒ありますが竹林らしきものが見当たりません。やっと探し当てたのが細い抜け道の様な場所。たぶんここだろうと歩を進めていくとお目当ての竹林がトンネルの先に見えてきました。

地元の方たちにとっては普通の場所なのでしょう。ここも僕だけの専有地でありました。ただ、入り口の門には鍵が掛かっており、竹林の中に入っていくことは出来ませんでした。太さが30cmもある竹があるとのことでしたがその存在は確認できませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«馬越峠