« 万博公園 あじさい祭 | トップページ | カブで遠乗り♪ »

2006年7月 2日 (日)

大型自動二輪

今日は1段階の4限、5限目(共に実車)だ。そしてうまくいけば、1段階終了となり、2段階へと進むことになる。教習所に着く前に、バケツでひっくり返したような雨が降った。どうなることかと思ったが、この連続して取った教習時間は、雨が殆ど降らなかった。昨日もそうだったが、どうやら『晴れの神様』がついてくれているらしい。

4限では、坂道発進とクランクを行なう。クランクでは、クラッチの扱いがすこし雑な様で、自分の思ったスピードでのコントロールが微妙にうまくいかない。教官も、大型はクラッチが固く、思うような操作が中型以上に難しいと言われる。なるほど。このクラッチ、そういえば、DSCより固い。2時間連続でやっていると左手の指が少し悲鳴を上げる。こりゃ、クラッチレバーのないFJR1300AS、真面目に考えないといけないかも。

5限でも、急制動、スラロームのセット、そして、クランク、坂道発進のセットを交互に繰り返す。注意されたところ。止まっているときにも右手ブレーキはキチンと掛けておくこと(どうもリラックスし過ぎていたらしい。右足だけでブレーキを掛けていた)。クランク出口で左折するとき、膨らみすぎ。もっとコンパクトに

さあ、1段階の見極めはどうなるか? 教習時間が終了し、教官の前に一同集合する。教官から、ひとりひとりコメント。最初の女の子には、すごく親切に丁寧に解説指導がある。そして、僕。。。にはコメントなし。あれれ?? まぁ、良かったとのことと勝手に理解しましょう。ここで免許を再度、提示します。大型、の文字の下にマークがつくのはいつになるかなぁ。

|

« 万博公園 あじさい祭 | トップページ | カブで遠乗り♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/10765779

この記事へのトラックバック一覧です: 大型自動二輪:

« 万博公園 あじさい祭 | トップページ | カブで遠乗り♪ »