« 朧月(おぼろづき) | トップページ | NHK『趣味悠々』 »

2006年9月10日 (日)

海の駅

Image ライダーにとって『道の駅』という存在はとても重要です。トイレに休憩所が併設されて、時には地元の情報源にもなります。僕は四国ではその隅っこにテントを張らせて貰って一夜の宿を取らせて貰いました。当然、国道沿いなど車にとって便の良いところにあるので、車の音はうるさいし、ヘッドライトは眩しいのですが、野犬や、風来坊などの襲撃に対して気を遣わないだけ楽チンです。海にも同様に『海の駅』というものがあるんですね。ヨットやクルーザーが、寄港できる基地というのでしょうか。なんか優雅です。今日の行き先はこの『海の駅』のひとつです。

朝から雨が降ったり、陽が差したり、空の顔はころころと変わります。ダイエーに買い物に行った後、海を見たくなってカブで飛び出しました。今日は陸(おか)に上がったマーメイド号を見に行きます。この前、この船を見たときは、ヨットハーバーの一等席の係留桟橋にあったのですが、永久保存が決まり、陸に引き揚げられた様です。間近に見れるようになっている筈です。中津浜線を南下し、西宮浜の看板を目印に右折します。札場筋に合流したところを再び左折し、南下します。西宮大橋を渡ります。その一番高いところで左右の風景を写真に撮りました。西の光景は特に西宮から神戸にかける代表的な光景です。海と山の間の僅かの平地に家々がびっしりと並んでいます。_p1000125 _p1000033_1

後は真直ぐに進んでいくと突き当りがもう『新西宮ヨットハーバー』です。マーメイド号は駐車場入口にありました。係留桟橋のそばと勝手に思い込んでいたので、あんなに大きいのに目に入らず、一旦カブを駐輪場に止めました。すぐマーメイド号に気付き、再びカブに跨り艇の前に移動します。ここに来る人たちは余りこの艇に興味がなさそうです。僕だけがカブと艇を懸命に写真に撮っていました。駐車場を出る車が僕が写真を撮っているので止まってくれています。こういうのは凄く嬉しいですね。思いっきり頭を縦に振ってお礼をします。振り過ぎてよろけそうになります。おっとっと。_p1000044 _p1000041_1

目的は達しましたが、折角です。係留桟橋に向かいます。板敷きの桟橋はなかなか趣があります。クルーザーから降りてくる人たちがいます。どんな人達なのでしょうか。なんか違う世界の人達の様です。そう思うとどことなく『匂い』が違います。僕は陸のクルーザーである『ランドクルーザー』の方が良いです。アイラブランクル。空を見上げると黒い雲が空を半分覆っています。これはそろそろ帰還したほうが良さそうです。カブに跨るとそんな思いを察したのか、空の神様が雨を落としてこられました。しばらく近くの建物の軒の下で雨宿りです。5分ほどして雨が弱まったところで出発します。腰に廻したバックはダイエーの買い物袋の中に入れ、カメラ(FX7)が雨に濡れないようにします。171号を途中、門戸厄神方面に入ります。家に帰ってから10分ほどすると強烈な雨が降ってきました。ふ~。空の神様、サンキュウ♪_p1000081 _p1000072 _p1000095 _p1000091_1 _p1000102_1 _p1000097 _p1000111 _p1000104 _p1000116_1 _p1000049

|

« 朧月(おぼろづき) | トップページ | NHK『趣味悠々』 »

コメント

tetsuさん始めましてueです。いつも楽しい写真を拝見させていただいてます。まるで、自分も一緒に行ったような錯覚を覚えます。この「海の駅」はおしゃれなレストランもあって、ちょっとハイソな雰囲気ですね。私は、バイクの大型免許はとりそこねましたが、船舶免許を持ってます(船はなし)ので、免許更新とか、ヤマハのレンタルボート会員(昔)になってた時もあり、ここにちょくちょく来ました。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: ue | 2006年9月10日 (日) 19時45分

ueさん、はじめまして。ueさんは、『海の駅』ご存知だったのですね。僕は今回、ヨットハーバーのHPで初めて知りました。レストランなどがあることはHPでも、また外からガラス越しに見えるので分かっていたのですが、ヨットもなにも関係のない人間が入るのに一寸躊躇ってしまい、結局、中には入りませんでした。

>大型免許はとりそこね・・・
ueさんは、中型のライダーでもいらっしゃるのですか? 大型はご存知のとおり、今では教習所でも取れます。是非、チャレンジされてください。

D200は、そろそろデビューですか。色々とまたお教え下さい。 

投稿: tetsu | 2006年9月10日 (日) 20時29分

ラッタッタ以上は大型と解釈です。四輪普通免許のみです。デジイチの先輩殿、宜しくです。

投稿: ue | 2006年9月10日 (日) 21時04分

tetsuさん
すばらしい写真の数々。
スナップのつもりなんでしょうが、芸術作品並ですね。
tetsuさんの写真には「水」がけっこう多いような気がします。

水にも景色がさかさまに映っている写真、いいですね。
わたしもいつかその技術を試してみたいと思います。

投稿: SHIN | 2006年9月11日 (月) 00時05分

この日は、天気が気まぐれで、空にはご覧のとおり真っ黒な雲があるのですが、青空も覗いていたり、そのコントラストが面白く感じられました。

船の設計図?に僕が映っています。坊主頭からおかっぱにしました。(訂正:ヘルメット被っています)

投稿: tetsu | 2006年9月11日 (月) 21時03分

tetsuさんは、スティーブ・マックイーンとか若き日のクリント・イーストウッドが乗ってたようなかっこいい、ヘビーなバイクをお持ちですね。でも、時々カブが登場しますが・・デジイチは本格的シーン、コンデジは携帯用みたいなもんですね。
BMWはライダー憧れのバイクらしいですね。ハーレーは重厚で、車の後ろにつかれると譲ってしまうほどの存在感がありますね。

投稿: ue | 2006年9月11日 (月) 23時07分

今日、小指の6ヶ月点検に、芦屋の病院に行
ってきました。
せっかく神戸に出たついでに、トライアンフ
神戸に寄ってボンネビルT100を試乗してき
ました。 横からの見た目のボリューム感と
跨って上から見る感じが全く違い(ドラッグ
スターの感覚で見るせいか?)拍子抜けして
しまいました。 (^_^;)
 帰ろうとしたら、西宮ヨットハーバーの
看板が目に入り、思わず寄り道してきまし
た。

マーメイドも見てきましたよ。 (^^♪

投稿: kanoko551 | 2006年9月12日 (火) 17時22分

ueさん
バイクの印象的なシーンの一つに『大脱走』がありますね。スティーブマックイーン扮するヒルツが、ドイツ・スイス国境のアルプスを目指し、鉄馬で駆け回ります。子供の時はただ凄いな、と見ていましたが、この頃はついクラッチ操作は?などと左手の動きが気になったり、極めてマニアックな見方になっている自分に苦笑いしています。

僕のバイクは、ヤマハでも人気のドラッグスターという車種の派生系で、よりクラシカルな雰囲気を醸しだしたタイプです。ドラッグスタークラシック、略称DSCです。このDSCとカブが僕の相棒たちですが、カブはもう万能選手でして、四国88ヶ所巡礼から、近所のダイエーの買い物まで全てをこなしてくれます。

カメラはルミックスが外出するときにはいつも腰にぶら下がっています。時々、忘れたりすると、素敵な光景に出逢ったらどうするの?と少し不安になったりします。一眼はやはり目的意識がはっきりしているときに登場しています。

でも以前、銀塩の頃には新機種が発売されても全然気になりませんでしたが、最近はデジタルの更新サイクルにメーカーさんの思惑どおり踊らされている自分がいるように思います。邪念は吹き飛ばさねば・・・と思いつつ、今日も会社帰り、D80を触ってしまいました。

投稿: tetsu | 2006年9月12日 (火) 23時33分

kanoko551さん
2度目の6ヶ月点検になるのでしょうか。もう痛みはありませんか? 僕は事故で右手首の骨を折って(小さい骨ですが)もうくっついていません。今でもダイエーの思い袋を持つとズキッと痛みます。

トライアンフも素敵ですね。T100、早速ネットでチェックしました。見るのと乗るのとではやはり違うものなのですね。試乗はやはり大切なんですね。DSCのときは、写真をみてこれしかない、と思い、試乗もなにもなく(というよりも免許もなかったので)いきなりでした。

マーメイド、あの船で世界一周です。凄いです。僕も早くバイクで日本一周を旅したい、そう思うこの頃です。

投稿: tetsu | 2006年9月12日 (火) 23時45分

「僕も早く一眼レフで日本中の美人ボーカルを写したい」、そう思うこの頃です。

tetsuさんと夢が似てますよね?

投稿: SHIN | 2006年9月13日 (水) 01時48分

SHINさん
どうでしょう、いっそのことモット欲張りな願いなんかは・・・
『日本中の美人と一緒にバイクで日本一周をしたい』
何考えてんだか、と言われそうです、というか間違いなく、言われますね♪

投稿: tetsu | 2006年9月13日 (水) 21時37分

超円高にもしなったら、アメリカに格安航空券で飛んで、ハーレーを買って、アメリカ大陸横断し、バイクと一緒に帰国・・の夢もありますね。私は、ジープに乗りたいです。

投稿: ue | 2006年9月14日 (木) 00時29分

ueさん
円高よりもやっぱり新規上場株ですかね。ミクシィ、凄いですね。

ジープは三菱のですが学生時代一度だけ乗ったことがあります。フロントガラス下に空気口があってそれを手で開けるようになっていました。またカーブでハンドルを切って直線になっても自動的には戻らず自分で戻さないとなりませんでした。ハンドルは凄く細かったのが印象的です。もう製造中止になりましたが、個性的な車でしたね。

ueさんの言われているjeepはもちろんアメリカ製ですよね。夢を是非実現させてください。

投稿: tetsu | 2006年9月14日 (木) 22時44分

グランドチョロキー’95年製は憧れ的です。街ですれ違ってもついつい脇見です。お椀を伏せたような丸っこいデザインが主流の昨今、仏壇のような角ばったスタイルは,とってもノスタルジーを感じさせます。

投稿: ue | 2006年9月15日 (金) 07時20分

チェロキー、95年製ともうかなり絞り込まれているのですね。定規で描いた様な直線的な姿はシンプルで素敵です。
僕は、10年ほど前に乗用車からランクルに乗り換えましたが、その時はランクルがもう欲しくて欲しくて堪りませんでした。トヨタの『本田』さんという営業マンから買いました。ランクルも図体はでかいのですが、見切りが良い車で運転はし難い事ありません。ただ、4500ccゆえ、燃費3~4km/Lが今はちょっと辛いですが・・・

投稿: tetsu | 2006年9月15日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/11835520

この記事へのトラックバック一覧です: 海の駅:

« 朧月(おぼろづき) | トップページ | NHK『趣味悠々』 »