« 赤目四十八滝 | トップページ | 仲秋の名月 »

2006年9月30日 (土)

曽爾高原

_dsc_0317 タイトル『SONY(工事中)』のステージですすきと夕陽の写真に早速SHINさんからコメントを頂戴しました。ありがとうございます。

ライダー用語?で『IT´S A SONY』と言えばこの時期、曽爾高原になります。赤目四十八滝のすぐ近くなので予定外でしたが行くことにしました。567から784に乗り換えるのですが、この辺の道の渡り歩きは自分でも上手になったと思います。標識ではなく、道を探します。右に曲がる道、右に曲がる道、と念仏のように唱えていると、小さい忘れ去られたような道に気付きます。そこには小さな小さな『784』の看板があります。ピッタンコ。この道ですれ違う車はありませんでした。1.5車線の道の真ん中には苔がところどころ生えています。好きです。こういう道。鎧岩を眺めながら、記憶にある道を進みます。3度目の訪問ですが、初めて駐車場に停めます。バイクはそうはいっても100円です。

亀池のほとりにある売店で栄養補給です。売店のポスターで今日から亀池の周りでライトアップがあるのを知ります。ラッキー。そしてすすきの中を歩いていきます。駐車場の方からは『もうちょっとしたら見頃』と今日の時点ではまだ少し早いと言われましたが、気持ちのいい風とすすきの穂が揺らぐ姿は素敵でした。_dsc_0193_1 _dsc_0096_1 _dsc_0110_1 _dsc_0212_1 _dsc_0216_1 _dsc_0233_1

夕方、太陽が遠い山の中に消えていきます。山腹では多くの人たちがその姿を見入っていました。綺麗です。日が沈むと少し寒くなります。アベックはピッタリくっついています。半袖を着てきているおじちゃんは震えています。僕はライダージャケットはバイクに置いてきましたが、長袖のシャツです。それでも少し肌寒いです。陽が落ちるとこんどは亀池の周りの灯籠に灯が燈ります。電気の灯りなのが少し残念ですが、綺麗です。段々と周りが暗くなると灯りの光がその強さを増すように見えます。今日も素敵な光景を見ることが出来ました。_dsc_0293 _dsc_0279_1 _dsc_0305_1 _dsc_0283 _dsc_0357 _dsc_0345

|

« 赤目四十八滝 | トップページ | 仲秋の名月 »

コメント

おやっ、久々に出ましたね、なぞかけ写真。
絵葉書に使えそうな写真です。

SONYはSORRYをもじったものでしょうか?
それともSUNNYをもじったもの?

投稿: SHIN | 2006年10月 1日 (日) 06時55分

SHINさん、おしい。もじりはもじりなんですが、イッツァソニーのソニーです。あれっ?これ回答になっていませんね。まもなく工事が完成すると思います。正解をお楽しみに♪

投稿: tetsu | 2006年10月 1日 (日) 08時54分

そうだったんですかー!
やられました!

それから、
今回のお写真、最高です!!
「風景写真」のすばらしさとその場の感動を分けていただきました。
ありがとうございます。

投稿: SHIN | 2006年10月 1日 (日) 22時51分

SHINさん、お褒め頂きありがとうございます。

すすきはとっても素敵な被写体です。曽爾の他、和歌山の生石高原(360度展望)や、兵庫の峰山高原なども素敵です。

少し枯れかけた穂先がふわふわした時も、また格別です。

投稿: tetsu | 2006年10月 2日 (月) 21時10分

曽爾高原、懐かしいです。
夕焼け、そしてお月さんも!
いや~、tetsuさんさすがです!
関西の秋、みせていただきました。

投稿: kazuh | 2006年10月 2日 (月) 22時39分

kazuhさんの曽爾高原2/8、4/8のような素敵な写真を撮りたかったのですが、また次の課題となってしまいました。難しいです。
あの時はkazuhさん、11月に行かれていらっしゃるのですね。秋がこれから深まって紅葉が素敵になってきます。関東からだと、京都や奈良が近いこちらは凄く羨ましく感じられますよね。僕も今年は京都や奈良をじっくり廻るのもいいな~と思っています。

投稿: tetsu | 2006年10月 2日 (月) 23時26分

ついにKDX買ってしまいました。
レンズも3本。

投稿: SHIN | 2006年10月 5日 (木) 23時13分

おぉ~、いよいよニコン国からキャノン国へ入ってしまったのですね。きっとこの3本のレンズも知らぬ間に?増えていることと思います。フィルムとデジタル、一年後にはSHINさんの作品の比率、どうなっているでしょう。僕はいまデジタル100%です。

投稿: tetsu | 2006年10月 5日 (木) 23時23分

ニコ爺からキャノ坊になりました。
レンズはあと、90-300mmが欲しいです。
(屋外ライブなど用)
10mmクラスの超広角は6万円するので、しばらく様子見です。

フィルムとデジタルですが、フィルムは19mmの超広角の出番のみとなるでしょう。
10-12月はデジタル80%くらいで、来年には90%以上になっていると思います。

投稿: SHIN | 2006年10月 6日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12102287

この記事へのトラックバック一覧です: 曽爾高原:

« 赤目四十八滝 | トップページ | 仲秋の名月 »