« 武庫川河川敷 | トップページ | 神戸市立博物館 »

2006年10月28日 (土)

兵庫県動物愛護センター

_dsc_0186_1

武庫川沿いに人間の犠牲になった動物たちを世話している施設がある。先日もわんわんランドが破綻し激やせした犬たちがテレビに映っていた。既に何十頭も死んで埋められていたそうだ。いまや人間は自分の子供も虐待し死に至らしめる最低の動物になってしまった。今日の里親探しの犬の名は『サスケ』。係りの方がその眉間にある忍者風マーク?をみて付けられたそうだ。サスケに幸多からんことを願う。

_dsc_0116 _dsc_0194_1 _dsc_0182 _dsc_0125_2 _dsc_0154 _dsc_0190

|

« 武庫川河川敷 | トップページ | 神戸市立博物館 »

コメント

新しいジャンルのお写真、素晴らしいです。ウサもかわいいですね。

投稿: ue | 2006年10月29日 (日) 07時17分

トンボが好きですね。

投稿: SHIN | 2006年10月29日 (日) 07時50分

>ueさん
猫とウサギと犬は作り物です。犬はさておき、作り物ではありますが良く出来ています。センター内のあちこちに動物たちのオブジェが置かれています。

ウサギに蝶が止まりシャッターチャンスでしたが見事空振りしてしまいました。結局、上記のようにウサギの向こうに蝶はいます。

>SHINさん
昔はそれはそれは昆虫が大好きでしたね。アゲハ蝶などは山椒の葉についている卵のときから育て何匹も羽化させました。大空に飛び立っていくときの感動は今も覚えています。蚕なんかも飼いました。これは夜中に桑の葉をすごく大きい音を立てて食べるのに閉口しました。カブトムシ、クワガタ、玉虫、カミキリ、キリギリス、ウマオイ、ショウリョウバッタ、カエル・・・懐かしいです。

何年か前に阪神競馬場へ網ひとつを持って行ったことがあります。籠も持たず網だけです。これでセミを捕りまくりました。網の中には十数匹のセミが。もの凄く鳴いています。そこにいた子供たちが僕の後にズラッと並んでいました。セミ捕りの腕はプロ級です♪

投稿: tetsu | 2006年10月29日 (日) 16時06分

そうなんですか!、猫は確かに不自然ですよね。

投稿: ue | 2006年10月29日 (日) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12462330

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県動物愛護センター:

« 武庫川河川敷 | トップページ | 神戸市立博物館 »