« 荒牧バラ園 | トップページ | 万博公園 »

2006年10月19日 (木)

夜の宝塚

_p1000062_2 コンデジ『パナソニックDMCーFX01』を相棒に夜の宝塚をカブと一緒に歩いてきた。阪急今津線の南宝塚から宝塚まで、宝塚ホテルや宝塚大劇場が大きな舞台装置だが、今日は小さなお店や通りにも宝塚を見てみたいと思った。

いまはもう無くなってしまった宝塚ファミリーランドのメリーゴーランドがまだここにはある。人気(ひとけ)のない光の中に浮かぶメリーゴーランドにはちょっと不思議な怖さがある。『花乃みち』に沿って宝塚のイメージ通りの光景が続く。写真を撮っていると宝塚音楽学校の生徒さんたちがあのグレーの独特の制服に身を包んでこちらに近付いてきた。アップにならないようシャッターを切った。_p1000075_2 _p1000057 _p1000083 _p1000103

『真実の口』 宝塚でそれを見るとは思わなかった。説明文にうそつきが手を口に入れると目が光ると書いてある。恐る恐る左手をゆっくりと口に差し入れる。ヤッホー、光らなかった。(←ウソではない)_p1000115_p1000098_2  _p1000124 _p1000139_1 _p1000135

|

« 荒牧バラ園 | トップページ | 万博公園 »

コメント

一枚目の写真、竹久夢二がたこやいてます・・・、秀作です。座布団3枚。

投稿: | 2006年10月20日 (金) 11時42分

ueさん
座布団どうもありがとうございます(笑)
このたこ焼き屋さん、南宝塚駅のすぐ近くにあるのですがお酒のボトルが綺麗に壁に並べられていたりちょっとレトロでお洒落な感じを醸しだしていました。
花の写っている写真以外は全て『夜景』モードで撮りました。コンデジでも状況説明にはもう十二分ですね。

投稿: tetsu | 2006年10月21日 (土) 00時34分

竹久夢二はわたしの故郷の画家です。
ほかには宮本武蔵、桃太郎とか。
さて、わたしのふるさとはどこでしょう?

和歌山?
おしい!

投稿: SHIN | 2006年10月21日 (土) 07時11分

『泣く時はよき母ありき 遊ぶ時はよき姉ありき 七つのころよ』

2004年12月、牛窓に行く途中、夢二の生家に立ち寄りました。生家前の公園にあった石碑にはこう刻まれていました。

武蔵の初めての決闘の地には先日行ってきました(兵庫県でしたが)。ポツンとそこには石碑が建っていました。ほかには何もなく少し寂しい感じがしました。武蔵はその異相ゆえ大分その心を歪めていたようです。司馬遼太郎は大好きな作家のひとりですが、武蔵の心を内面から描くそれはとても面白かったです。

桃は1ヵ月程前に食べました。でも桃太郎から貰ったそれではなくダイエーで買いました。あれっ?貰うのはきび団子でしたね。

和歌山がおしいということは・・・
山、山、山・・・富山?!
僕は『川』出身です。

投稿: tetsu | 2006年10月21日 (土) 08時21分

今は懐かしい宇高連絡線、瀬戸の夕日は小柳るみ子以上でした。潮風に吹かれての船上の弁当もうまい!携帯もなかったし、ほっとするビジネスの合間。子持ちシャコがうまい。入社2年目の転勤先での思い出でした。
 どこどすえ~??

投稿: ue | 2006年10月21日 (土) 09時47分

入社2年目ですか。(目を細めて遠くを見る)

僕の2年目は奈良県全域を担当して車を乗り回していました。当時、大阪本社で車で廻るのは専務と僕だけだったと記憶しています。もちろん専務は運転手さん付で僕は運転手兼務でした。

投稿: tetsu | 2006年10月21日 (土) 23時06分

富山、おしい。。。って、遠くなっていますよん!
ほらほら有名な橋がかかっている県です。

tetsuさんは『川』出身ですか!
香川、神奈川、石川、江戸川、仁川、武庫川、佐川、加古川、淀川、小早川、アマゾン川、ミシシッピ川、ナイル川、天の川。。。もう少しヒントください。

投稿: SHIN | 2006年10月22日 (日) 10時50分

神戸と共通点の多い町があります。昔、日本丸の誘致にこのふたつの町が名乗りをあげ、僕?の勝ちとなりました。

投稿: tetsu | 2006年10月22日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12344826

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の宝塚:

« 荒牧バラ園 | トップページ | 万博公園 »