« 清住コスモス園 | トップページ | 夜の宝塚 »

2006年10月15日 (日)

荒牧バラ園

_dsc_0162_4

神戸総合運動公園や、相生市馬場のコスモスたちも魅力的ですが、今日はバラの香りに包まれに行くことにしました  『荒牧バラ園』 近くにこんな素敵な場所があるなんて有難いです。昨日の氷上では一脚を持っていきましたが、全部手持ち撮影でした。絞り優先モードです。その結果、ぶれている写真の大量生産となりました。そこで今日はカブの荷台にスリックの三脚を括りつけて行きました。

駐輪場にカブを停めます。となりにはヤマハメイトがあります。カメラのセットをしていると年配のご夫婦がどうやらこのメイトのオーナーらしく近付いてこられました。バラの開花状況をお聞きすると、奥様がこんなことを仰います。『春のバラは勢いがあるけれど、秋のバラは優しい感じがします。』 なんて素敵な表現でしょう。今日は優しいバラと戯れることが出来そうです。_p1000050_2 _p1000024

デジ一眼には早速90mmマクロをセットします。全景を撮るときは腰にぶら提げたコンデジの登場です。今日はこのコンビでやって行きます。春の時よりも今日のほうが明らかに人は少ないです。僕にとっては嬉しいことです。

秋晴れの恵みを布団に一杯に浴びてもらっています。一度家に戻ります。コンピューターにデータを取り込むとなんとバラの花びらに例のものが・・・  やってしまいました。またもや『ゴミ』です。ブロアーで吹き飛ばそうとしましたが、頑固者のゴミらしくびくともしません。ティッシュを紙縒り状にして先端の柔らかいところでゴミをくすぐりますが全然笑ってくれません。_dsc_0195 _dsc_0197_1

今日は六甲山に秋を見つけに行くか、池田に日本一小さい動物園があると面白い情報をゲットしたのでそこにいる愛くるしい動物たちを見に行くか、など色々と想像していましたが、全部キャンセルしないとならなくなりました。DSCに跨り、ニコンのサービスセンターに向かいます。水曜定休で土日は営業してくれています。『ローパスフィルターの清掃は1時間30分かかります。』と紙が貼られています。これで六甲も動物園も完全にご破算です。

_p1000067_2 待っている間、ニコンのショールームに足を運びます。そこではとっても気になっていたのに結局行くことの出来なかった『軍艦アパート』の展覧会をやっていました。ラッキーです。まずその写真の色彩に驚かされます。どうやったらこんな写真が撮れるのかと思いました。プロは違うんだな、とか、いい機材を使っているからかな、などと思いましたが、ショールームの真ん中に置いてあった『アサヒカメラ』がその疑問を解決してくれました。なんと一枚の写真を作るのに30枚くらいの露出をずらした写真を撮ってその明るいところだけを切り取って貼りなおしているとのことでした。すごい労力が掛かっているんです。でもそれがこの不思議写真の秘密だったのです。面白い。軍艦アパートはもう取り壊されてしまっているのかな。『生活』が『人の息』がダイレクトに感じられる場所でした。

ローパスフィルターの清掃とあわせて、先日紛失してそのままとなっていたアイピースとアクセサリーシューカバーを合わせて購入しました。アイピースはまたすぐ無くなってしまうんだろうな。あとは新御堂をぶっ飛ばして帰ってきました。あ~ぁ、不完全燃焼

|

« 清住コスモス園 | トップページ | 夜の宝塚 »

コメント

マクロ撮影の薔薇ってとろけるような色合いですね、美味しそう・・っていう感じです。ところで、ゴミって頻繁に発生するもんでしょうか?私のD-200の取説では、時々ミラーアップして、ブロアーで清掃するようなことが記載されてましたが。

投稿: ue | 2006年10月15日 (日) 20時20分

ueさん、荒牧は近いですから是非行かれてみてください。近いと現地でゆっくり出来るので落ち着きますね。

『ごみ』 ファインダーを覗いて分かれば問題ないのですが、これだけはPCに落としてみてはじめて分かることが多いので困りものです。僕もみんながゴミ、ゴミと騒いでいるときは自分のカメラでそのような現象が起こったことが無かったので他人事のように考えていました。ブロアーで吹き飛ばすことが出来るようなゴミだけであればいいのですが、時に頑固なゴミがあります。

ニコンでは、無料のローパスフィルター清掃講座を開催されているので、一度出席されてご自身の目でご確認するのもいいかもしれません。でも折角撮ってきた写真に、しかも大概お気に入りの写真にゴミがあったときの悲しさは相当なものです。早くニコンもキャノンみたいに対策を打った機種を出してくれないかなと思います。

また、サービスステーションで言われたこと。最近、D70で『For』という表示が頻繁で出現するようになり、CFの認識や画像の再生にも不都合を生じることが多くなりました。価格コムに記載されている基盤の不都合とは違う発祥現象とのことですが、その解決策としてCFの毎回のフォーマットを勧められました。全画像削除だけを繰り返していると、不要なデータが蓄積されてそれが偶に悪戯することもあるそうです。暫くはフォーマットをして対応しようと思っています。

投稿: tetsu | 2006年10月16日 (月) 18時58分

tetsuさん詳細な経験談、ありがとうございます。同じNikonユーザーとして気になってました。
 

投稿: ue | 2006年10月16日 (月) 19時06分

荒牧バラ園、わたしも2回ほど行きました。
モニュメントが綺麗でした。


デジ一のメモリーですが、わたしはCFの代わりにSD+CFアダプター使用しています。
万が一のため、予備も買いました。

投稿: SHIN | 2006年10月16日 (月) 23時06分

いま僕のメモリー構成はCFは1GB2枚、SDは1GB1枚と512が1枚です。撮影旅行に出るとさすがに一眼で使用するCFがこれだけだと少々不安です。エプソンのストレージなどは80GBも出ていますね。これなんかは4型液晶もついていて旅先ではいいお供になりそうです。

紅葉の京都はもの凄く素敵だと思いますが、SHINさんのご近所の神戸市立森林植物園も素敵です。秋の植物園も是非堪能してください。

投稿: tetsu | 2006年10月16日 (月) 23時18分

私は2GBを買いました。大きい事は良い事、大は小を兼ねる・・とはりこんでしまいました。現在のところ、1/3以上使った事はありません。万が一の事もかんがえて、1GBを二枚買っておけばよかったですが、店員のセールスにのってしまいました。

投稿: ue | 2006年10月17日 (火) 07時32分

>ueさん
ご存知のとおり、メリット・デメリットはそれぞれありますから、もう買ってしまったら良いところだけ見ましょう♪

やはり大きいことは良いことで、興が乗ってきて良いところでメモリーを換えないといけなくなる(マフィーの法則かも・・・)とか、埃っぽいところでの交換に気を遣わなくて済むとか、メリットは相当大きいです。

僕は基本的にjpeg&fineモードですが、RAWなどを手掛けたりするとメモリーは大きいものでないと容量にばかり気を遣うことになってしまいそうです。やはり被写体の方に気を遣うなら遣いたいですものね。

投稿: tetsu | 2006年10月17日 (火) 18時48分

あとCF、もし一枚だけならいざと云うときの為にもう一枚お持ちされたほうが良いかもしれません。僕は以前、インテックス大阪にモーターショウを見に行ったとき、カードを全く読み取ってくれなくなったときがありました。別のカードの差し替えてそのときは事なきを得ましたが、カードの無いデジカメは、クリープを入れないコーヒーどころではありません。

投稿: tetsu | 2006年10月17日 (火) 18時51分

tetsuさん、なるほどですね。起こりえない事が起こるのが、この写真撮影の世界でもありますね。私の、D-200思いのほか電池の消耗が激しいです。まだ使い方をきっちり理解してないせいでしょうか、なにか贅沢な使い方をしてるのかもしれません。

投稿: ue | 2006年10月18日 (水) 00時37分

D-200の燃費の悪さの原因が判りました。それは、ライブ撮影など、暗い状況での負荷(高いISO感度、スローシャッター、ピント合わせ、露出など・・)がかかっているようです。

投稿: ue | 2006年10月18日 (水) 22時23分

D200の電池消費量の多さはueさんの個人的な使い方ではないようですよ。雑誌でもネット上でもその燃費の悪さは多く指摘されています。昔のことを思えば大幅に良くなっていますが。でもこれは予備バッテリーを持つことで解決できる訳ですし、今ある道具を如何にして自分流に使いこなしていくかを考える方がきっと楽しいと思います。

投稿: tetsu | 2006年10月18日 (水) 23時24分

tetsuさん、やっぱりD-200ユーザーは大なり小なりそうなんですか。昔はもっとひどかったんですね。リチウム電池では世界のトップシエアーの日本なのに、おそまつですね。カメラだけでなく、最近話題のS社だけでもなく、ハイテク機器のアキレス腱ですね。車はいつも満タン(余計に燃費悪い・・)、電池はフル・・・私の性分ですね・・・(恥!)。もちろん、写真の楽しみとは、関係ないことと思ってます。予備電池も買いました、予備CFもかいましたよ!

投稿: ue | 2006年10月19日 (木) 10時46分

満タン、フル充電は全然恥でもなんでもありませんよ。僕なんかは充電しているつもりで予備バッテリーを入れたら空っぽだったなんて苦い経験を何度もしています。反省。

ueさん、予備といえばあと予備のカメラでD80をいっちゃいましょうか?(すみません、ちょっと乗り過ぎました~♪)

投稿: tetsu | 2006年10月19日 (木) 22時28分

予備というより、やっぱり一本のレンズに万能を求められませんので、こんどは、そっちのほうですね。

投稿: ue | 2006年10月20日 (金) 11時39分

荒牧バラ園、冒頭のピンクの薔薇いきなり素敵ですね!
ふちが濃く、内側がうすい色...絵を描くときもこんなふうに塗ればきっと綺麗にかけるんだろうなぁ、なんて考えながら拝見しました。園はこんなに立派なつくりだったのですね。もう随分ながいこと行ってないのですっかり忘れていました。11月も咲いてるでしょうかねぇ...帰ったときに久々にいってみたくなりました。

投稿: kazuh | 2006年10月21日 (土) 16時31分

kazuhさんは絵もやられるんですか? ヘルメットを脱いで絵筆を取り出す、なんていうのはちょっとかっこよすぎです♪ 僕は小さい頃、『ものもらい』『目ばちこ』とかいう目の淵にプクッと出来物ができて眼帯をして新幹線の絵を描いたとき、先生から『片目の方が上手に絵を描けるね』などと今思えば大変失礼なことを言われてからというもの絵に対しては大きなコンプレックスを持っています。高校の選択科目であった美術もたしかボロボロだったと記憶しています。

11月のバラはちょっと厳しいかもしれません。僕のときでも綺麗なバラは少なかったですから。でもバラ園や昆陽池あたりはぶらりと散策するには良いところですよね。昆陽池は冬鳥が来ているかもしれませんね。200ー500mmのタムロンのレンズ、またまた思い出してしまいました。いけない、いけない。

投稿: tetsu | 2006年10月21日 (土) 23時23分

いえいえ、絵は「たとえ」ですよ!僕も学校の授業程度です。気が向いたら何年かに一度色鉛筆のふたを開けるくらいです...

今日車検が終わってXJRがもどってきました。思っていたより安くあがったので予算が余りました。で、マクロレンズを....
いやいや、FZ1貯金に回そう...

投稿: kazuh | 2006年10月22日 (日) 00時11分

kazuhさんの『CG』を見させて頂くと絵心がないと出来ない、と思い込んでいました。それで『絵』の方もと思った次第です。でもこれ案外当っているかも・・・ 余った予算で絵筆と絵の具を買いましょうか?!

投稿: tetsu | 2006年10月22日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12292203

この記事へのトラックバック一覧です: 荒牧バラ園:

« 清住コスモス園 | トップページ | 夜の宝塚 »