« 別格巡拝~第十二番延命寺 | トップページ | 別格巡拝~第十四番椿堂常福寺 »

2006年11月 4日 (土)

別格巡拝~第十三番仙龍寺

第十三番せんりゅうじ。

仙龍寺の名前から、星野監督の中日ドラゴンズを想像してしまう僕はまだ信心が不足しているのでしょう。11号を東進し、192に入り5号に抜け堀切トンネルを出たらすぐに右折します。そこからは山の中です。地図にあった『すぐ下り』の文字を見落としすぐに上って言ってしまいます。どう見てもこちらが本道です。山を駆け上がり峠を越えると今度は駆け下りて行きます。このとき既に16時となっています。このお寺が今日の最後のお寺かな、と思いながら寂しい道をDSCと一緒に進みます。P1000327 P1000353 P1000354 P1000331 P1000345 P1000348

駐車場にDSCを停め、振り返ると急な坂が道路からすぐにあります。びっくりするような急坂です。足の弱い方はこちらへ、と別ルートが用意されています。僕の前で写真を撮っていたご夫婦の方が『コンクリート造りの清水寺みたいだ』と言われていました。ご本堂が要塞のような基礎の上にあります。樹齢800年の大杉など木々の中にもの凄く立派な玄関・お通夜堂が鎮座しています。この前に立つとちょっと感激です。靴を脱ぎ中に入ります。暗い雰囲気がとてもいい感じです。自動販売機の明かりだけが浮かんでいます。階段を上がっていくとご本堂です。

P1000352 P1000350 P1000347

納経所も同じところにあります。お経を唱えご住職にお願いします。ご住職は僕の姿を見てバイクのお話を始められます。ヤマハならSRがいい、京都でみた7人でのBMW軍団が整然としてかっこよかった、先代が自分がバイクに乗るのを嫌がっている、などなどです。こんな話を出来る人はきっと近くにはいないのでしょう。僕ももっと話をしていたかったのですが、もしかしたら次のお寺さんまでも行けるかもしれないと欲が出てきています。『どうもありがとうございました』とご挨拶をしてこの素敵な山の中のお寺を後にします。

|

« 別格巡拝~第十二番延命寺 | トップページ | 別格巡拝~第十四番椿堂常福寺 »

コメント

これだけ大きなお寺を維持するのは大変でしょう、手入れもゆきとどいてますね。お賽銭とか朱印代とかで経営が成り立ってるんでしょうか?(余計なお世話かもしれませんが・・)

投稿: ue | 2006年11月11日 (土) 08時39分

ここは大きかったですね。別格は88ヶ所と違い巡拝者が少なく経営は厳しいと思います。ましてや町中でなくこのような山の中となるとまた少ないと思いますし。

でも四国以外の巡礼地は殆どが拝観料などを取られています。ここ四国だけがそのようなものが一切ありません。ということは巡拝者からの納経料等で維持していけているという事だと思います。別格は念珠を20ヶ寺分揃えて数珠を作ろう、とPRしています。ひとつ300円、これも経営戦略のひとつです。

投稿: tetsu | 2006年11月11日 (土) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12582403

この記事へのトラックバック一覧です: 別格巡拝~第十三番仙龍寺:

« 別格巡拝~第十二番延命寺 | トップページ | 別格巡拝~第十四番椿堂常福寺 »