« 別格巡拝~第十番興隆寺 | トップページ | 別格巡拝~第十二番延命寺 »

2006年11月 4日 (土)

別格巡拝~第十一番生木地蔵正善寺

第十一番いききじぞう。

このお寺の縁起はその名前の通り、お大師様が一夜のうちに楠の大木に延命地蔵大菩薩の御尊像を彫られたことに由来します。もちろんその楠は切られたそれでなく生きた木、葉をつけている木であります。P1000293 P1000291_1 P1000301 P1000297

興隆寺から48号に戻り生木地蔵の看板があるのになぜか神社のところに僕はいます??? 通りかかった自転車に乗られたおばあちゃんに道を尋ねます。おばあちゃんは親切にも自転車から下りられて教えて下さいます。神社の隣の奥まったところに生木地蔵さんはありました。分かりにくいです。境内の端にDSCを停めさせてもらいます。

楠は昭和29年9月29日の洞爺丸台風で倒されてしまいましたがお地蔵様はいまもご本堂にいらっしゃいます。倒れた楠の霊木は本堂となりに安置されています。僕が参らせて頂いた時は一匹の白い猫がこの霊木の上で遊んでいました。

|

« 別格巡拝~第十番興隆寺 | トップページ | 別格巡拝~第十二番延命寺 »

コメント

お洒落なバックですね、廊下のテカリが素朴ですね。
なるほど、このようなお遍路スタイルですか。

投稿: ue | 2006年11月11日 (土) 08時29分

バイクから降りるとバイクのサイドバックに入れてあるこのバックを取り出します。中には納経帳や御姿帳、納札、経本、お賽銭を入れた財布などを入れています。袖なしの白衣は黒いライダーズジャケットの上に一日中着っぱなしです。2日目にして既にちょっぴりですが汚れてきています。

同行二人(大師様と)に拘りバイクに乗って巡礼されている人でも金剛杖をバイクに括りつけて回られている人もいますが、僕は88ヶ所のときも今回もしていません。

投稿: tetsu | 2006年11月11日 (土) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12582343

この記事へのトラックバック一覧です: 別格巡拝~第十一番生木地蔵正善寺:

« 別格巡拝~第十番興隆寺 | トップページ | 別格巡拝~第十二番延命寺 »