« 朝日の中で | トップページ | 高野山お礼参り »

2006年11月11日 (土)

ウォーカーズ

Photo02 Photo01 NHKで四国を舞台とし遍路を通して人間模様を綴るドラマがスタートしました。全四話。

今日、第一話がありました。歩き遍路は遍路の中でも別格の存在です。四国巡礼の良さはその懐の深さにあります。どこの寺から始めてもいい、歩きでもバスに乗ってもタクシーでもなんでもいい、と万人を受けれてくれます。その人に出来る方法で出来るところからやったら良いとのスタンスなのです。歩き遍路を沢山見てきました。殆どがおひとりかおふたりで周られています。

ドラマにあるような歩き方をしていたら距離を歩けなくなります。みなさんは淡々と歩いています。ドラマで出てくる懐かしいお寺の風景に思わず見入ってしまいました。さてドラマはどんな展開をしていくのでしょうか。

|

« 朝日の中で | トップページ | 高野山お礼参り »

コメント

こんばんは。
私もこのドラマ見ました。
こちらのblogは写真がたくさん載っていていいですね(*'‐'*)
お遍路さんに興味があるのですが、女性一人でも大丈夫なのかなとか、歩いて回るなら相当な時間がかかるだろうな(お仕事どうする?とか)いろいろ考えてしまってます。
でも、いつかは挑戦してみたいですね!
またゆっくりblog見させていただきますね(*'‐'*)

投稿: くもたん | 2006年11月12日 (日) 01時13分

このドラマ、tetsuさんにはことのほか思い入れがおありでしょう。お遍路さんが背負ってるリュックの中身は、皆それぞれ違うようですね。

投稿: ue | 2006年11月12日 (日) 14時06分

くもたんさん
こんばんは。写真は百聞は一見にしかずでこんなでしたよ、ということを素直に正確にお伝えすることが出来るのと、こんな素敵なところでしたよ、ということをお伝えしたくてついつい多くなってしまいます。

お遍路は通し打ちといって一度に全部を回る方法もあれば、区切り打ちといって数ヶ所ずつ打つ方法もあります。歩き遍路で88ヶ所を回るとなると約50日、諸費用40万円強(全て宿に泊る場合、四国までの交通費除く~『四国お遍路 バックパッキング』BE-PAL編集部編より)かかります。

いずれにしても仕事があって時間的な制限があると歩きですと中々難しいです。区切りで土日や休みなどを利用するか、バスツアーなどを上手く利用するのも手かと思います。

歩きのお遍路さんで女性一人というケースも老若問わず良く見かけました。今年のGWにお会いした方は20歳前後の方で野宿をされていました。親御さんには相当反対されたそうです。遍路の地である四国ですが、絶対的な安心はありません。野宿の場合は危険も隣り合わせです。安心、安全を最優先で考えて欲しいと思います。またその方の場合はトイレが宿泊地の必須条件とのことでした。

いずれにしても無理をされずに出来るときに出来る範囲でされたらよろしいかと思います。気持ちの良さはなかなか言葉に表わせません。

僕でお役に立つことがあればなんなりと。

投稿: tetsu | 2006年11月12日 (日) 17時56分

ueさん

遍路の人の数だけその思いの数があります。それを口にする人もあれば心の中にそっとしまっておく人もいます。

リュックも時に重たく時に軽くなったりします。ひとりで背負うと重い時はそっと手を添えて欲しい時がありますね。

投稿: tetsu | 2006年11月12日 (日) 18時03分

tetsuさん
ご丁寧なお返事ありがとうございます(*'‐'*)
理想は何日かかってでも、自分の足で歩いてみたい・・・のですが、仕事している以上、
現実的にはちょっと無理ですね。
でも、連休を利用して少しずつ回るのならできそうです!
自分と向き合ってみたいという思いがあるので、にぎやかなバスツアーは違うかな?という気がしていますが、移動方法など様々みたいですので、いろいろ検討する価値ありですね☆

バイクに乗れない私には、バイクでまわれるってことがとてもうらやましく感じます。
気持ちいいんでしょうね!
いつか旅を実現させるために、少しずつお遍路さんのことを知っていこうと思います。
またなにかわからないことがあったら質問させてくださいね。

投稿: くもたん | 2006年11月12日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12649842

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーカーズ:

« 朝日の中で | トップページ | 高野山お礼参り »