« 高雄山神護寺 | トップページ | 423号線 »

2006年12月 2日 (土)

嵯峨野

神護寺の帰り最も京都らしい京都である『嵐山』に向かいます。途中広沢池にある茶店の紅葉が素敵でカブを止めていると向こうの方で人だかりが出来ています。なんだなんだと思い近付いていくと池の鯉やフナを捕まえているようです。『冬の風物詩 広沢池 鯉揚げ』と手書きで素朴な看板が教えてくれます。テレビクルーも来ていました。カメラマンは3人。結構力が入っています。大きな鯉がすでにボートの中に沢山捕られて揚げられていました。ピチピチと最後の力を振り絞り跳ねていました。鯉は1kg1,000円です。僕は68kgだから・・・なんて考えます。_dsc_0051_1 _p1000115_2 _dsc_0043_1 _dsc_0037_1 _p1000098_3 _p1000117

高架を走り抜けると嵐山です。ここはやはり多くの人と車でごった返していました。でもカブだったらやりたい放題です。そこいらにちょいと止めては素敵な風景をカメラに収めます。_dsc_0099_3 _dsc_0081_2 _p1000153

|

« 高雄山神護寺 | トップページ | 423号線 »

コメント

tetsuさん、ずいぶん効率のよいツーリングです。広沢の鯉揚げもNHKのニュースで見ました。「・・・がありました」とのこと、tetsuさんの日頃の情報収集は恐れ入りました。
いよいよ師走で何にも無いのに、忙しいですね。

投稿: ue | 2006年12月 3日 (日) 19時59分

『鯉揚げ』こんなのがあったのですね。僕も偶然通りかかっただけで事前情報はキャッチしておりませんでした。こんな偶然なら大歓迎です。犬も歩かなければ棒にも当たりません。tetsuも走れば何かにぶつかります♪

でも渡月橋の混雑振りは予想通りでした。車道に人が押し出されるように歩いていました。カブだと歩行者の皆さんも安心?して目の前を横切ってくれます。こちらはヒヤヒヤものです。

投稿: tetsu | 2006年12月 3日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12908823

この記事へのトラックバック一覧です: 嵯峨野:

« 高雄山神護寺 | トップページ | 423号線 »