« 夕陽 | トップページ | 嵯峨野 »

2006年12月 2日 (土)

高雄山神護寺

師走となりました。今年も残り一ヶ月です。喪中の葉書がポストに多く入るようになりました。当たり前の普通の日々を過すことの大切さを感じます。

紅葉もこの週末が見頃の最後ということで避けてはいましたが本当は行きたかった京都に行ってきました。出来れば帰りに寄り道もしたいと思い、大渋滞にも対応できるカブが一緒です。

西宮→171→久世橋→113→162→【神護寺】→【錦雲峡】→162→29→【広沢池】→【嵐山・渡月橋】→29→【松尾大社】→9号→亀岡→423→コスモスの里→五月山公園→池田→宝塚→阪神競馬場→西宮_dsc_0134 _dsc_0004_2 _dsc_0015_2 _dsc_0153_1 _dsc_0264_1 _dsc_0283_1

京都。横浜に住んでいる時は気ままに行ける所ではありませんでしたが、西宮に住んでいる今は、行こうと思えばいつでも行くことができます。でも休みの日には電車に乗るのが大嫌いな僕なので、それといって京都には車では行く気は起こらずバイクがなかった頃は近くではありましたが遠い京都(『五番街のマリー』より)でありました。今日の相棒はカブです。車の大渋滞にも、人混みにも正(まさ)しく万能の神であります。

JRでもらった『紅葉だより』には高雄山神護寺(たかおさんじんごじ)を次のように紹介しています。『タカオカエデと呼ばれる樹齢500年以上のイロハモミジをはじめ多くの古木があり、情緒ある観賞が楽しめます』 おお~、いいじゃないですか。拝観料500円というのがちょっと気になりますが今年の紅葉を締めくくるには打ってつけです。いつもの171を快走します。カブですから道の左側を走るのですが、車の抜き方もいろいろです。2車線しかない追い越し車線を大型トラックがいるにも拘らず僕の真横をかする様にして追い抜いていく車もいます。僕がキューティハニー(訂正:セイラームーン)だったら絶対にお仕置きです。

道に迷うこともなく高雄山神護寺に着く事ができました。清滝川に架かる高雄橋を渡るとすぐに参道の入口です。カブは隅っことの方に邪魔にならないように止めておきます。その時バイクは僕の一台だけでしたが帰り際には4、5台のバイクがズラッと並んでいました。入口からすぐに階段が続きます。重力に逆らいながら先月より2kg軽くなりましたがmいまだ目標体重64kgより4kg重い身体を運びます。参道の途中には茶店が数軒あります。紅葉を愛でるための赤い毛氈を敷いた外座敷ですがその屋根を枯れたもみじが埋め尽くしています。_dsc_0163_1 _dsc_0204_1 _dsc_0293_1 _dsc_0248 _dsc_0312 _dsc_0328

上からおばちゃん達の軍団が下りて来ます。こんな時は端っこに寄って置くのが一番です。眼下の寂しい紅葉に目をやっていると『終わってしまったよ~』と大きな声がします。どうやら僕に話しかけて来られたようです。慌てて振り返るとおばちゃんはもう一度『終わってしまったよ~』とさっきよりは少し小さな声で話されます。どうやら僕がカメラを抱えているので紅葉の状況を教えてくれたようです。境内はもう目の前にありますが試合前にノックダウンされたボクサーのようになってしまいました。

気落ちしながらもここで帰るわけにもいきません。拝観料をすこし悲しく払いながら境内に入ります。でもそこはおばちゃんの予言(?)どおり悲しい景色が広がっています。今月も下旬、少なくとも中旬までは楽しめると思っていた紅葉ですが京都市内から小1時間北に位置するここは早くその時期を終えたようです。

金堂にお参りをし、多宝塔の階段を上ります。葉をすべて落としてしまったもみじが悲しく目に映ります。かわらけ投げのある地蔵院に向かいます。ここだけまだ葉をつけたもみじがありました。でもその多くが枯れています。作務衣を着た娘さんが竹箒で枯葉を集めていました。_p1000064 _p1000011 _p1000079_2 _p1000020_1

|

« 夕陽 | トップページ | 嵯峨野 »

コメント

tetsuさん、神護寺は今年是非行きたかったところですが・・渋滞、駐車場を考えるとだめでした。「カブ様ありがとうございます]ですね。拝観料500円ですか、永観堂は1,000円のぼったくりです。「紅葉は終わったよ・・」はないですね。意地悪ばあさん!
替わりに拝観させていただき、ありがとうございます。

投稿: ue | 2006年12月 3日 (日) 18時52分

渋滞、駐車場・・・そうですね。紅葉最盛期の時であればもの凄かったのではないかと思います。

永観堂の拝観料の1,000円は飛び抜けて高いですね。東福寺通天橋も通天橋庭園400円、方丈庭園400円、特別公開400円~800円となっています。文化財の維持も大変です。でももっと気軽に拝観できるようにしてもらいですね。

昨日の夕刊に京都府立植物園の記事が載っていました。ここは入園料200円です♪ 高さ23mの落葉樹『フウ』が紅葉のピークを迎えているとあります。国内最大級でカエデと似ているが別種との由。クチコミで年々見物客を増やしていて12月上旬まで楽しめるらしいです。行きたいですね~。

投稿: tetsu | 2006年12月 3日 (日) 20時06分

実は今日、奈良桜井の談山神社に行こうと思い立ちました。朝のNHKラジオで「大根と小芋の大なべ焚き」があり・・・。と
 しかし、準備なしでの思いだちはケガの元、・・で阪神競馬場となりました。でも、いつか行って見たい神社ですね。

投稿: ue | 2006年12月 3日 (日) 21時12分

談山神社、僕も候補地として考えていましたが諸条件が厳しく断念しました。昨日の京都のトラウマもありました。

僕の場合は朝思いついて、ということも結構あります。今日のueさんのようにテレビでやっていてそのまま行っちゃうパターンもありました。

今日は中津浜線、大渋滞に遭遇しました。あれは競馬場の終わった流れだったのだと気付きました。工事中はこの渋滞、見なかったので忘れていました。素敵な馬の写真は撮れましたか? また見に行かせて頂きます。

投稿: tetsu | 2006年12月 3日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/12908809

この記事へのトラックバック一覧です: 高雄山神護寺:

« 夕陽 | トップページ | 嵯峨野 »