« オルセー美術館 | トップページ | 初日の出 »

2006年12月23日 (土)

アクアルミナス2006

今年も両手で数えられる日を残すだけとなりました。今日は朝から狭い部屋で電気ストーブを最大にして暖かい空気の中でじっとしていました。どうも調子が良くありません。年末の土曜日、外は天気で太陽が高くなってからは寒さも大分和らいでこの時期としては暖かく感じるくらいです。本来ならDSCでどこかへ行っていなければ僕らしくありません。でもここは大人になって静養に努めていました。_dsc_0135_2 _dsc_0022_2 _dsc_0159_3 _dsc_0164 _dsc_0117 _dsc_0068 _dsc_0218_1 _dsc_0204_2

夕方、ちょっと具合も良くなってきたので近くの阪神競馬場にカブと行ってきました。17時から例年楽しみにしているアクアルミナスがやっているからです。12月16日から24日までの9日間開催しています。もう明日には終わってしまいます。今日は早い時間に行ったこともあって多くの家族連れとアベックが来ていました。シャボン玉が専用機から吹き出されると子供たちがワーッと群れてきます。いつになく賑やかなアクアルミナスでした。僕は少し寂しいくらいの雰囲気が好きなのですが。

昨日『たそがれ清兵衛』を見ました。前にも一度テレビで見ているので今回はいいや、と思っていましたが、途中からちょっと見てしまったら最後まで見てしまいました。やっぱり良かったな~。宮沢りえがとても可愛いですね。最後に娘が死んだ父親の思い出を語る場面では、娘だからこそ知る父の本当の気持ちを、そしてこの映画が伝えたかったことが優しく、そしてそっと表現されていたと思います。

『他人(ひと)は父のことを不運な男だと言いますが、むしろ父は人生を精一杯送れて幸せだったのだろうと思います。私は父を誇りに思います。』 

こういうのにグッときてしまうのは年をとった証拠かもしれません。『武士の一分』も映画館には行かないですが早くテレビでやって欲しいと思います。

|

« オルセー美術館 | トップページ | 初日の出 »

コメント

体調、大丈夫ですか?
無理せお大事になさってくださいね。

今年もアクアルミナスにいかれたのですね!
僕はtetsuさんのところで拝見するのが年末の恒例行事になりました(笑)
今年も綺麗ですね~!
尾を引いて飛んでいるのはシャボン玉ですか?いや~幻想的なお写真ですね!

「たそがれ清兵衛」やっていたのですか...見逃しました...夕べは早く帰れたので、さいたま新都心まで僕も映画を観にいってきました。割引のレイトショー専門です。バイクでなら何時になってもヘッチャラ!武士の一分も観たかったのですが、硫黄島からの手紙を選択しました。武士の一分は僕もテレビ放送を待ちます...

投稿: kazuh | 2006年12月24日 (日) 05時05分

言葉無く綺麗ですね・・。去年とは様変わりの年末の陽気ですが、反面体調も崩れやすいです。私も気をつけねばと手洗い、うがいは実行してます。昨年末は、壬生義士伝「吉村貫一朗」の物語をTVで見て感動しました。

投稿: ue | 2006年12月24日 (日) 10時45分

「たそがれ清兵衛」やっていたのですか、わたしも見逃しました。

昔は1日3時間くらい平気でテレビを見ていましたが、最近は、パソコンがあるので、30分も見ないですね。
この正月には結構見ると思います。

阪神競馬場ですが、きょうはテレビで有馬記念を見ました。
ディープインパクトの引退のレースです。
いやー、感動しました。

投稿: SHIN | 2006年12月24日 (日) 16時34分

>kazuhさん
免疫が不足していたのでしょうか、会社に出るようになって直ぐに風邪を引いてしまい、昨日の夜中にはご丁寧にも悪虫が悪戯しにくる始末。とほほの状態でした。

アクアルミナスは競馬場から損(?)をして立ち去る人とすれ違うようにして入って行きました。シャボン玉は目で見るのとは違う光跡が写真だと幻想的に写ってきれいですね。赤いサンタの服を着たお姉さんが警備でしょうか、場内を回っていたのが気になりました。

映画、学生時代は3本立てとかも見に行きました。懐かしいですね。バイクで行けば帰りの時間を気にしなくていいのは良いのですが、さいたま新都心あたりでは『駐車禁止』のステッカーをペタッと貼られたりしないように注意してくださいね。

>ueさん
壬生といえば新選組の足跡を辿って京都の町をカブで探検したことがあります。司馬遼太郎などでその息遣いまでが感じられていた隊士がその道を歩いていたり、その家で密談を交わしていたりしていたことを思うと不思議な気持ちがしたものです。

>SHINさん
正月はテレビではなく正月の撮影に忙しくなるのではありませんか。
今日は予想通りディープインパクトのダントツの勝利でした。強かったですね。
ちなみにM-1ではチュートリアルの優勝でした。こちらもダントツでした。

投稿: tetsu | 2006年12月24日 (日) 23時42分

写真 綺麗な色ですね
 私のデジカメでは、どうも
 こういう感じにはなりません

 やっぱり一眼でないと無理なんで
 しょうね。

投稿: kanoko551 | 2006年12月26日 (火) 20時39分

>kanoko551さん
一眼であれば簡単に自分の思いを設定できるということなんでしょうね。コンデジの場合夜間モードで撮ることで少しは『感じ』を出せますが一眼の場合には自分で好きなように出来るのが良いとこです。またピントも合わせたり、ワザと合わせなかったりして色合いを楽しんだりすることも出来ます。

でもコンデジもツーリングのお供には不可欠です。kanoko551さんにも両方を楽しんで欲しいです。

いま本当にたくさんの素敵なデジ一眼が出ています。僕は、価格コムのクチコミなどを時々見て『もしも買ったら』の世界で楽しんでいます。

投稿: tetsu | 2006年12月26日 (火) 21時49分

>一眼の場合には自分で好きなように出来るのが良いとこです

 これは、撮影後に色合いとかを
 アレンジするってことですか?

投稿: kanoko551 | 2006年12月28日 (木) 20時48分

あっ、そうですね。この表現だと少し分かりにくかったです。僕は基本的に撮った写真を加工したりはしません。トリミングも含めて。めんどくさがり屋なのかもしれません。

ここでいう『自分で好きなように出来る』とは『露出』のことを言っていました。コンデジでは明るく綺麗に撮ることが基本となっていて例えば夕焼けなどを撮ってもその雰囲気が伝えられないことがあります。暗い時は暗い雰囲気のまま表現したい、またイルミネーションも見た目の輝きよりももっと幻想的に表現したい、などなどそんな自分の思いをシャッタースピードと絞りと露出補正、焦点などの組合せを考えて自分のイメージに近い形に記録に残すようにするということです。だから『撮る後にアレンジ』ではなく、『撮る時に考える』ですね。

無限の組合せがあるので正解と云うのが無いのがまた楽しいところです。

撮った後で加工できるのもデジタルゆえの面白さかもしれませんがドレッシングの様で余り好きではありません。思い切って加工しているぞと分かるものはそれはそれで楽しいですが。

投稿: tetsu | 2006年12月28日 (木) 21時28分

>などなどそんな自分の思いをシャッタースピードと絞りと露出補正、焦点などの組合せを考えて自分のイメージに近い形に記録に残すようにするということです

 やはりそうですよね。
 実は、あの写真の透き通ったブルーに
 びっくりしてしてたんです。
 私のお気楽スナップでは見たことの無い
 色ですね。
 

投稿: kanoko551 | 2006年12月29日 (金) 19時19分

tetsuさん
ことしはライブに写真にいろいろ楽しかったです!
ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いいたします!

ではよいお年を☆

投稿: SHIN | 2006年12月31日 (日) 20時38分

tetsuさん、今年は運命的な、驚きの出会いでした。本当に色々とありがとうございました。
2007年も、お互いよい年になりますよう頑張りましょう。

投稿: ue | 2006年12月31日 (日) 23時07分

>SHINさん
SHINさんを通して素敵なアーティストの方々をファインダー越しに見させて頂くことが出来ました。人を撮る機会が殆ど無かった僕ですが、とても楽しい時間でした。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

>ueさん
本当にびっくりしましたね。こんなことがあるんだ、と人の世の不思議さを感じるような出来事、出会いでした。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: tetsu | 2007年1月 1日 (月) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/13173213

この記事へのトラックバック一覧です: アクアルミナス2006:

« オルセー美術館 | トップページ | 初日の出 »