« ピカピカランド | トップページ | 氷の祭典 »

2007年1月27日 (土)

灘黒岩水仙郷

Dsc_0171 まだこの時期に行った事のない越前岬の水仙を見に行きたかったのですが天気予報で福井は雨・・・ 残念ですが雨の中に飛び込む元気がありません。太平洋側は概ね曇りですが昼前後に晴れマークも付いています。そこで3回目?となりますが水仙を見たくて、というよりも、海を一杯感じたい、フェリーに乗りたい、島を周りたいとの我儘を全部満たしてくれる淡路島の灘黒岩水仙郷に目的地をリセットします。

西宮ICから阪神高速に乗ります。もちろんETCです。今日も一般の入口は渋滞しています。途中魚崎辺りで渋滞していますがDSCの僕はスイスイです。第二神明の大蔵谷ICでおります。ちょっと道を間違えましたが塞翁が馬、ドンピシャで『たこフェリー』入口に到します。そして料金所でいつものように「400cc?大きいね~」と言われながら940円也を支払います。往路は待ち時間ゼロで乗船です。フェリーの乗船時間は20分位です。カメラバックをバイクから下ろし、客室で島内の道順を確認していましたらもう下船です。

ソテツが道沿いに植えられていて南国みたいです。大きな観音さんがあったりして最初は少しびっくりしたりします。四国海道を南下していきます。ハーレーの方が前を走られています。ツアラーの最高級バージョンです。近付くとドクドクと鼓動が耳に響いてきます。ハーレーです。後方で僕は千鳥走行します。途中信号で僕が前に出るとすかさずハーレーが僕の後で千鳥です。挨拶をするでもないのですが、阿吽の呼吸でツーリングを楽しみます。塩屋の町に入り道が狭くなると自然と分かれてしまいました。

山の中に入っていきます。途中、立川水仙郷が怪しげなたくさんの看板とともにお出迎えです。おじさんのおいでおいで攻撃に前の車はスッと入っていきましたが、その先の黒岩水仙郷と間違えていないのかな~と少し心配したりします。山を下り切ると目の前に海が広がります。山側の断崖と海との間に道が延びています。そこをDSCで快適に飛ばします。TMでは『潮風ロード』と銘打っています。正しくそんな感じです。もう最高に気持ちが良い瞬間です。Dsc_0043

間もなく目的地『灘黒岩水仙郷』に到着です。車は駐車待ちで並んでいます。並びきれない車はもう少し先にある駐車場に止めて無料の送迎バスに乗り換えることになっています。でもバイクはノープロブレム。車の横を通り抜けて専用駐車場(といっても軽自動車置き場です)に止めます。そこにはライダーが二人。ご夫婦(恋人?)でしょうか。ニンジャとBMWに乗られています。彼らからいま正しく満開とお聞きします。ドンピシャ。嬉しい情報です。

入場料500円也を支払ってジグザグに山を上る通路を途中写真を撮りながらゆっくりと進んでいきます。それにしてもカメラマンの多いこと多いこと。水仙の花が「綺麗だな~」と思うところにはカメラマンが群れています。狭い通路ですので結構邪魔です。三脚を立てている人もいました。僕は一脚を持参しましたが結局使うことはありませんでした。水仙は正しく今が見頃。枯れているものがちらほらとあると汚く見えるのですが、今日は枯れた花を見ることは殆どありませんでした。ただひとつ、抜けるような青い空でなかったことだけが残念です。急斜面に根をおろし、海から吹き上げる風に耐えながら水仙は可憐に咲いています。風向きで水仙の香りが鼻腔をくすぐります。Dsc_0114 Dsc_0177 Dsc_0010 Dsc_0138 Dsc_0153 Dsc_0221

               

                

      水仙は上から見下ろすとその花の後姿しかみることが出来ません。前に回って下から見上げると黄色い副花冠が見えます。時折差し込む陽射しに透ける花びら(実は花びらと見える白いうしろの花被3枚はがくなんです、と書いてありました)が綺麗です。Dsc_0047_1 Dsc_0162 Dsc_0160 Dsc_0170

            

                 

            水仙郷を後にして島を時計回りに周ります。と思っていましたら『諭鶴羽神社』と小さな看板が目に入ります。DSCをUターンさせます。『ゆづるは』と読みます。というのも昨日の晩見ていたTMに淡路島の最高峰『諭鶴羽山』とあったのを覚えていたからです。ライダーは先っぽ(岬や〇〇崎)や日本一の△△などが大好きです。最高峰と言っても608mしかないのですが。Dsc_0267 Dsc_0260

                 

                 

軽四輪トラックが2台、僕の先を走っていきます。道はそのトラックの幅ギリギリしかありません。神社の関係者かな?と思いその後をついていきます。対向車のことを考えるとこんな走り方が楽チンです。神社は入口から15分程のところにありました。軽トラは神社関係ではなく先に行ってしまいました。神社で健康と平和を願い、来た道を戻るのも面白くないので、先ほど軽トラが行った道を選択します。途中から所々ダートになっています。しかも結構深い轍というか、クレパスというか、DSCが普通通る道ではありません。周りは山だらけです。軽トラ2台が道の端に止められていました。ボディーに書かれた文字の中で『猟』の字だけが脳裏に焼き付きます。おっと鉄砲を持っている人たちだったみたいです。間違えて撃たれないようにさっさと離れます。

途中でこの道で本当にいいのだろうか、などと心細くなります。こんな不安な気持ちは普通の生活の中では経験できません。不安ながらその不安を楽しんでいるのかもしれません。民家が見えたときは思わず『ほっ』と心のため息が漏れます。上田(こうだ)池の横を通っていきます。あとでTMで確認するために池の名前を覚えます。頭でシュミレートした126を通り湊に出るルート通りではありませんでしたが、気付くと湊に辿り着いていました。祈りが通じた瞬間です。あとは31に沿って淡路サンセットラインを北上していきます。

途中明神崎を越え次の集落に入るとお線香の匂いがしてきます。ジェットヘルの中にお香の匂いが広がります。町全体が素敵な匂いに包まれているなんて他ではあまり聞きません。お寺さんにいると落ち着くのはひとつにはこの香りの所為かもしれません。強い風で岸壁に打ち付けられた波が砕け飛沫をあげています。こんな時、いつもならお腰に着けたFX01の出番なのですが今日その相棒はレンタル中のため写真はお預けです。

間もなくたこフェリーの乗り場です。出向間際のフェリーに乗り込むことが出来ず、次の船を待ちます。KAWASAKIのオフのバイクに乗られた方とバイク談義です。なんとその方も僕と同じ林道を走ってきたと言われます。DSCで走ったことを伝えると目を丸くされていました。本当に僕のDSCには悪いと思っています。本来走るべき道を走っていないDSCナンバーワンのバイクです。Dsc_0021 Dsc_0284

|

« ピカピカランド | トップページ | 氷の祭典 »

コメント

すばらしいお写真たち拝見しました!
水仙の甘い香り、思い出しました。中でも僕は特に空へ向かっての広角撮りのお写真がとても好きです。

もうすっかりしっかり2007ツーリング始動されましたね。

投稿: kazuh | 2007年1月28日 (日) 12時29分

水仙はとっても綺麗でした。でもライダーがもっとたくさんいると思ったのですが、コタツに入られている方が多かったようです。

水仙と青い空、そして青い海。花屋さんで見るものとは全然違います。やはりそこに行かないといけないようです。

今年も行きたいところがたくさんあります。でも淡路島で背中の右側が少し痛みました。あっ、またお越しだ~。結石は忘れた頃にやってくる。痛みのないままどこかに行ってくれればいいのですが。

投稿: tetsu | 2007年1月28日 (日) 17時10分

こんな水仙を見たかったんですが
 私達はちょっと早すぎたようです。

 友人が黒岩水仙郷に行きたいと
 言っていたので、さっそく
 紹介しておきました。

投稿: kanoko551 | 2007年1月28日 (日) 19時48分

なかなかドンピシャのタイミングで行くことは難しいです。でも今回はど真ん中でした。ラッキーでした。
2月中旬までは見頃が続くとありました。kanoko551さんも是非リベンジを。

投稿: tetsu | 2007年1月28日 (日) 20時02分

いやー、本当に春はもうそこまで来ている感じですね。特に一枚目と二枚目の写真が大好きです。きらきらと輝く早春の光。見ているだけでのんびりした気持ちに満たされます。

投稿: みっち | 2007年1月29日 (月) 01時17分

本当に見事な水仙ですね。すっかり春来たりなん・・といったシーンです。斜面で風に揺れる水仙の撮影は苦労されたのでしょう。

投稿: ue | 2007年1月29日 (月) 18時44分

>みっちさん
海が素敵でした。淡路島が近くにあることはとても贅沢なことだと思います。
いつか佐渡島や隠岐に行きたいと思っています。隠岐には信号がひとつしかないと聞きました。それも本土に行った時に戸惑わないよう練習用だそうです。そんなことを聞いたら俄然行きたくなりますね。

>ueさん
結構ローアングルで撮る機会も多く、黒のジーパンの膝小僧はいつもの通り泥まみれになって砂場遊びをしていた子供状態になっておりました。欲望は限りなく更に広い画角のレンズや更なる望遠が欲しい瞬間がありました。

投稿: tetsu | 2007年1月29日 (月) 20時55分

わたしも1枚目と2枚目がすきです。
なんだか別世界のよう。。。

海とか水辺はすきなモチーフですが、なかなか行く機会がありません。

投稿: SHIN | 2007年2月 4日 (日) 04時45分

英美さんや有紀さんの船上ライブがSHINさんにはありますよ♪ 歌姫たちとアクアの饗宴も素敵ですね。

投稿: tetsu | 2007年2月 4日 (日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/13683182

この記事へのトラックバック一覧です: 灘黒岩水仙郷:

« ピカピカランド | トップページ | 氷の祭典 »