« 節分柴燈護摩会 | トップページ | 兵庫大仏 »

2007年2月 3日 (土)

節分万燈籠

元興寺の火渡りを堪能した後、奈良の町をゆっくりとしようと思っていましたが、どうも貧乏性のようで次の目的地である春日大社にまっしぐらです。まだ辺りは明るく当然に灯籠には灯が入れられてはいません。ベストポジションをチェックするために境内をゆっくりと歩きます。参道の石灯籠に張られた願い事が書かれた紙が所々破られています。悪い奴がいるな~と少し憤っておりました犯人を見つけました。なんとこの地の住人であり神の遣いである鹿たちがヤギよろしくむしゃむしゃと食べているではありませんか。鹿だったら鹿たありません(←はい、ここは笑うところです♪)Dsc_0309 Dsc_0304 Dsc_0368 Dsc_0329 Dsc_0086_1 Dsc_0377

                    

                   

                     

              

神前での舞楽奉納が和楽器のしっとりとした演奏の中で執り行われます。その後、辺りは段々と闇の世界へと包まれていきます。灯籠に入れられた蝋燭の明かりが日が落ちるのとは対照的に輝きを増していくと幽玄の世界が現れます。とても素敵です。Dsc_0102_2 Dsc_0060 Dsc_0159 Dsc_0151 Dsc_0100 Dsc_0165 Dsc_0087_1 Dsc_0178_1

    

                

                

この日、お社の中での三脚使用は禁止でした。外国の方が三脚を使っているのを警察官が注意したところ、近くにいた日本人のカメラマンの方が『折角日本に来ているのだから外国の方はOKとしてあげて』と言われていました。最初、外国の方には警察官も注意しにくいのかな?なんて思っていた自分の器の小ささを感じた瞬間でした。                                                           

|

« 節分柴燈護摩会 | トップページ | 兵庫大仏 »

コメント

tetsuさん、精力的ですね!最近こんな幻想的な雰囲気の写真とか、動物を撮ったことのない自分にハットさせられました。
三脚のことは、やはり外人さんでも毅然として中止してもらうべきでしょうね、外人に甘い日本人の良くないところと思います。

投稿: ue | 2007年2月 5日 (月) 11時15分

『折角日本に来ているのだから外国の方はOKとしてあげて』

 ナイスですね。 (^^)/~~~

投稿: kanoko551 | 2007年2月 5日 (月) 20時56分

>ueさん
精力的・・・ なんかちょっと急ぎ過ぎているようですね。
幻想的といえば、3月10日から21日までは『京都・東山花灯路ー2007』が開催されます。清水寺から青蓮院までの4.6kmの小路を行灯の優しい灯りが照らし出します。
ueさんの地元です。是非行かれて下さい。ただ路地という路地が満員電車の中にいるようになるので平日に行かれることをお勧めします。

>kanoko551さん
ルールと運用、難しいところですね。みんなが気持ち良くなれる決め事であって欲しいと思います。

投稿: tetsu | 2007年2月 5日 (月) 22時15分

tetsuさん、情報ありがとうございます。春の夜の幻想をつかみたいですね。

投稿: ue | 2007年2月 5日 (月) 22時34分

素敵です。(器物損壊犯人激写も..笑)
その昔、Gotaro師匠に写真集はいつ出版されるのかなんていっていたのですが、tetsuさんもそろそろ写真集出版ですね!

投稿: kazuh | 2007年2月 6日 (火) 20時50分

僕なんかはまだまだです。
でもライダーは一番素敵な風景を撮っていないですよね。『あっ、いいな!』とバイクを走らせている時に思うことがありますが、そんな心象風景をイメージ通りに撮れた時、写真集の出版がやっと出来るのでしょうね。
修行がまだ大分続きそうです。

投稿: tetsu | 2007年2月 6日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/13776990

この記事へのトラックバック一覧です: 節分万燈籠:

« 節分柴燈護摩会 | トップページ | 兵庫大仏 »