« ポルトヨーロッパ | トップページ | 高座の滝&神戸文学館 »

2007年3月17日 (土)

雑賀埼

P1000071 ツーリングマップルに雑賀埼(地図では雑賀崎、ここでは昭和35年に建てられた灯台にあったプレートを尊重して「埼」の字を使用)が次のように解説されていました。『鉄砲用兵団雑賀衆の地』 『階段状にひしめくように家々が立ち並ぶ雑賀崎の漁村風景』

多分司馬遼太郎であったと思いますが、雑賀衆のことを書いた本を以前読んだことがあります。太平洋戦争の時『回天』なる人間魚雷がありましたが、戦国時代にその陸上版のような鉄の箱の中に人が入り敵陣奥深く入り、中から鉄砲を撃ちまくり敵を倒すというものです。勇猛果敢で知られる雑賀衆にその白羽の矢が立てられますが、決行の日が近付くにつれ、その怖さがとんでもなく襲ってくるようになります。その心の揺れようを描いたものだったと思いますが、今でも雑賀衆というとそのことが思い出されます。学校で習った歴史は余り覚えていませんが、やはりこのように生きている人間を描いているものですと記憶に残るものです。

そんな祖先の血を引き継ぐ人達はどんな人達なのだろうか、怖い顔をしているのか、俊敏な動作をするのだろうか等と思いながら、港への細くて急な坂道をゆっくりとDSCで降りていきます。町の中ですれ違った人達は誰も普通の人達でした(そりゃそうだ)。町並みはTMにある通り家屋が小高い山に沿って上へ上へと伸びていました。ただ漁村風景といっても今では殆ど全ての家がコンクリート造りとなっています。日本の原風景として木製のイメージを持っていくと少しがっかりするかもしれません。P1000076 P1000049_1 P1000111_1 P1000089 P1000117 P1000098_1

                

                

      雑賀の町を後にし加太に向かいます。加太から友ヶ島へのアクセスは一時その連絡船の廃止から途絶えていましたが、最近また地元の漁業組合?により復活されたとありました。戦争中の堀や砲が多く残されているこの島へはいつか行ってみたいと思っています。加太の入口には淡嶋神社があります。人形供養で有名で3月3日には「ひな流し」の行事が催されました。この小さい町にたくさんの観光客が押し寄せた筈です。神社の後手にある駐車場にDSCを止めカメラバックも下ろさずにちょっとだけ中に入ります。聞いてはいましたがもの凄い数の雛人形が本堂の中に安置されています。雛人形だけではなく市松人形や日本人形、フランス人形もあれば陶器で出来たものもあります。心霊スポット紹介で取り上げられたこともあるということも分かります。たくさんの目が僕を見ています。人間と同じく幸せな運命を持った人形ばかりではないのでしょう。ここで安らかな時間を過ごされることを祈ります。P1000139 P1000121 P1000152

                 

                     

       友ヶ島を望む旧道がトンネルの手前から入れるとTMにありましたが今は荒れているのか整備がされていないのかでバリケードにより入っていくことが出来ませんでした。上からの風景を見たいと思っていたので残念です。トンネルを抜けり少し走ると南海多奈川線の終着駅「多奈川」です。こういうのんびりとした線をみると無性に嬉しくなります。駅員さんの姿は見えません。窓口にインターフォンがあり御用の方は押すようになっています。これもまたいいですね~。

深日(ふけ)港という素敵な名前が次に駅にはつけられています。造りはいたって簡単で屋根があって柱があるだけの駅です。でもいい味を出しています。26号線に合流し北上して帰りますが、いつもここは渋滞しています。渋滞の原因は26号のバイパスへ行くための右折車が多くあることです。原因がはっきりしているのですから対応を早く実施して欲しいものです。海が見えてきます。大好きな樽井サザンビーチです。SASのメロディが頭をよぎります。゛彼女が髪を指で~♪゛や涙のキッスなんかは僕の懐メロです。

|

« ポルトヨーロッパ | トップページ | 高座の滝&神戸文学館 »

コメント

久しぶりにDSCの入った写真ですね。

 何か、日本とは思えないような
 雰囲気がいっぱいです。

 今日は暖かだったんですが
 息子が就職で、大阪市内へ引越し
 することになり、手伝ってました。
  よって、どこにも行けず!

 でも暖かで、ゆき柳の花も咲き始めたんで
 バイクのハンドルカバーを外して
 やりました。

  どうかこのまま暖かくな~れ

投稿: kanoko551 | 2007年3月21日 (水) 21時16分

>久しぶりにDSCの入った写真ですね。
ありゃりゃそうでしたか。。。大体DSCを撮る時はバイクの後にかっきり括りつけた一眼でなくウェストバックあるコンデジの時が多いです。インテックスの時もDSCで出掛けているのですが背景に素敵なところがなかったもので写したものもあるのですがお蔵入りとなりました。

>息子が就職で、大阪市内へ引越しすることになり、手伝ってました。
ご就職おめでとうございます。少し寂しくなりますね。いつかアメリカンにピッタリなちょい悪ロングブーツを作ってもらったらいいかもしれませんね。息子さんの為ならツーリングは我慢で仕方ありません。


>バイクのハンドルカバーを外して
今日は色々あって遠くまでいくことは出来ませんでしたが、夙川の桜はどうなっているか気になりちょいと行って来ました。早咲きの桜はもう花びらを風に飛ばしていましたが、殆どの桜は蕾を膨らまそうとする直前の状態でした。桜、待ち遠しい日が続きます。

投稿: tetsu | 2007年3月22日 (木) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/14298364

この記事へのトラックバック一覧です: 雑賀埼:

« ポルトヨーロッパ | トップページ | 高座の滝&神戸文学館 »