« 平安神宮 | トップページ | 枝垂桜 »

2007年4月10日 (火)

哲学の道

西田幾多郎の『善の研究』なる分厚く大きい本がガレージの中にあります。学生時代、哲学なるものに憧れ、それならばということでバイト代をつぎ込みました。その本を持っているだけで幸せな気分になっていたので読んだ内容は定かではありません(悲・・・)。その西田幾多郎が好んで歩いたという琵琶湖疏水分流沿いの小路が『哲学の道』です。平安神宮を出て東に向かうとその哲学の道の最南端である若王子に辿り着きます。そこから北に疎水沿いに銀閣寺までの約1.5kmに亘り桜並木が続きます。この日すでに満開を迎えた桜たちが春に名残を惜しむかのように花びらを舞い散らしていましたDsc_0178_3 Dsc_0147 Dsc_0216 Dsc_0117_1 Dsc_0247 Dsc_0220

|

« 平安神宮 | トップページ | 枝垂桜 »

コメント

そろそろ桜も花吹雪が近いですね。

 私達が見てきた京都の桜とは
 だいぶ違うような気がします。 (^^♪

 今、庭で三脚を試してみました。
 今まで携帯の写真機能を使ってたんで
 暗い中での撮影はブレてばかりでしたが
 くっきり写ったんで驚きです。

 ついでに30秒かけて星空も
 撮ってしまいました。

投稿: kanoko551 | 2007年4月11日 (水) 21時50分

平安神宮は神苑に入られましたか? 回りの方々も枝垂桜の素晴らしさに感嘆の声を上げていました。ドンピシャのタイミングだったようです。

三脚を使うと夜でも昼間のような写真が撮れたりして面白いですよ。星空にも挑戦されたのですね。そうしていくうちに段々一眼レフが欲しくなる病に罹っていきます。お気をつけ下さい。僕はもう既に罹患中です。

投稿: tetsu | 2007年4月11日 (水) 23時08分

とうとう、京都に行かれたんですね。今年の暖冬で、もう桜はだめかも・・と思ってしまいましたが、まだまだ見処豊富ですね。それにしても、見事な作品、くらくら目眩がしそうですね。

投稿: ue | 2007年4月11日 (水) 23時23分

さくらは寒の戻りと雨も纏まった形で降らなかったことがその命を永らえて僕たちを楽しませてくれていると天気予報士さんが説明されていました。ueさんの白川へはいつか行きたいと思っています。散りゆく桜がまた素敵でした。

投稿: tetsu | 2007年4月11日 (水) 23時29分

この春、たくさん桜を観にいかれたのですね!
武庫川はとても身近なところですが、
綺麗なシーンをたくさん見せていただいて
改めて感動です。さりげなくお姉さんもいっしょに...素敵です。
京都にもいかれたのですね。いいなぁ...
平安神宮、哲学の道、いずれもtetsuさんの目をお借りして、堪能させていただきました。
(桜全般コメントまとめ書きでスミマセン)

今日、明日は来週の引越しに備えて荷造りです。本格的にバイク復帰はGWが明けてからになりそうです。そのころだったらどこが見所かなぁ...

投稿: kazuh | 2007年4月14日 (土) 06時18分

今年の桜は暖冬でいったいどうなってしまうのかと思いましたが、ちゃんと素晴らしい姿を見せてくれてほっとしています。今日は夕方だけ近所を散歩しただけでしたが枝垂桜やレンゲが綺麗に咲いていました。まだまだ桜を終わらせたくない気持ちで一杯です。

引越しの準備はもう大分進みましたか?明日もkazuhさんに代わって(?)桜に逢い行きたいと思っています(ごめんなさい)。GWの時期の桜は近畿ですと比叡山が満開を迎えるみたいです。有料道路代が高いですが桜があるのだったら我慢できるかもしれませんね。

投稿: tetsu | 2007年4月14日 (土) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/14637282

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学の道:

« 平安神宮 | トップページ | 枝垂桜 »