« レンゲ畑 | トップページ | 奈良 »

2007年4月15日 (日)

吉野

P1000025_2 夢のひとつをまた叶えることができました。桜の王様ともいうべき奈良は吉野に行ってきました。すでに下千本、中千本は散り始めていますが、上千本や奥千本は満開との情報です。ずっと行きたいと思っていましたが、驚異的な人混みや難しい交通規制に行く前から戦意喪失状態となっていました。特に上千本から眺める景色が絶景とあったので意を決して行くことにしました。

西宮→2号→野田→1号→8号→阪奈道路→24号→橿原→169号→吉野→169号→高取町→24号→169号→奈良公園→阪奈道路→桜ノ宮→造幣局泉布観→新御堂→江坂→池田線→水走→空港地下トンネル→伊丹→西宮

吉野に近付くと警備員や警察官の方がとても多くなってきます。吉野山の入口の道路ではすでに通行止めの看板が用意されています。僕がカブを止めてカメラを取り出していると警察官の方が『ここから勝手神社まではもう少ししたら歩行者専用道路になるから早くその先に行った方がいい』と教えてくれました。とても有難い情報です。下千本のこの辺りはやはり花が散っています。 P1000093 P1000051_2

P1000110 P1000107

                         

                         

            

             それではと上千本や奥千本を目指します。車だとすれ違いが出来ないような周回道路です。バイクは一方通行の対象にはなっていませんが、車と同じに走ったほうが安全なようです。上千本はいつのまにか通り過ぎていたようで奥千本に着いてしまいました。ここで義経隠れ塔と金峯神社に立寄ります。西行庵には距離0.5kmの看板と目の前に続く坂道に5秒の熟考の末パスと相成りました。そしてゆっくりゆっくりと山を下っていきます。道はたくさんの観光客で大賑わいです。カブが相棒で大正解です。この道を車で通る人がいるのですがとんでもないことになっていました。途中、ZZRのアベックがヘロヘロになって駐車スペースに入ってきました。ライダーの彼氏が彼女に曰く『もうこれ以上は危険だ』。人を避けながら急坂を低速で走るのにはZZRは全く不向きです。ここからは歩いていくのが正解です。花矢倉の展望台からは吉野の定番写真でみる素敵な光景を見ることができます。ただちょっと桜の花が足りません。吉野水分神社の境内は広くないのですが真ん中に桜の樹が一本あって古い建物と見事な調和を図っていました。Dsc_0029_3 Dsc_0002_3 Dsc_0063_1 Dsc_0115 Dsc_0139_2 Dsc_0036_1 P1000179 P1000137

                                    

                        

                        

                        

                        

              花は上千本も奥千本も情報とは違って満開ではありませんでした。これからなのか散ったのか良く分からない状態です。でも吉野はそんなことは気にならない程素敵でした。

|

« レンゲ畑 | トップページ | 奈良 »

コメント

吉野は山全体が桜ですね、圧巻です。来週なら奥千本は見られるかもしれませんね。

投稿: ue | 2007年4月18日 (水) 17時54分

直近の情報では下、中は葉桜、上は散り始め、奥は満開とありました。でも西宮と云う奈良にいつでも行けるところにいてやっと吉野に行ってきました。これもカブがあったから行けたと思います。結構な広さです。全行程を歩くとなるとかなりの時間と体力が要りそうです。

投稿: tetsu | 2007年4月18日 (水) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/14688767

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野:

« レンゲ畑 | トップページ | 奈良 »