« 鎌倉 | トップページ | 横浜市歌 »

2007年9月24日 (月)

横浜

Dsc_0542 往路の新幹線。隣と通路を挟んだ隣とも若き女性が座られています。新大阪を出て間もなくお二人ともゴソゴソし始めます。僕は文庫本に目を落としていますが両側が気になって文字が頭に入ってきません。左の女性は小さなスーツケースを横に置きその上に裸足になった足を放り投げます。そして右の女性はハイヒールを脱ぎ綿のスリッパに履き替えます。そしてサッと立ち上がったと思うとスリッパのまま車輌の扉の向こうに行ってしまいました。向こうにはトイレがあるのですがスリッパで行ってしまったのでしょうか、なんだか気になります。名古屋辺りからは裸足とスリッパに慣れてきた僕です。やっと本の世界の中に入っていきます。

横浜は生まれ育った街です。市歌を歌えるのは横浜市民だけ、ということを聞いたことがあります。もちろん僕も歌えます(注:ちょっと歌詞が怪しいですが)。

友がいます。幼稚園からの友です。2人とも酒が飲めない身体です。夜の横浜から東京をドライブした後、コーヒーで乾杯です。

姪っ子が僕の似顔絵を描いてくれました。どうですか? ハンサムに見えるでしょうか。。。

P1000197 P1000214 P1000233 P1000203 P1000319 P1000279 P1000347 P1000345

|

« 鎌倉 | トップページ | 横浜市歌 »

コメント

まあ、一番上の写真、すごくいいですね。
秋の夜長を感じさせる気がします…

さりげないハロウィンの写真も好きですし
姪っこさんのイラスト、とってもセンス
あります^^お上手ですね。
靴をぬぎたくなったり、スリッパに履き替えたくなる気持ちは
わからないでもないのですが(笑)
リラックスしすぎかも…^^;
ちょっと周りを気遣ってほしいですよね。

↓サッカーはあまり詳しくありませんが
写真から熱い雰囲気は伝わってきますね…
ここでも姪っ子さん登場なんですね^^

投稿: mai | 2007年9月27日 (木) 00時56分

ランプの灯りは蛍光灯のそれと違って暖かさと温かさを感じさせてくれます。
僕の一番のお気に入りはランタンの灯りなのですが一度家の中でランタンを点け天井がすすで真っ黒になり大変なことになってしまったことがあります。

女の子たちの仕草、自分の席で寛ぐのはノープロブレムなのですが、席を外される時までスリッパだったのは少し抵抗がありました。でも女性は高いヒールとか僕たち男性には分からない足の辛さがあるんでしょうね。

サッカーは本当に熱い応援に驚きました。姪っ子たちの写真は大ポスターのほか、試合後とに作られるパンフレットの載ったりしています。姪っ子たちにとっても貴重で素敵な思い出となりました。

USJもハロウィン真っ只中ですね。9月ももうすぐ終わり、秋冬レポーターもあと3ヶ月。夏の時も振り返るとあっという間でした。いっぱいいっぱい楽しんでくださいね♪

投稿: tetsu | 2007年9月27日 (木) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/16563334

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜:

« 鎌倉 | トップページ | 横浜市歌 »