« 書写山円教寺Ⅰ | トップページ | 清荒神 »

2007年11月18日 (日)

書写山円教寺Ⅱ

書写山円教寺。西国33ヶ所、27番目の札所です。姫路城の西北に位置し、山陽自動車道姫路西ICで下りて10分程で到着です。無料駐車場があり車でも安心です。ここからロープーウェイで空の旅、所要時間4分で山麓とはちょっぴり違う世界が広がります(往復900円)。ロープーウェイは00分から15分おきに出発することになっていますが、繁忙時にはピストン輸送となります。9時45分発の予定が5分前に出発です。歩いて登るのは大変だろうな~と箱中から山腹を眺めながら思います。紅葉もあるのかないのか微妙な感じです。山上駅について我先にと急ぐ人達を先に見送り、最後尾からゆっくりとお寺に纏わる話を絵看板にしているのでそれをゆっくりと見ながら歩を進めます。入口で300円の入山料を払います。マイクロバスで摩尼殿まで行くには入山料込みで1,000円を払うこととなりますが、ここはぜひとも歩いてこの山全体の持つ素敵を感じて欲しいと思います。Dsc_0085 Dsc_0116 Dsc_0268 Dsc_0266 Dsc_0165 Dsc_0108

                     

                

慈悲の鐘のところで道は二手に分かれます。ここは右手のコースを選択します。この地は2回目の僕に迷いはありません。慈悲の鐘は無料で撞く事ができるので、人が多いこの時期はもう鳴りっ放しです。鐘の音にジーンとくるというよりもお金を少しとってでも静かな世界を取り戻したいと思うような次第です。仁王門まで西国33ヶ所の仏像さまが緩やかな坂の両側に次々と現れます。

十妙院さんでは特別公開を実施中で狩野永納筆のふすま絵を見ることができました(兵庫県指定文化財)。ここを出て建物の外にある紅葉は広い境内の中でも1,2位を競う素敵な真っ赤な紅葉です。坂道に掛かる処で、しかもちょっと見上がる位置にあるそれは上を見ながら歩いていないと見落としてしまいます。光の当たり具合が大きくその美しさを左右しますが、通りかかったそのときは逆光に透き通る光がその紅色を一段と輝かせてくれていました。

少しきつい坂道を足元を気をつけながら歩いていくと正面に伽藍が、しかも想像以上の大きさで存在することに驚かされます。京都は清水の舞台のような台座を有する摩尼殿です。茶店もあり多くの人で賑わっています。舞台を下から見上げながら階段を上って行きます。摩尼殿には靴を脱いで中に入っていきます。中では色々な仏のグッズが売られています。日本手拭をひとつ購入します。廻り舞台からは真っ黄色の銀杏が目の前に見ることが出来ます。ゆっくりとした時間を楽しみます。Dsc_0172 Dsc_0183 Dsc_0320 Dsc_0210 Dsc_0236 Dsc_0286

                      

                      

その後、摩尼殿の裏手から樹齢700年などの木々の間を抜けて大講堂、食堂、常行堂の『3つの堂』といわれる山頂にあることを忘れさせるような広い中庭を囲むように建っている不思議な空間に出ることになります。前回来たときには入らなかった食堂に今日は200円を払って入らせて貰います。急な階段を手摺を頼りに上がっていくと仏像や瓦などの展示品がズラッと並んでいます。展示品も素敵ですが2階から見る外の景色が素敵です。高いところがちょっぴり苦手な僕です。腰を引きながらカメラを構えます。奥の院さんへ向かおうとした時、誰かが忘れたのでしょう、毛糸で編まれたうさぎさんが少し薄汚れてはいましたが板場に腰を掛けているように転がっていました。

奥の院では赤いウィンドブレーカーをきたボランティアの人達がここにある仏像や建物の由来などを説明されていました。分からないことは何でも教えてくれるので色々とお聞きしたら良いと思います。奥の院開山堂でも上空上人像を特別公開していました。金剛堂の天井画(足が描かれている天女)をみて、展望台から下界を見渡します。

妙光院さんを経由してロープーウェイ乗り場に戻りますが、驚くほどの列が出来ています。でもこの箱車は一度にこれまた驚くほどの人数を運ぶことが出来ます。一台の箱車が到着すると長蛇の列が見る見るうちに短くなっていきます。2台目の箱車に乗ることが出来ました。

ロープーウェイを下りると駐車場とは反対の方向に歩みだします。そこには『関西文化の日』で無料になった『書写の里・美術工芸館』があります。ここでは泥仏や土人形、全国の郷土玩具、姫路の伝統工芸品などが展示されています。この日は小さな音楽会が催されていました。バイオリンと電子オルガンの奏でる世界にたくさんの無料で入ってきていた人達も素敵な時間を過ごしていました。Dsc_0402 Dsc_0400

|

« 書写山円教寺Ⅰ | トップページ | 清荒神 »

コメント

きれいな紅葉ですね。
私は今年の紅葉はまともに撮れそうもありません。
急に冷え込んできたし、
先日の平湯は再訪したらほとんど終わってたし。

投稿: keiichi_w | 2007年11月21日 (水) 20時04分

keiichi_wさんのスライドショーにある秋の景色もすごく素敵です。秋の空気が伝わってきました。
ここ数日の冷え込みで京都のお寺さんの紅葉もこの週末、見頃になるかもしれないとニュースが伝えていました。近くではありますがこの時期、京都の人混みを考えると近付くのが躊躇われます。
keiichi_wさんのお近くであれば木曽路の秋もまた素晴らしいのでしょうね。いつか行ってみたいところの一つです。

投稿: tetsu | 2007年11月21日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/17121939

この記事へのトラックバック一覧です: 書写山円教寺Ⅱ:

« 書写山円教寺Ⅰ | トップページ | 清荒神 »