« 篠山イノシシ祭 | トップページ | 西宮探訪 »

2008年1月26日 (土)

冬ぼたん

Dsc_0131 篠山からの帰路はいつもの49号線です。三国ヶ岳の峠がやはり雪で滑りやすく凍結もあり細心の注意を払いながらDSCを静かに進めます。両足をやじろべえの如く、いつでも地面を蹴れるようにし転倒に備えます。タイヤのグリップの状態を全神経を集中して確認します。峠を越えると乾いた地面が見えてきました。ここでホッとするのが常ですが、四国の山中で大転倒した経験者は油断の怖さを知っています。次の次を考え最悪の事態に備えます。案の定、日が射しているにも拘らず雪残った道がいきなり現れます。今日のもうひとつのメインイベント『冬ぼたん』を開催してる永沢寺花しょうぶ園に到着です。

ここ花しょうぶ園は3月の水ばしょう、4月のぼたん園、6月の花しょうぶと春の季節はイベント目白押しですが、この冬の何も無い季節にお客さんを呼び込むために、普通は4月に咲くぼたんを、温度管理で冬眠させ抑制栽培で育てこの時期に開花させているのだそうです。ぼたんにとっては迷惑な話かもしれませんが、こも(藁囲い込み)の中のぼたんは、雪景色の中で素敵な日本情緒を感じさせてくれます。

この時期の入園料は300円です。しかも入園券は金券300円として園内の売店や食堂で使えますので実質無料です。僕も食堂で山菜そば(本当は700円ですが400円のお支払)を頂きました。

こもの中のぼたんは日が射していないと暗くて表情が良く見えません。日が射す瞬間を待ちます。園内には20鉢のぼたんがあります。ピンクや紅、白に黄色と様々な色のぼたんがこもの中から顔を見せてくれます。ここは標高550m。やはり下界とは少し違います。人が入らない道はその行く手を拒むかのように雪が積もっています。園内をぐるっと周ろうと思ったのですが、途中で引き返さざるを得ませんでした。Dsc_0100 Dsc_0068 Dsc_0073 Dsc_0123 Dsc_0165 Dsc_0121 Dsc_0167 Dsc_0125 Dsc_0175 Dsc_0196 Dsc_0283 Dsc_0360 Dsc_0345 Dsc_0290 Dsc_0364 Dsc_0389 Dsc_0392 Dsc_0395 Dsc_0405 Dsc_0397

|

« 篠山イノシシ祭 | トップページ | 西宮探訪 »

コメント

このぼたんの花、日本七不思議のような不思議な空間に咲いていますね。

こんな場所があったなんて夢のようです。

投稿: SHIN | 2008年1月27日 (日) 21時19分

雪のある風景の中でこものぼたんが見たいと思っていたのですが、想像以上の雪の多さに驚きました。そして感謝しました。

でも露出が難しかったです。コモの中の花に合わせると雪が白く飛んでしまいます。のっぺりとした絵になってしまうので、雪の質感をどの辺で折り合いをつけるかが問題でした。

三脚も持参せず横着な撮影をしてしまいましたが、この日来ていた人種はカメラマン7割、ご夫婦2割、恋人同士1割というものでした。

投稿: tetsu | 2008年1月27日 (日) 22時19分

tetsuさん

すでに持っているかもしれませんが、花を写すとき、小さいレフ板があると露出の問題がかなり改善できます。

わたしならこのシチュエーションで考えます。

曇りなら、外付けストロボで高速シンクロ撮影をやります。

通常のマクロ撮影なら、リングフラッシュでしたっけ、マクロ専用ストロボもいいですね。

投稿: SHIN | 2008年1月27日 (日) 22時56分

なるほど、レフ板という手がありましたね。
残念ながらレフ板を持っていませんが
小さいものがひとつあると便利そうですね。

日中シンクロで光の強さを変えて
何枚か写してみたのですが
どうしても不自然さが出てしまい
いいものが撮れませんでした。

マクロ専用ストロボは素敵ですが
まだまだ高嶺の花であります。

投稿: tetsu | 2008年1月28日 (月) 21時31分

『小さい三角部屋(究極のお一人様部屋)』をベースに温泉かァ いいなァ
 って読んでたら またやられてしまいましたね。
            (^^♪
 
母子のあたりは三田市内と3℃位はちがいますね。 市内に雪は無くても、母子では雪景色ってことがよくあります。

投稿: kanoko551 | 2008年1月28日 (月) 21時39分

>kanoko551さん
また、やられていただき誠にありがとうございます(笑)。

でも仙人風呂への想いは結構真剣です。
いつかはクラウン(ちょいと古いですが)
と同様、いつかは仙人風呂であります。

母子は3度も違いますか。
ブログに記しましたが、雪が少し残っていたら
いいな~と思ってはいたのですが
これ程積もっているとは想像を超えていました。
ライダーにはちょっぴり厳しい道程でした。

投稿: tetsu | 2008年1月28日 (月) 21時56分

西宮は全然降らないのに、篠山はこんなに雪が積もっているのですね!
白い雪に牡丹がよく映えますね。雪に触れる機会が少ない瀬戸内の海沿い育ちにとっては、雪の白さが神聖なものに感じます。

僕も昔、四国で凍結大クラッシュをした経験があり、それがトラウマになって、雪のあるところへはバイクで行けなくなってしまいました...早く春がこないかなぁ...

投稿: kazuh | 2008年2月 3日 (日) 14時56分

小さい頃は横浜でも大雪が降って大きな雪だるまを作った覚えがあります。年々、そんな雪が降らなくなったのはやはり温暖化の所為なのでしょう。

この日、道路にも所々雪が残り、一部凍結もしていてとても神経を遣う運転を余儀なくされました。4輪に比べ、2輪は即アウトですからおっかなさは比較になりませんね。でも2輪を知らない4輪車が後に付いて何度か怖い思いをしました。

雪の日は乗らないのが一番です。春、待ち遠しいですね。

投稿: tetsu | 2008年2月 3日 (日) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/17852562

この記事へのトラックバック一覧です: 冬ぼたん:

« 篠山イノシシ祭 | トップページ | 西宮探訪 »