« 僕の横浜 | トップページ | 高速道路 »

2008年1月 3日 (木)

おせち料理

Dsc_0411                    

インスタントの松茸のお吸い物に焼いたお餅を放り込むと立派なお雑煮の完成です。結構自分の中では完成度の高い料理でありますが、やはり手作りの母の味には敵いません。正月、栗が大好きな僕の為に大盛りの栗きんとんを拵えてくれました。Dsc_0436 Dsc_0418

|

« 僕の横浜 | トップページ | 高速道路 »

コメント

おせち、いいですねえ。

わたしも西宮の実家で既製品のをいただきましたが、岡山の実家ではよくおにしめものを作っていました。

料理の写真は真上に光源を置いて撮影するとテカリがはいってきれいですが、tetsuさんの場合、まさしく完璧ですネエ!!

プロの料理写真家は、さらに霧吹きでみずみずしくしたり、オイルをはけで塗ったりします。
コーヒーは本物より、しょうゆを水で薄めるそうです。

なので、実際は食べれないのです。
なんだか悲しいですね。。。。

投稿: SHIN | 2008年1月 4日 (金) 00時46分

子供の時は芋を裏ごしする係りを仰せつかっていました。結構しんどいんですね、これが。大晦日の夜、家族でコタツを囲んで紅白を見る、この偉大なるワンパターンが記憶の中の年末でありました。家族のあり方が変わってきたのか、時代の流れなのか、今の年末の過ごし方は少し寂しく感じます。

食べれない食べ物としては食品サンプルがありますが、これもまた色々な工夫がなされているんですね。本物よりも美味しそうなものがあって時々注文してガッカリしたりします。

投稿: tetsu | 2008年1月 4日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/17567530

この記事へのトラックバック一覧です: おせち料理:

« 僕の横浜 | トップページ | 高速道路 »