« 氷瀑 | トップページ | 中山梅林Ⅱ »

2008年2月24日 (日)

中山梅林Ⅰ

Dsc_0241 今日は湖西の高島町で『ザゼンソウ祭り』が開催されているので行きたいと思っていました。http://www.city.takashima.shiga.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1169717551398&SiteID=0000000000000

しか~し西宮は朝から雪。ということは湖西では猛吹雪(のはず)です。仕方ありません。雪と槍にはめっぽう弱いバイクの宿命です。それでは、ということで雪の中の梅を中山さんまで撮りに行くことにしました。

参道を歩いていると南天の実をメジロが啄(つい)ばんでいます。ウグイスではなくメジロです。実を食べるのに一生懸命なのか近い距離なのに逃げません。階段を滑らないようにゆっくりと上っていきます。ご本堂に向かわず、そのまま梅林に直行します(あとでちゃんとご挨拶をいたしました)。粉雪が舞っています。ソリを持った家族連れが真っ白な道に一筋の線を描いていきます。その跡をゆっくりと歩いていきます。辺りは一面の銀世界となっています。人も殆ど居ません。静寂で素敵な時間と空間です。時折強く吹く風に梅の枝に載った雪たちが飛ばされて吹雪のようになります。

レンズの交換もままなりません。梅林を一周し終えると雪が避けれる建物に入ります。ここでマクロレンズに交換します。段々と陽が射してきます。雪は見る見るうちに融け出します。人も多くなってきました。カラフルなウィンドブレーカーを着た登山者のグループが大声を上げながら前を歩いています。先程までとは変わった世界が目の前にあります。

少しの時間でしたが素敵な光景をみることが出来ました。Dsc_0015 Dsc_0003 Dsc_0083 Dsc_0050 Dsc_0097 Dsc_0085 Dsc_0146 Dsc_0101 Dsc_0325 Dsc_0120 Dsc_0157 Dsc_0161 Dsc_0172 Dsc_0168 Dsc_0320 Dsc_0192 Dsc_0372 Dsc_0345 Dsc_0394 Dsc_0391_2 Dsc_0489 Dsc_0424

|

« 氷瀑 | トップページ | 中山梅林Ⅱ »

コメント

この週末はまた一段と冷えましたね。
今朝はうっすら一瞬白くなりましたが
すぐ消えてしまいました。
中山さんの梅たちは結構しっかり
雪化粧をしていたのですね。
今年は久々に月ヶ瀬の梅をみにいこうかと
考えていますが、奈良のほうはまだ
蕾のようです。
もう少し暖かくなったら一気にさくかもしれません。
それにしても、雪中の梅、綺麗ですね!

投稿: kazuh | 2008年2月24日 (日) 18時19分

今朝の雪はしっかりと積もると思いましたが
梅林の雪化粧が綺麗だったのも一瞬でした。
その一瞬に巡りあえたのはラッキーでした。

今週末からは3月です。
月替わりと共に梅の香りが押し寄せそうですね。
その時は少しは暖かくなっていて欲しいです。
今日は指先がとても冷たかったです。

カブに戻ると融けて落ちてきたミニツララが
前篭に入っていました。

投稿: tetsu | 2008年2月24日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/40241418

この記事へのトラックバック一覧です: 中山梅林Ⅰ:

« 氷瀑 | トップページ | 中山梅林Ⅱ »