« 甲東梅林 | トップページ | 岡本梅林 »

2008年2月10日 (日)

春節祭

                                                                     Dsc_0215_2

                  

『あけましておめでとうございます』 そんな挨拶で『第20回 神戸南京町 春節祭』は始まりました。旧暦で節句を祝う中国では旧暦の正月を『春節』として盛大に祝います(公式パンフレットより)。横浜の中華街でも同様なお祭りが行われているようです。

元町駅の南に神戸の中華街はあります。少しこじんまりとした感じです。そのほぼ中央に南京町広場がありそこが春節祭のメイン会場となっています。大丸神戸店側にある長安門から西の西安門までは混雑が始まると西行き一方通行となります。カブを秘密の場所に止め、カメラをバックから取り出し、さぁ、戦場へと出発です。今日は最前列で並べるかもとちょっぴり期待して折り畳み椅子を持参しましたが、広場に着くとすでに二重三重の人垣が出来ています。いきなり降参状態です。仕方無しに一番列の少ない右手袖側の場所をキープしますが、折角なので思い直し、正面に移動します。でも前には三重の砦があってその頭越しにしか前を見ることが出来ません。少し高くなっている舞台で演技が行われることを期待します。

本日の午前中の演目は、3つの『獅子舞』と『舞踊』、そして中国雑技団による 『雑技』です。午後は歌や太極拳、音楽などもあります。最初は華僑の小さな子供たちによる獅子舞です。自分の身体より大きな張り子の獅子を一生懸命に動かします。Dsc_0011 Dsc_0009 Dsc_0121 Dsc_0043 Dsc_0147 Dsc_0205 Dsc_0219 Dsc_0222 Dsc_0238 Dsc_0235 Dsc_0288 Dsc_0286

                      

                      

でもなんと言ってもこの日の白眉は『中国雑技団』です。昨日は雪で中止となり、この日、この舞台が初めての公演です。雑技団の中でもとりわけ凄かったのが軟体のお姉さんです。観客からもどよめきが起こる程でした。身体が柔らかいだけでなく、バランスと力強さも兼ね備えています。後半では数メートルの高さで片手で身体のすべてを支える『これぞ雑技団』を見せてくれました。Dsc_0330 Dsc_0339 Dsc_0373 Dsc_0365 Dsc_0410 Dsc_0395 Dsc_0440 Dsc_0407 Dsc_0505 Dsc_0466 Dsc_0528 Dsc_0522 Dsc_0555 Dsc_0554 Dsc_0642 Dsc_0591 Dsc_0613 Dsc_0651 Dsc_0700 Dsc_0664 Dsc_0703_2 Dsc_0679 Dsc_0010 Dsc_0001

|

« 甲東梅林 | トップページ | 岡本梅林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/40080364

この記事へのトラックバック一覧です: 春節祭:

« 甲東梅林 | トップページ | 岡本梅林 »