« 伊丹能 | トップページ | 甲東梅林 »

2008年2月 3日 (日)

節分 中山寺

Dsc_0011 宝ジェンヌ(宝塚のマドンナ)とともに節分を祝える所があります。聖徳太子の創建と伝えられる日本最初の観音霊場『中山寺』です。

節分の日の今日、13時と15時に宝塚歌劇団演出の鬼に因んだ劇が行われます。最初、鬼たちは黄(貧 トン よくばり)、赤(瞋 シン おこる)、緑(痴 チ おろか)の3匹の邪鬼として登場します。彼らが宝ジェンヌ扮する観音様に諭され、改心して福(お金持)、禄(地位が高い)、寿(長生き)の善神に変身するのです。

13時はまだ雨が降っていたので外に出ることが出来ませんでした。家の中にいても底冷えがして、西宮北口で見つけた『宝塚チボリ カラカレテルメ ~2月8日まで入場料900円!~』へでも行こうかな、とボンヤリと考えていました。でも14時近くになり雨も上がってきたのでカブと一緒に中山さんへ行くことにしました。雨上がりで15時の豆撒きは混雑が予想されます。ご本堂の前には既に多くの人が寒い中でその開始を待っています。ポツリポツリだった雨足が次第に強くなってきます。宝塚警察のお巡りさんが小型スピーカーで前の人を押さないように、と連呼しています。やがて本堂奥から宝塚独特の歌声が聴こえてきます。僕の要る所からは声だけでその姿は見ることが出来ません。やがて黄、赤、緑の鬼たちが出てきて本堂で暴れまわっているのが見えてきます。その後、やっと僕たちの前に鬼たちが現れてくれました。そしていよいよマドンナの登場です。宝塚ファンなら誰だか分かるのでしょうけれど、僕にはさっぱり分かりません。マドンナに諭され鬼たちが改心し短い劇は終わります。

その後年男たちによる豆撒きが始まります。僕は宝ジェンヌがズラッと並んで綺麗処による豆撒きを期待していたのですが、こちらを向いているマドンナはお一人だけ。もうふたかたも別の方角を向いています。しかもこういうときに限ってカメラ(D70)のシャッターが下りないという踏んだり蹴ったりの状態です。何度もスイッチを切ったり点けたり、レンズやバッテリーの再セッティングを行ったりして一刻も早くシャッターが切れるようにしたいと思いますがママなりません。そのうちに豆撒きが始まります。え~い、もう仕方ありません。カメラマンに徹し、豆は頂けないかもしれないと思っていましたが、カメラがなければただの人、僕も豆取り人に変身です。結果、三徳豆14袋、福豆5袋と頑張りました。でもびっくりしたのは周りの人達もいきなり変身したことです。結構お年寄りが多かったのですが、それまでは背を丸めてお年寄りお年寄りしていた方々が、豆撒きが始まるや否やお年寄りは何処へ行ってしまったかと思うほど素早い動きと軽いフットワーク、そしてパワーで僕を押しのけ踏みつけます。豆撒きは元気の源なんですね。結構結構。集団が去った後には柄の取れた傘と踏み潰された豆の残骸がありました。凄まじきパワーです。Dsc_0003 Dsc_0004 Dsc_0096 Dsc_0070 Dsc_0129 Dsc_0120 Dsc_0015 Dsc_0157 Dsc_0029 Dsc_0027 Dsc_0083 Dsc_0074 Dsc_0019 Dsc_0119 Dsc_0133 Dsc_0135 Dsc_0139 Dsc_0137

|

« 伊丹能 | トップページ | 甲東梅林 »

コメント

tetsuさん
押しのけ踏みつけられして大丈夫でしたか。
でも読んでいておかしくておかしくて大爆笑してしまいました。
何度も読んでは笑ってしまいます。


それにしてもtetsuさんのパワーもすごいです。
たくさんのお豆さんをgetされましたね。
でもお年寄りはそれ以上・・・すごい!


ブログを拝見して大笑いしたので私の心にも福が来ました。

投稿: Yuki Mom | 2008年2月 4日 (月) 20時57分

>Yuki Momさん
いやはや大変でありました。
ご本堂前の場所はやはり一番人気で
大混雑でした。係りの方が他の場所でも
豆撒きは同様に行われるのでそちらの方へ
行ってくれと連呼されていましたが
なかなか特等席を動かれる方はいませんでした。
でも本当にたくさんの豆を撒かれていたので
途中から変身した僕でもこれだけの豆を
ゲットすることが出来ました。

『笑う門には福来る』
今年もたくさんの福がYuki Momさん、
そしてご家族の皆さんに有られます様に。

投稿: tetsu | 2008年2月 4日 (月) 21時56分

ご無沙汰しております!
こういう豆まきもあるんですね~!
行ってみたいな~と思いましたが
子連れだと、偉い目にあいそうですね^^;
tetsuさんお疲れさまでした~。
お年寄りも、今は元気ですもんね!
tetsuさんのブログを拝見して
さらに、熱いお年寄りパワーを
見た気がします(笑)

投稿: mai | 2008年2月 7日 (木) 16時48分

>maiさん
小さいお子さんだと危ないです。
警察官の方も肩車をされている親子連れに
肩車は押されると危険だから止める様に
言われていました。
僕のいた場所がメインエリアだったから
かもしれません。
他の場所の様子が分からないので正確な
ことは言えませんが、他でしたら
危険度はもう少し小さかったかもしれません。
豆も遠くへ投げられていたので
後ろの方に居ても十分ゲット出来たと思います。

お年寄りの方も元気でした。それで思い出しました。
USJでは70歳(だったと思いますが)を過ぎた方から声を掛けられたことがあります。その方はUSJのお近くに住んでいてパスポートを買われ毎日来ていると仰っていました。バックトゥーザフューチャーに並んでいる時に暑いでしょうと団扇で扇いでくれたのが出会いでした。空いているアトラクションを乗り継いでいるとのことでした。完全に脱帽でした。

maiさんもレポート頑張られていますね。今年になってからはmaiさんがシェア50%超です。ブログを見させて頂いて幸せになっています。

それとまたオフィシャルレポーターの募集をされているのですね。性懲りも無くまた応募してしまいました。二度目はないよね、と自分で思いながらも買わなきゃ宝くじも当らない精神でチャレンジです♪

投稿: tetsu | 2008年2月 7日 (木) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/17941371

この記事へのトラックバック一覧です: 節分 中山寺:

« 伊丹能 | トップページ | 甲東梅林 »