« 華舞台Ⅰ | トップページ | 京都東山花灯路Ⅰ »

2008年3月22日 (土)

華舞台Ⅱ

京都花灯路の開催に合わせて『華舞台』が高台寺公園にて行われています。芸舞妓の踊りやミニライブ、琴尺八などの演奏が夜の京都を彩ります。舞台の前にパイプ椅子が置かれています。開演までまだ1時間もあろうかというのに最前列はおじさんカメラマンたちで熱気を帯びています。舞台の始まりが芸舞妓の踊りなのでみなさん、それが目当てです。

北は青蓮院から南は清水寺まで続く『灯りと花の路』です。二年坂、そして産寧坂まで歩を進め、通りの左右に連なる土産物屋さんを覗きながら春の訪れを待つ京都を感じます。

高台寺公園へ戻ってくるとライブのリハーサルを行っていました。男5人衆のおっちゃんバンドです。冗談を言って場を和まそうとされているのですが、舞妓さん目当ての観衆にはそれもうまく届きません。確実に滑っておりました。

やがて開演時間となり、舞妓さんの登場です。今日はお2人で演舞を披露して下さいます。春の宵、京の空間と時間がゆっくりと流れます。Dsc_0630 Dsc_0607 Dsc_0075 Dsc_0213 Dsc_0614 Dsc_0196 Dsc_0139 Dsc_0078 Dsc_0252 Dsc_0233 Dsc_0222 Dsc_0161

|

« 華舞台Ⅰ | トップページ | 京都東山花灯路Ⅰ »

コメント

和装の女性の写真、いいですねえ。

なかなか撮る機会はないんですが(悲)

投稿: SHIN | 2008年3月23日 (日) 14時49分

着物を着る機会を少しでも増やすために
着物を着て聴く音楽会を開催した、と
先日テレビのニュースでありました。

卒業式や成人式、結婚式などのイベント以外に
普段の生活の中で着る機会がないからと
諦めていた人達にとって福音となったようです。

自分自身、着物を着たのは数十年目前の
正月が最後です。

でもさすがに芸舞妓さん、その仕草は
練習に練習を積んだ完成された形を
見せてくれました。

投稿: tetsu | 2008年3月23日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/40603483

この記事へのトラックバック一覧です: 華舞台Ⅱ:

« 華舞台Ⅰ | トップページ | 京都東山花灯路Ⅰ »