« 京都東山花灯路Ⅱ | トップページ | 桜in宝塚 »

2008年3月29日 (土)

大和郡山お城まつり

Dsc_0070 枝垂桜が満開です・・・とのニュースに気持ちと身体が敏感に反応します。東京や静岡ではもう満開情報が流れていますが、関西ではまだ2分咲前後のところが多いようです。その中で郡山城のお堀にたわわに花をつけた枝を豪奢に降り注ぐ姿にやられてしまいました。

RSタイチを右手に見ながら阪奈の坂道を上っていきます。インナーを取り去ったクシタニの手袋はアクセルを的確に操作してくれます。郡山の行き先板を見つけ阪奈を途中下車。あっという間に郡山城に着きます。お~、枝垂桜が神々しいです。DSCをやまと郡山城ホールの駐輪場に止めていると小雨がぱらついてきました。オーマイゴッド。でも雨はこの一瞬のみでした。Dsc_0054 Dsc_0026

                         

                 

                   

                     

                   

早足になって桜の方に向かいます。お城と僕の間には近鉄の線路が走っています。ファインダーを覗いていると電車がゴーと音を立てて桜を視界から消し去ります。でも車掌さんもしっかりこの桜を観ていたのを見逃しませんでした。

なかなかこの枝垂桜から離れることが出来ませんでした。また後で来ることを誓い、お城の中へと入っていきます。城内の道の両端は屋台がズラッと軒を並べています。綿菓子、ヨーヨー、お好み焼き、くじ、ガラス細工、スマートボールなどなど。城内の広場では南京玉簾をやっていました。城内やお堀の桜の見頃はもう少し先のようです。Dsc_0143 Dsc_0152 Dsc_0169 Dsc_0159 Dsc_0175 Dsc_0201 Dsc_0205 Dsc_0177

                

                  

      城跡を出て、郡山に来たら是非寄りたいと思っていた場所へ向かいます。紺屋町です。ここには道の真ん中を小さな川が流れています。不思議な光景です。夜初めてここに迷い込んだ車の何台かはきっと落っこちているはずです。これは『割り掘り』と呼ばれ、町の名前から連想されるように染めた布や糸を晒していたそうです。Dsc_0293 Dsc_0240 Dsc_0301 Dsc_0297

              

                 

       次に『金魚資料館』へ向かいます。郡山城ホールでゲットした地元誌に載っていた地図を頼りにその方向へ足を進めます。でもちょっと違うぞマークが頭の中に閃きます。すぐさまタバコ屋さんのおばあさんに訪ねると案の定通り過ぎていました。おばあさんから細い路地を右に曲がって真直ぐ行くと田んぼの中にあるよ、と教えてもらいます。田んぼの中?? 教えられたとおりに行くと田んぼの中にありました。やまと錦魚園という金魚屋さんが作られた資料館です。Dsc_0333 Dsc_0336

               

               

   金魚が日本に初めて渡来したのは足利時代だそうです。郡山の金魚は柳沢家が甲斐(山梨)から大和郡山の藩主として国替りして来た時に持ってきたものと伝えられています。年間7000万尾の金魚が生産され全国の40%のシェアを誇っています。資料館へは自由に出入りできます。ただ水槽の中では多くの金魚が死んでいました。それも死んでから大分経っているものもいます。水槽も綺麗ではありません。中の金魚がよく見えないものもあります。折角の広告塔がこれでは逆効果を生んでしまいます。

ちょっぴり悲しい気持ちでお城へ戻って行きます。近鉄大和郡山駅からお城へと続く公園ではピンクの素敵な桜を観ることが出来ました。Dsc_0368 Dsc_0373 Dsc_0416 Dsc_0395 Dsc_0387_2

|

« 京都東山花灯路Ⅱ | トップページ | 桜in宝塚 »

コメント

今日は僕も奈良方面に行こうかと思って
いたのですが、開花情報をネットで見てる間に
眠くなって寝てしまい、目が覚めたら15時半でした...
郡山も開花情報ではまだ十分な
開花ではないような表現だったのですが
実際はこんなに見事に咲いていたのですね!
しまった...僕も行ってみるんだった...
寝てる場合じゃなかったですね(悲)

投稿: kazuh | 2008年3月29日 (土) 23時42分

>目が覚めたら15時半でした...
あら~、それは残念でした。
僕も若いとき起きたらまた夜だったことが
ありました。
なんか得したのか損したのか複雑な思いでした。

郡山城跡の桜も全体的にはkazuhさんが
ゲットされた情報どおり見頃はもう少しでしたが
この一本枝垂桜などは正しく今が見頃となっていました。

観光地の桜ももちろん綺麗なのですが
人知れず咲く山の中の桜に逢いに行きたいです。

投稿: tetsu | 2008年3月30日 (日) 09時00分

いよいよ桜のシーズン開幕!
 と思ってたんですが、
 写真を見てたら来週までもってくれる
 のか? と心配になってきました。

 来週 奈良方面へ桜ツーの予定なんです。

投稿: kanoko551 | 2008年3月30日 (日) 21時36分

写真では今が一番素敵と思われるものを
中心に撮っています。

まだまだ多くの桜がこれからの状態でした。
来週土日の少し前にピークが来るかも
しれませんが、それでも土日は一番素敵な
時期ではないでしょうか。

花吹雪の中を走るのもまた素晴らしいです。
あとは天気だけですね。
春の暖かく気持ちのよい天気になりますように♪

投稿: tetsu | 2008年3月30日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/40679890

この記事へのトラックバック一覧です: 大和郡山お城まつり:

« 京都東山花灯路Ⅱ | トップページ | 桜in宝塚 »