« 教習所の先生 | トップページ | 大阪モーターサイクルショー2008 »

2008年3月 9日 (日)

春の探検

P1000088 ぽかぽか陽気に誘われてカブと近くを探検しに行きました。そしてなんと桜(だと思うのですが・・・)満開の異次元の世界に飛び込んできました。

【本日の行動】 寝床→台所の椅子→カブの上→地すべり資料館→仁川花さじき→水仙の郷→上ヶ原用水路→上ヶ原浄水場→古墳→甲山森林公園(東入口)→関西学院大学(野球場・サッカー場)→夙川公園→夙川上流→満開の桜→六甲保養荘→かぶとやま荘→鷲林寺→甲山森林公園→梅林(主に紅種)→ダイエー地下1階食品売り場→自宅

【本日の相棒】 カブとデジカメ(パナソニックFX7:久しぶりの登場です。やはりバッテリーの持ちが今ではビックリするほど悪いです)

地すべり資料館へは以前伺った折に、館長さんからマンツーマンのご説明を頂きました。ここで多くの方が亡くなられました。今では崖崩れ防止の様々な工夫がなされています。広場では少年たちが野球をしています。資料館横の水路には水仙が咲いていました。何気ない日常を壊さないようにすることが大切なことを人はそれを失ってからでないと中々気付けません。日々の暮らしが忙しすぎるのでしょうか。P1000005 P1000002 P1000012 P1000008

                 

                

            そこからDSCでは躊躇われる細い道をカブだから入って行きます。どうやらここは用水路に繋がっているようです。江戸時代に掘削された用水路は全長800m。仁川の水は取り決めにより各村へ分水されていたようです。こんな看板がありました。『分水につき、絶対に止めないこと』P1000019 P1000022

                      

                    

                        

上ヶ原の用水路にある古墳。土日祭日は見学が出来ません。だから僕はまだそれを見たことがありません。敷地にテントが数基張っていたのですが、その下が多分古墳ではないかと勝手に想像しています。いつになったら見ることが出来るかな。P1000038 P1000034 P1000051 P1000048

                  

                       

            浄水場の裏門が関西学院大学に面しています。道路からは見えませんが、奥の方から歓声が聞こえてきます。カブとちょっと関学に寄り道です。野球場があり、そこで試合が行われていました。歓声は野球部員たちの応援の声でした。外野席にあるベンチ状のコンクリートの階段に観客は4、5組しかいませんでした。その端に座ってバットから生まれる快音を気持ちよく聞いていました。

夙川公園に桜の開花情報をこの目で確かめに行きます。まだまだ固い蕾ですが、確かな息吹を感じさせてくれます。今年の春はどんな姿を魅せてくれるのかいまから楽しみです。線路沿いに北に行くつもりが川沿いに進んでいます。通り抜け出来ません、の看板がありますが、カブなので構わず進みますが、文字通り行き止まりでカブでも行けませんでした。住宅街の中なのですが細い階段が通り抜けられる唯一の手段となっています。カブでは階段を上れません。P1000061 P1000056

                      

                      

                            

川の向こう側にとても気になる木があります。どうみても桜のようですが、開花状況は、いま夙川で観察してきたばかりです。ですから桜が満開のはずがありません。でも満開です。論理的に合わないので、これはきっと夢なのでしょう♪ だとしたら素敵な夢です。花に下に立っていると怖いほどの虫の羽音に気付きます。虫たちは人間よりも早くこの奇蹟に喜んでいるようです。P1000095 P1000069_2 P1000112 P1000072 P1000118 P1000100

                       

                      

                      

夢から戻れなくなってしまうといけないので、後ろ髪を引かれる思いで桜を後にします。目指すは『六甲保養荘』と『かぶとやま荘』です。

『六甲保養荘』 ひょうごいこいの宿グループとパンフにあります。グループは六甲の他にも城崎や赤穂などにも宿を有しています。誰でも利用できますが、60歳未満は追加料金が必要です。パンフの表紙には『阪神間を見渡す眺望と温泉健康大浴場』とあります。宿泊だけでなく日帰り入浴も可能なようです。ただし予約が必要なようです。P1000122 P1000121 P1000125 P1000124

                     

                     

六甲保養荘の少し上に『かぶとやま荘』があります。こちらは西宮市に在住していることが利用の前提条件で、かつ60歳以上等の諸条件がつきます。ただし、第2日曜日だけは『ふれあいの日』として家族や友人も利用可能となっています。施設利用料は200円。休館日は木曜日、第1・3・5日曜日、第2水曜日、祝休日(祝休日が他の休館日に当る時はその翌日)、年末年始と結構あるので注意が必要です。ここでは鉱泉を利用した温泉があるそうです。その他にも卓球、ビリヤード、カラオケ、囲碁将棋などが用意されています。

温泉は10人ほど入れるそうです。温泉の利用時間は10時から16時までとなっています。P1000132_2 P1000127

                     

                   

                       

鷲林寺さんへ。静かな時間がここでは流れています。ご本堂の前のベンチで暫し休憩です。荒神堂の看板が目に付いたので行ってみます。少し坂を上ったところにありました。かまどの神としては清荒神さんが有名ですが、ここ鷲林寺さんとは同体と古文書にあるという。ここには四国88ヶ所のお砂踏みがありますが、お寺さんの石が2本壊れていました。1本は根元からポッキリと折れて、1本はバラバラになっていました。新しいお堂が目立ちますが、こちらを直して欲しいと思いました。桜の季節にはライトアップもするお寺さんです。ただ桜がどうも病気になっているようです。幹に苔が生え、樹液を息苦しそうに出しているのが気になりました。ここのお寺さんが好きなので是非目を配ってあげて欲しいと思います。P1000149 P1000147 P1000151 P1000150

                    

                      

 

甲山森林公園。入口にある案内所で園内のパンフレットを頂きます。入口の案内板には2月下旬の日付で梅林広場の梅が見頃と伝えています。今はどうなのかな?と思いつつみどり橋を渡り時計と反対周りに歩きます。彫刻の道から見る甲山はいつ見ても素敵な光景です。梅林が近付くと見るよりも早く匂いで分かります。紅梅が綺麗です。近くで観ると枯れた花もあるのですが、遠目で見る限りOKです。可愛い彫刻が梅をじっと観ていました。P1000163 P1000158 P1000175 P1000179 P1000182 P1000181 P1000184 P1000183

|

« 教習所の先生 | トップページ | 大阪モーターサイクルショー2008 »

コメント

おぉ~、まさに満開のサクラですね!
予報でも3月31日、4日1日といった発表が
各機関から行われてましたが。
以前、温泉地などで、源泉付近で地熱が高い
場所は早く咲くというようなテレビを見ましたが、
地温があがるような要素があったのかもしれませんね。

スミマセン。
夢のないことを書いてしまいました...

投稿: kazuh | 2008年3月 9日 (日) 21時17分

夙川の上流にある個人のおうちの庭にあった
一本桜です。
(桜ですよね~?)
そうですね、物事にはなにか理由があるはずです。
でも夙川の固い蕾を見た直後だっただけに
随分と不思議な感じを受けました。

今年はどれ位の桜たちに出逢えるか
今から楽しみです。

投稿: tetsu | 2008年3月 9日 (日) 22時22分

夙川上流の川の東側のお宅の桜の木ですよね? 私も先週見ました。
ちょっと色が濃い目なのでソメイヨシノじゃないのかもとは思うのですが、
でもよく似ているのでビックリしますよね。
もうちょっと北?の越木岩神社さんはこれから椿が見ごろのようですよ。

投稿: にゃんこ | 2008年3月10日 (月) 16時46分

おお、見事な夢の桜ですね。
最強カブだとどこまでも行けるから安心ですね。
私のスペイシーもそろそろ起動させようかな。

投稿: keiichi_w | 2008年3月10日 (月) 20時37分

>にゃんこさん
にゃんこさんがご覧になった桜?と一緒です。
帰ってきてから『桜 梅 桃 違い』と
入力して調べてみましたが、花枝の有無など
調べれば調べるほど桜になってしまいました。
アーモンドなども桜に間違えられるそうです。
それにしてもこの時期に満開の素敵な花を
みせてくれたこの樹に感謝です。

越木岩神社の椿ですね。
例年、梅や桜は被写体となるのですが
そういえば椿を撮りに行ったことはありませんでした。


>keiichi_wさん
こちらの方はこの土日は暖かかったです。
近所の甲山森林公園の梅ももう最終章を
向かえようとしていました。
それにしても月ヶ瀬恐るべし、です。
来年のリベンジ期待しております。

スペイシーもお乗りなんですね。
旗艦CB1300とFTRはよくレポートに
登場されるので知っていたのですが。
スペイシーでご近所探検も楽しそうですね。
是非、寝た子を起こして下さい。


投稿: tetsu | 2008年3月10日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/40438595

この記事へのトラックバック一覧です: 春の探検:

« 教習所の先生 | トップページ | 大阪モーターサイクルショー2008 »