« ガソリン狂想曲 | トップページ | 浅香山浄水場 »

2008年4月29日 (火)

子安地蔵寺

Dsc_0013 関西花の寺霊場第二十四番札所『藤の寺 子安地蔵寺』 今年はまだじっくりと観ていない藤の花を求めて葛城山系三石山の麓にある地蔵寺へ行ってきました。

【本日のコース】西宮→2号線→43号線→弁天町→26号線→堺→仁徳天皇稜→310号線→河内長野→371号線→紀見トンネル→106号線→地蔵寺(目的地のお寺さんとは別)→南海高野線紀見峠駅SS(給油)→105号線→地蔵寺(本日の目的地)→普賢寺→371号線→島ノ谷→南海高野線天見駅→310号線→三国ヶ丘辺りで迷子(堺市民マラソンで交通規制の為)→(やっとのことで)浅香山浄水場→26号線→住吉公園→住吉大社→26号線→花園北→43号線→神戸→元町交番ハーバーランド→大倉山→山手線→異人館→北野クラブ ソラ→つつじ見学→山手線→2号線→西宮→SS(給油) 注:青字は立ち寄りスポット

カブでトンネルを走るのは少し怖いです。DSCであれば流れに乗れるのですがカブですとそうもいきません。サンデードライバーやバイクのことを目の敵とする人達がトンネルを恐怖の館と化します。紀見トンネルを抜け右折のタイミングを窺います。106号、よっしゃ~と元気良く曲がって行きます。細い道です。あれれっ? お寺さんがありますが藤の花は見当たりません。トレッキングをされていた方にお尋ねしますがよく分かりません。お寺に入っていくとご住職が水行をされています。とてもではありませんが、道など尋ねる雰囲気ではありません。仕方なくさらに奥に行くと紀見峠の駅に着きます。案内板もありません。再び来た道を戻るとおばあちゃんが坂道を降りてこられます。おばあちゃんによればここのお寺も地蔵寺だが、藤の花の地蔵寺は2つ先の駅、とのことです。右折のタイミングが早過ぎたようです。

371号線に戻り南下していくと地蔵寺の看板が出ています。大きな交差点を右折していきます。普賢寺を過ぎると間もなく地蔵寺です。髪を茶色に染めた近所のやんちゃなお兄ちゃんが駐車場の整理に当っています。カブは入口横の邪魔にならない処に止めさせてもらいます。カメラバックを降ろしいざ出陣です。

入口で300円也を支払います。参拝しに来ている人達は殆どおらず、花を観に来ている人、そしてカメラマンたちがいます。時間と共にその数はどんどん増えてきます。境内に入るとすぐに池がありますがその手前に藤棚があります。そこには赤長藤、口紅藤、九尺藤、八重黒龍、紫ガピタンなどが満開になって来た人を迎えてくれます。

階段を上るとご本堂です。そこにも九尺藤(冒頭写真)と白野田藤が素敵な姿を魅せてくれています。時間と共に花たちに光が当りだします。光を透した花びらがまた違う表情を魅せてくれます。でもその花たちに魅力を感じているのは人間だけでは無いようです。大きなクマ蜂が顔の近くで羽音を立てて僕を威嚇しています。その時はすぐさま撤退です。

境内左後方から花の路が続いています。藤の他にも八重桜などたくさんの花がありました。四国88ヶ所に倣って『関西花の寺25ヶ所霊場』があります。お寺さんもいろいろと考えられています。一番札所觀音寺さんからはじまり第25番札所歓心寺さんまでです。僕が今まで行ったお寺さんでは永澤寺(ようたくじ、第11番)があります。同霊場会公認の巡拝の会HPのアドレスはこちらです。http://jyunpai.fc2web.com/ Dsc_0058 Dsc_0048 Dsc_0043 Dsc_0023 Dsc_0072 Dsc_0066 Dsc_0104 Dsc_0116 Dsc_0130 Dsc_0120 Dsc_0219 Dsc_0141 Dsc_0236 Dsc_0224

                      

                       

                  

                     

                      

カメラのバッテリーがフル充電だったのにすぐに駄目になりました。寿命かもしれません。今日はこの後に浅香山も待っています。予備電池はひとつしかありません。もっとレンズ越しに花たちと向かい合って居たかったのですが大人なのでちゃんと後先のことを考えて行動します。カブに跨りつぎの目的地を目指します。ただその前に普賢寺さんへ寄り道です。当寺は『紀伊西国第一番 延命山 普賢寺』が正式名称で、現存の普賢延命尊では法隆寺の御像について日本に2番目に古い由緒ある仏像を有しています。ご本堂の賽銭箱の横にはお寺のパンフレット共に仏前勤行次第(般若心経ほかお経が書かれています)が自由にお持ち帰り下さいと置いてあります。また地蔵寺さんへの行き方まで手書きで分かり易く案内をされていました。大人のお寺さんだと思いました。Dsc_0195 Dsc_0213 Dsc_0315 Dsc_0165 Dsc_0261 Dsc_0230 Dsc_0271 Dsc_0252 Dsc_0296 Dsc_0287

|

« ガソリン狂想曲 | トップページ | 浅香山浄水場 »

コメント

tetsuさん

わたしも最近フジを撮影しました。

ヤマフジの見ごろはもう少し先のようです。

きょう、間に合えば仁川にシバザクラ見に行ってみます!!

投稿: SHIN | 2008年4月30日 (水) 14時03分

うちの近所のあるヤマフジは今が
真っ盛りのようです。
日に日に房全体がボリュームを
増して行くのを見るのが楽しみに
なっています。

SHINさんのHP
素敵なシバザクラがありました。
仁川はまだ大丈夫でしたでしょうか。
僕が行った時も近くで見ると
元気の無いものも混ざっていました。
ここ数日の暖かさが逆に気になります。

投稿: tetsu | 2008年4月30日 (水) 22時11分

時期的には盛りを過ぎていました。。。

桜は葉っぱが出るまで、どの瞬間もきれいですが、シバザクラは枯れるときがいまいちですね。

さすがはサクラです。

投稿: SHIN | 2008年5月 1日 (木) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/41034608

この記事へのトラックバック一覧です: 子安地蔵寺:

« ガソリン狂想曲 | トップページ | 浅香山浄水場 »