« 荒牧バラ園 | トップページ | 高松塚古墳壁画再現展示室 »

2008年5月17日 (土)

伊勢本街道経由で『てんぷる』さんへ

P1000173 ふらりと訪れた『らーめん 中華料理 てんぷる』さんのHP。そこにあったのは驚愕の『閉店のお知らせ』のアナウンス。5月一杯で閉店されるとあります。以前は食事もせずお茶だけ戴きました。その際こんどは『ちゃんと食べに来ます』と約束しました。今日その約束を果たしてきました。昼どきはお忙しいと考え、少し遅れて入ろうとそれまでに大きく遠回りの寄り道を考えます。(本日の写真機:LUMIX FX-01)

【本日のコース】注:青字は立ち寄り場所:西宮→2号線→梅田→1号線→8号線→阪奈道路→奈良公園→169号線→天理→25号線(名阪国道)→道の駅 針テラス→369号線→都祁村→榛原町→シャクナゲの丘→曽爾村→道の駅 御杖(みつえ) 姫石の湯→368号線(伊勢本街道)→三多気(みたけ)の櫻名松線 伊勢奥津の駅奥津宿道の駅 美杉→166号線→深野の棚田→166号線(和歌山街道)→沈下橋→道の駅 飯高→つつじの里 荒滝コスモ石油飯高町SS蓮(はらす)ダム→奥香肌峡温泉 ホテルスメール→洞窟美術館→50,000km達成→しだれ桜 高見の郷→東吉野町温泉→16号線→天誅組遺跡(終焉の地)ニホンオオカミ像→370号線→169号線→370号線→五條→310号線→天狗茶屋 ニジマス・アマゴつり場→歓心寺→河内長野→狭山→『てんぷる』さん→26号→43号→西宮

鹿が朝の公園をゆっくりと歩いています。鹿とも遊びたいのですがここは我慢。天理からの名阪国道は時速60km制限なのですが誰一人守っていない不思議な道です。覆面パトカー(グレーのクラウン)に捕まえられた車が気の毒でした。この時期の針テラスはバイクの屋外展示場の様です。スーパースポーツからビックアメリカンまで色々なバイクが勢揃いです。しかも皆さん、ここで時間をたっぷり取っているようです。駐車場から出て行くときには皆さんの視線がそのバイクに集中されます(自意識過剰?)。ここでかっこ悪いことは出来ません。今日の出来は80点でした。

榛原を過ぎると大自然の素晴らしさ満喫コースへと突入していきます。地図にはなかったシャクナゲの丘でバイクを止めます。目の前にすごい数の石段が天まで延びています。石段の両脇にシャクナゲが咲き誇るのですが少し時期が遅かったようです。観光客も誰もいません。P1000014 P1000013 P1000019

                    

                      

伊勢本街道。昔は大阪の人たちが伊勢参りにこの道を歩いたと思うと感慨深いものがあります。途中、三多気(みたけ)の櫻に寄り道します。すごく狭い道です。花の季節にはここに大勢の観光客が来るのだと思いますが、車ですともう身動きが取れなくなること必至です。この春もどうだったのでしょうか。在原業平や平清盛らもここの花を愛でいたようです。シーズンには1.5kmに渡る参道の桜たちが素晴らしい風景をプレゼントしてくれます。P1000045 P1000027_2

                

                    

                     

                        

ツーリングマップルに『旧道は宿場町の雰囲気を残す』とあります。伊勢奥津の駅を目印にしますが、本当に小さい駅で国道からはうっかりしていると通り過ぎてしまいます。ホームにぽつんとあった行き先案内板に気付いてUターンします。しばらく誰もいない駅舎でボケーとします。いつもボケーとしているので余り変化はありません。駅から伊勢本街道までは目と鼻の先です。本街道の案内板や素敵な味噌屋さん?を撮っていると先ほどまで店先で取引先と打ち合わせをされていたご主人が『どこから来られましたか?』と尋ねてこられます。神戸からとお答えすると随分遠いところから、と感心されていました。ご主人に青い屋根の家を曲がって行くと風情の残る街道が見ることができると教えて頂きます。立派なお店に思わず『素敵ですね』と云うと『ご先祖さんからの預かりものです』と味のあるお言葉。すごくかっこいいご主人でした。P1000052 P1000060 P1000061

                

                    

                  

368号線も三重県松坂市に入ると途端に道が狭くなりタイトなコーナーが続きます。8m以上の大型車はここから進入禁止です。下界が近付くにつれて木々で覆われていた視界が開けてきます。

166号線にぶつかります。目的地へは右へ進路を取る必要がありますが、ここでは一度左へ舵を取ります。『深野の棚田』が目当てです。看板もなく一旦少し行き過ぎましたがすぐに引き返し狭い道をDSCで上がって行きます。ここでは石積みの棚田を見ることが出来ます。まだ苗は植えられたばかりでありました。あと深野は松坂牛発祥の地だったらしく石碑が建っていました。再び166号線に戻ると眼下を流れる川に沈下橋が掛かっていました。DSCで降りていきたかったのですが帰って来れなくなる可能性があったので素直に諦めます。P1000091 P1000096 P1000110 P1000102

                         

                     

DSCで初夏の道を快適に飛ばします。もう素晴らしく気持ちの良い季節です。『つつじの里 荒滝』の大きな看板を目印に山に入っていきます。突き当りまでDSCで行きましたがどうやらつつじの季節はとっくに終わってしまったようです。枯れて萎れた花びらが風に揺れていました。というのも今日のTVで葛城山のつつじがいま満開の見頃を迎えているとの情報があったのでちょっぴり期待してしまったのですが、さすが葛城山、標高が違うのでしょうね。

166号から569号へ蓮ダムへと向かいます。DSCのオドメーターも50,000kmまであと僅かです。運転に集中していると記念写真を撮り忘れてしまいます。ここからはしっかりと走行距離を睨みながらの運転です。蓮をなかなか『はらす』とは読めません。大きなダムでしっかりと手摺がありますが、高い所がちょっと苦手な僕です。見ていると引き込まれそうな感じがしてどうしても腰が引けてしまいます。へっぴり腰のまま後退りです。P1000123 P1000127 P1000131

                  

                      

        そして昨日まではもっとも期待していた洞窟美術館へ。昨日まで、と注釈があるのはwebでその内容を知ってしまったからです。ツーリングマップルで『東南アジア各国の仏像や陶磁器が洞窟内に展示されている珍しい美術館』とあってので勝手にイメージをしてしまっていました。ちいさな手掘りに近い洞窟で、小さいけれども凛とした素敵な仏像が薄暗い中でスポットライトを浴びて浮び上がっている様子をイメージしていました。でもwebで見ると所謂B級スポット的な場所のようです。どうもいけません、というか全くいけません。結局、美術館の前で記念写真だけ撮ってさよならしました。

50,000km達成。DSCはカブと違いデジタル表示です。だから一桁目の0がピッタリでなくてもずれたりはしません。前後の車に注意しながら邪魔にならない場所にDSCを止めます。ひとり祝杯をあげます。町中ではなく、川と山とに囲まれた中で達成できたことが嬉しいです。

166号に戻り、16号線への入口に気をつけながら走ります。青看板の前でDSCを止めて地図で確認します。吉野の文字を見つけて勇気百倍、間違い無いようです。16号に入るとすぐに天誅組遺跡と大きな石碑があります。ここで天誅組総裁吉村寅太郎は密告により発見され銃弾に倒れました。P1000138 P1000147

                    

                    

                  

少し行くと今度は『ニホンオオカミ像』があります。なんとここで日本最後のオオカミが捕えられたそうです。1905年(明治38年)のことです。そのオオカミは英国人により買い取られ今は大英博物館に展示されているそうです。P1000159 P1000155

                  

                  

                  

その後、五條から310を高度を上げていきます。そして歓心寺を経由し、河内長野で迷子になりかけ(どうしてこうもややこしいのか、いつも嫌になります)、堺市内に入るとやがて『てんぷる』さんのお店に到着です。

夕方の開店前に到着してしまったので店先でどうしようか、すこし躊躇いましたが、ドアを開けるとてんぷるさんはお休み中でした。お休みを中断してしまいました。申し訳ない。でもてんぷるさんは嫌な顔もせずご対応してくれました。バイク談義に花が咲きます。

チャーハンと水餃子を注文させてもらいます。両方とも美味しく頂きました。特にチャーハンはなんでこんなに美味しいんだろう、と思う位美味しかったです。そこにはてんぷるさんのプロならではのこだわりの一手間がちゃんと掛けられていました。P1000168 P1000170

                      

                    

てんぷるさんの次のステージでのご活躍を祈念しております。てんぷるさん、ご馳走様でした。とても美味しかったです。

|

« 荒牧バラ園 | トップページ | 高松塚古墳壁画再現展示室 »

コメント

驚きました

 てんぷるさんがお店を閉めるんですね
 すぐHP見てみます。

投稿: kanoko551 | 2008年5月17日 (土) 22時16分

ビックリしました。
でもてんぷるさんご自身がご判断されたこと、
新しい次のステージで頑張って貰いたいです。

投稿: tetsu | 2008年5月18日 (日) 15時27分

 先日はわざわざ遠い所おいで下さいまして有り難うございます。

 人生色々遊び半分で次のステージも張り切って行きたいと思います。

 まさかこの歳でまた履歴書を書くとは思いませんでした(笑)

投稿: てんぷる | 2008年5月18日 (日) 22時16分

>てんぷるさん
この日は突然の訪問にも係らず
こちらこそどうもありがとうございました。
チャーハンも餃子も大変美味しかったです。
ご馳走様でした。

PS
新しい相棒ももうすぐですね。

投稿: tetsu | 2008年5月19日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/41237135

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢本街道経由で『てんぷる』さんへ:

« 荒牧バラ園 | トップページ | 高松塚古墳壁画再現展示室 »