« 紫陽花日和Ⅱ | トップページ | 大幅ディスカウント♪ 97%OFF »

2008年6月29日 (日)

モディリアーニ展

P1000088 新聞社の愛読者キャンペーンに応募して招待券を戴きました。大阪中之島にある国立国際美術館で開催される『モディリアーニ展』。

国立国際美術館HPより

1884年にイタリア・トスカーナ地方に生まれたアメデオ・モディリアーニ(1884−1920)は、フィレンツェやヴェネツィアの美術学校に学び、1906年にパリに赴きました。アフリカやオセアニアなどの民族美術が持ち合わせるプリミティヴな感覚に触発され、次第に簡潔で鋭い造形感覚を示すようになります。原始美術の素朴で純粋な造形は、当時ピカソやマティス、エコール・ド・パリの画家たちが独自のスタイルを探求する過程で重要な指針でした。
 モディリアーニはしばしば、35歳で没した悲劇的なボヘミアン画家というイメージで語られてきました。しかし近年では、その短い画業を通じて原始的な芸術を理知的に分析しながら西洋美術の造形理念との融合を試み、プリミティヴィスム(原始主義)を革新的な芸術創造に結びつけた画家であったことが、明らかになってきています。
 本展には、日本初公開の作品も多く含まれ、全油彩作品がわずか400点にすぎないと言われるモディリアーニの展覧会としては、世界的な大回顧展となります。画集などで見慣れた人気の名画はもちろんのこと、モディリアーニ芸術の源泉となる初期のプリミティヴィスムの作品など、油彩・素描、約150点が揃う貴重な機会となります。

美術に縁遠い僕ではありますが、この肖像画にはどこかで出逢った記憶があります。不思議な魅力があります。

|

« 紫陽花日和Ⅱ | トップページ | 大幅ディスカウント♪ 97%OFF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/41678922

この記事へのトラックバック一覧です: モディリアーニ展:

« 紫陽花日和Ⅱ | トップページ | 大幅ディスカウント♪ 97%OFF »