« 宝塚歌劇 | トップページ | 紫陽花日和Ⅰ »

2008年6月22日 (日)

西宮太鼓フェスティバル

Dsc_0589 昨日に引き続き、今日も雨。天気予報では午後から雨は上がると言っていますがさてどうでしょうか。休みの日は電車に乗らない体質?なのでありますが、2日連続の電車乗りとなりました。というのも今日は(バイクの)師匠の公演がなるお文化ホールであるからです。『第7回 西宮太鼓フェスティバル』です。

西宮に地縁のある7つの太鼓のチームが日頃の練習の成果を披露してくれます。出演は『厄神太鼓』『学文中学校和太鼓部』『和太鼓かざぐるま』『凛華』『太鼓社中夙川太鼓』『鼓心太鼓』『和太鼓松村組』(以上出演順)です。和太鼓松村組は神戸新聞のCMでも知られているプロフェッショナルのチームです。

リハーサルの時間に舞台袖から写真を撮ります。本番中は最後列からの写真しか許可されなかったからです。最後列真ん中にポジショニング。すぐ前にはビデオカメラ3台体制の方がいらっしゃいます。てっきりプロの方と思いましたが、そうではないとのこと。他にもケーブルテレビのクルーが来ていました。高校生らしい男の子が『関係者』との黄色い腕章を付けて可愛い三脚にNIKON D70Sを付けています。本番間際にも係らず一生懸命取扱説明書を読んでいます。声をかけるとフラッシュが焚かれない様にしたいのだが設定が分からないとのこと。これこれだよ、と教えてあげると嬉しそうに笑顔を返してくれました。でも僕より良いカメラなんですよね。クスン。

ほかの太鼓のチームが演奏している時は楽しく聴けるのですが、なぜか師匠のときは力が入り過ぎている僕がいます。僕が緊張しても仕方ないのですが・・・ それでもちゃんとパラパラ漫画が出来る位、シャッターを押し捲ります。あらかじめ僕の両隣の方たちにはシャッターの音で迷惑をお掛けしますがお許しを、とご了承を頂戴しています。でもこの連続シャッターは予想されていなかったかもしれません。ごめんなさい。

最後の演奏チームである松村組の演奏が終わると観客からはため息と割れんばかりの拍手が贈られます。さすがにプロ、その迫力と舞台の魅せ方は圧倒的です。今日も素敵な時間を頂きました。師匠、ありがとうございました♪

開演する頃には晴れていた空も途中から大雨となっていました。でも舞台終了の頃には小雨になり傘も殆ど要らない位でした。この2日間はお天気に振り回されました。Dsc_0393 Dsc_0651 Dsc_0296 Dsc_0558 Dsc_0275 Dsc_0036 Dsc_0199 Dsc_0184

|

« 宝塚歌劇 | トップページ | 紫陽花日和Ⅰ »

コメント

これ ポスターを見ていってみたいなぁト思っていたのだけれど この2,3日体調がも一つだから 行けませんでした
実を言えばすっかり忘れていました

鳴尾文化ホールって東高校のところですよね
以前に 国立図書館かどこか所蔵の名画鑑賞会(500円)に行ったことがあります
晴れの日なら自転車エリアです

和太鼓 いいですね
おなかに響くあの音 すごいです 動画で撮ると音が割れてしまいますね

< パラパラ漫画が出来る位、シャッターを押し捲ります

ハハハ 笑っちゃいますね
私もよさこいのときはそうです

でも 一眼のKiss Xならできるのですが G9は 遅くてだめです
鳥も飛んでいってしまいます
シャッター音消せますが 私は消してしまうとほんとうに落ちているか不安になって 集中できません

投稿: TOSSY | 2008年6月23日 (月) 13時49分

>TOSSYさん
御身体の方は良くなられましたでしょうか?
梅雨の時期、ジメジメとした日が続きますが
ご自愛下さい。

なるお文化ホールとともに
カッコ書きで東高校ホールと
パンフレットにありました。
ららぽーと甲子園の南側です。

この日も24枚撮りフィルムでしたら
50本以上撮ったこととなりました。
この日の為に2ギガのメモリーカードを
追加購入し、用意したのが正解でした。
デジタルだからこそ出来る喜びです。

よさこいも撮り処がたくさんですね。
旅行会社(阪急トラピックス)から
送られてくるパンフに
『南国土佐 元祖 よさこい祭り』や
『日本三大盆踊り 阿波おどり』が
あります。
前者が9,900円、後者が5,980円です。
多分どちらもひとり参加可能と思われ
日帰りの強行ツアーですが魅力を感じています。
休みの関係で無理なことは分かっていますが
いつものように空想旅行をしています。

投稿: tetsu | 2008年6月23日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/41615254

この記事へのトラックバック一覧です: 西宮太鼓フェスティバル:

« 宝塚歌劇 | トップページ | 紫陽花日和Ⅰ »