« 六甲 天覧台 | トップページ | ピンクリボンフェスティバル »

2008年9月23日 (火)

西宮まつり

                                                                  Dsc_0109_2

              

    9月21日(日)西宮神社宵宮祭、22日(月)西宮神社例祭、23日(火・祝)みこし渡御の3つの祭事を合わせて『西宮まつり』といいます。今日の連続テレビ小説『瞳』でも住吉神社例大祭の中で西田敏行扮する一本木勝太郎さんたちが隅田川を渡御する船渡御祭(ふなとぎょさい)に斎行していました。

西宮のこのお祭りも大層な歴史を背景にもっています。織田信長による社領没収により廃絶されたお祭りでしたが、1954(昭和29)年に陸渡御が、2000(平成12)年にはなんと400年ぶりに船渡御が復興されました。

西宮浜の跳ね橋をくぐる御座船を中心とした船団を写真に収めようと目論んでいました。パンフレットにもそのような光景があって素敵だったからです。カブで現地(西宮大橋)に赴くと既にカメラマンたちが一定間隔で場所をキープして船団の到着を待っています。待つこと30分ほどしてやっと目の前に現れてくれましたが、跳ね橋の向こうに止まったままです。向こうで祭事を行いそれからこちらに来るんだな、と思いました。案の定、跳ね橋がサイレンを合図に上がっていきます。お~、いよいよだな、と思っていると船は動かず、跳ね橋だけが元の鞘に納まっていきます。ん?ちょっと変。

結局、船団は跳ね橋をくぐらず来た道を戻って行きました。橋の上にいた多くのカメラマンや見物客からは『なんじゃこりゃ?』の不満の声が聞かれました。パンフレットにもルートがちゃんと記載されているにも係らず突然の変更。きっと何かがあったのだとは思いますが残念でした。

残念のままではすっきりとしないので新西宮のヨットハーバーへ向かいます。船団がそこに戻るからです。神輿を戴いた船を中心に巫女さんたちの船、踊り手たちの船などが次々と戻ってきます。やっと祭りらしい雰囲気に触れることが出来ました。Dsc_0135 Dsc_0084 Dsc_0064 Dsc_0112 Dsc_0179 Dsc_0085 Dsc_0165 Dsc_0159 Dsc_0252 Dsc_0217 Dsc_0347 Dsc_0344 Dsc_0357 Dsc_0322 Dsc_0276 Dsc_0304 Dsc_0385 Dsc_0378

|

« 六甲 天覧台 | トップページ | ピンクリボンフェスティバル »

コメント

今日西宮大橋を車で通った時に、西向きに
カメラを持った人がけっこういたので
何かあるのかなぁ...と思っていたら、
ヨットハーバーを見ててやっとわかりました。
ひょっとしたらその時tetsuさんもその中に
おられたかもしれませんね。
船渡御ってそんな背景を持ったお祭りだった
のですね。これまた知りませんでした...

投稿: kazuh | 2008年9月23日 (火) 21時50分

きっと西向きカメラマンの中に僕も
居たと思います。
跳ね橋と御座船軍団の組合せを狙っていた
カメラマンたちはブツクサ文句を言いながら
散らばっていきました。
僕もその後モヤモヤした気持ちを抱えて
ヨットハーバーへ行きました。
kazuhさんとは2ヶ所で超接近して
いたことになりますね。

神事なので盛り上がり云々を言うべきでは
ありませんが、お祭りらしさを期待して
行っておりましたので少々拍子抜けの面が
あったのも事実でした。

投稿: tetsu | 2008年9月23日 (火) 22時02分

あらら、どうしたのでしょうね? 残念でしたね。
午後からは用事があったので行けませんでしたが、来年こそ、
いやそれとも、和田岬で渡御船を待ってるのもいいかも(笑)
私のブログにこの記事のリンクを張らせて頂きました<(_ _)>

投稿: にゃんこ | 2008年9月24日 (水) 08時56分

にゃんこさんへ
リンクありがとうございます。
にゃんこさんのお蔭で例祭や陸渡御の
様子がよく分かりました。
それにしても船団の突然のUターン
なんだったのでしょうね。

和田岬の砲台は先日僕が迷いに迷った末に
三菱重工の工場内にあることを知りました。
和田神社の最初の所在地はやはり工場内に
あり、今でも石碑があるようです。
神社は現在の処に移され今に至っているようです。
でも工場内からは海は見ることが出来ません
と案内して頂いた方から説明を受けました。
跳ね橋と同じく肩透かしを喰ったら悔しいので
ここはじっと我慢することにします。

投稿: tetsu | 2008年9月24日 (水) 20時54分

お前浜でUターンだったのですか
どうしたのでしょうね
私は2回見ていますが どちらもくぐりましたよ


蒲団みこしの船も在ったのですか
これはあたらしいみこしですね

人形講の船も以前は踊ったりしていなかったように思いますが 踊っていますね

今日は 海洋博物館での颯爽パネル展に行ってきました

投稿: TOSSY | 2008年9月27日 (土) 19時22分

Uターンは謎に包まれたままであります。
たくさんのカメラマンが居ましたが
みんなキョトンとしておりました。

蒲団みこしはヨットハーバーに置かれていました。
船が着くとトラックに載せられて連れられていきました。

人形講の方たちは結構長く踊られていました。
お囃子に合わせて船が岸壁に着く前から
そして他の船が着いてからも暫くの間
ずっと踊られていました。

海洋博物館にはカワサキのバイクを観に行きましたが
写真展もやっているのですね。
TOSSYさんもバイクに跨って
来られたのでしょうか?(笑)

投稿: tetsu | 2008年9月28日 (日) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/42568061

この記事へのトラックバック一覧です: 西宮まつり:

« 六甲 天覧台 | トップページ | ピンクリボンフェスティバル »