« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

武庫川コスモス畑

Dsc_0309 先日行った折にはまだ殆ど咲いていない状態でした武庫川河川敷のコスモス。さ~て今日はどんな具合になっているかな?とちょっぴり期待して寄り道です。

う~ん、まだ3分咲という感じです。花芽がたくさんあります。駐車場が300円、協力金という名目で必要になったようです。 Dsc_0298_2 Dsc_0237_3 Dsc_0360_2 Dsc_0273 Dsc_0315 Dsc_0329 Dsc_0366 Dsc_0364 Dsc_0387 Dsc_0349

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新月祭

学園祭の季節です。ご近所の関西学院大学でも10月31日(金)から11月3日(月・祝)まで『新月祭2008』と題して若人が集います。キャンパスの中に素敵な庭園があるのを知りました。でもモミジたちはまだまだ色付いておりませんでした。Dsc_0224 Dsc_0226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瑞宝寺公園

Dsc_0077 有馬温泉に秀吉が愛した紅葉の名所があります。瑞宝寺公園。今週末の2日(日)と3日(月・祝)は有馬大茶会が催されます。そして紅葉の盛りの時期には交通規制が敷かれ公園へのアクセスが出来なくなります。少し早いですが平日の昼下がり、DSCで訪れてきました。

まだまだ緑の公園でしたが、日暮の庭付近だけ紅く頬を染めていました。Dsc_0051 Dsc_0067 Dsc_0010 Dsc_0089 Dsc_0111 Dsc_0106 Dsc_0102 Dsc_0113 Dsc_0148 Dsc_0128 Dsc_0186 Dsc_0203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

からほりナイトクルージング

Dsc_0554 からほりはお寺の町でもあります。谷町7丁目から谷町9丁目までの谷町筋の両側にはお寺さんがズラッと並んでいます。その中でも進取の気象を有するお寺さんがこのからほりまちアートに賛同し中夜祭として25日(土)の夜、お寺を解放してJAZZや義太夫節、小鼓、そして灯籠展示などの素敵を提供してくれています。

その中でも僕の中の一番が雲雷寺で行われるJAZZライブ。お寺とJAZZ、少し不思議な関係ですが後でお聞きしたご住職さんのお話によれば敷居の高いお寺をもっと身近なものに感じてもらいたいとの思いからのチャレンジだったそうです。出演者は第一部が「和田雅紀とその仲間たち」 第二部が「Tommy New Quintet」です。出演者の方も社務所などでやるのかな?と思われていたそうですが実際には写真のとおり ご本堂の仏様の前での演奏です。しかも仏さんにお尻を向けての演奏です。

一部は大学生を含めた若手の演奏です。Tommy氏のご縁で本日の演奏となったようです。1時間以上前から練習(ステージでの確認)をされていました。最前列に席をキープしたので本番では写真は他の人に迷惑になるため撮れません。練習中に何枚か撮らせて貰います。一部が終わると一度全員退出となり、再入場です。僕は再入場せず他のお寺を廻ります。ランプや灯りを楽しんだ後、再び雲雷寺さんに戻るとご本堂は入口外まで人が溢れています。冒頭の写真は一番後ろから背伸びして人の頭越しに撮った一枚です。Dsc_0389 Dsc_0559 Dsc_0538 Dsc_0427 Dsc_0491 Dsc_0539 Dsc_0562 Dsc_0515

| | コメント (0) | トラックバック (1)

からほりまちアートⅡ

                                                                    Dsc_0266

                   『時間』 ~立ち止る、振り返る、上を見る~

普段のまちを歩く。立ち止ると、奥へ奥へと続く階段の小さな路地。いっぽうでは長屋の解体現場を目の当りにする。振り返ると、ぽつんと鎮座する小さなお地蔵様。いっぽうではコインパーキングがぽっかりとひらけている。上を見ると、軒からのぞくちいさな青空。いっぽうでは巨大なマンションがそびえ立っている。それがわたしのからほりでの発見。(「からほりまちアート」パンフレットより抜粋)

10月25日(土)・26日(日)の2日間、西は松屋筋、東は上町筋、北は長堀通、南は楠木通の中で『からほりまちアート』が開催されます。普通ならカブで行くところですが町の大きさが分からないのと、街を端から端へ歩くのでバイクだと元の地点に戻らなければならなくなるのを考えて断腸の思いですが電車で行くことにしました。御堂筋線を心斎橋で乗り換え、長堀鶴見緑地線の松屋町駅で下車、出口3番を地上に出るとすぐに長屋再生複合ショップのひとつ『練』が階段の向こうに見えてきます。ここはインフォメーションも兼ねているのでマップを頂きます。マップには出展している55のアーティスト(個人・団体)の名前と作品ジャンルと場所が記されています。55を漏れなく廻るには地図にある番号順に廻るのが一番です。

谷町筋を横切ることが2回ありますが、そのときだけ横断歩道の関係で少し遠回りをしなければなりませんが、それ以外では順調に廻ることが出来ました。それぞれの思いが結集した作品群です。時にはその作者自身が説明してくれることもありました。若い学生のアーティストも多く居ました。

またこの町は町自身がアートでありました。路地、狭い路地、行き止まりの路地、階段のある路地、いろいろな路地がありました。軒先を並べる長屋もありました。Dsc_0025 Dsc_0018 Dsc_0022 Dsc_0020 Dsc_0048 Dsc_0046 Dsc_0050 Dsc_0056 Dsc_0072 Dsc_0057 Dsc_0074 Dsc_0082 Dsc_0101 Dsc_0089 Dsc_0075 Dsc_0094 Dsc_0144 Dsc_0128 Dsc_0132 Dsc_0137 Dsc_0207 Dsc_0155 Dsc_0174 Dsc_0168 Dsc_0224 Dsc_0188 Dsc_0263 Dsc_0190 Dsc_0262 Dsc_0229 Dsc_0271 Dsc_0279 Dsc_0307 Dsc_0290 Dsc_0309 Dsc_0305 Dsc_0345 Dsc_0316

| | コメント (4) | トラックバック (0)

からほりまちアートⅠ

Dsc_0251 Dsc_0029_2 Dsc_0052 Dsc_0097 Dsc_0110 Dsc_0111 Dsc_0115 Dsc_0125 Dsc_0142 Dsc_0183 Dsc_0189 Dsc_0217 Dsc_0227 Dsc_0237 Dsc_0256 Dsc_0261 Dsc_0334 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

丹波焼

Dsc_0138 日本六古窯(※)のひとつ『丹波焼』、昨日と今日の2日間、丹波陶器まつりが開催されています。

※注:瀬戸焼(愛知県瀬戸市)、常滑焼(愛知県常滑市)、越前焼(福井県丹生郡越前町)、信楽焼(滋賀県甲賀市)、丹波立杭焼(兵庫県篠山市今田町立杭)、備前焼(岡山県備前市)

小さい頃は陶器は一緒くたに『瀬戸物』と呼んでいました。関東人の多くがそうであるようです。それにしても灯台下暗し、兵庫県にこんな素敵な場所があることを見過ごしておりました。一週間前には信楽に行きました。信楽は窯元が広く分散しているので歩いて全部を見るのは至難の技ですが、ここ丹波立杭は清流四斗谷川に沿った山側に窯元がお団子のように連なっています。その数約60軒。生活と陶器作りが一体となった素敵な里です。

祭りは本日が最終日ですが、窯元路地歩き と称して11月までの土日祝、約90分のコースでボランティアの方が案内をして下さいます。(お問い合わせ:丹波伝統工芸公園・立杭陶の郷 電話079-597-2034、ガイド料200円) お薦めです。

陶の郷で窯元横丁などを見物し、窯元を歩いて廻ります。無料のマップもいろいろな種類があって自分に合うコースを選ぶことが出来ます。素朴な味わいの陶器たちが並びます。

陶器市会場は少し離れた場所にあるので無料巡回バスが走っています。これに乗りましたが、乗ってから身体がメルトダウンを起こしたように最悪の状態になってしまいました。会場に着いても降りることができずに結局一周してしまいました。運転手さんは変な奴、と思われたと思いますが、暫し休憩をとって事なきを得ました。

その後、『昆の村』という大村昆さんがやられているふるさと体験館に寄ってみます。運の良いことにご本人が来られていました。おじいさん、おばあさんの笑い声が館内に響いていました。ALWAYS続・三丁目の夕日に使われたミゼットも展示されていました。いいな~、ミゼット。Dsc_0039 Dsc_0003_2  Dsc_0208 Dsc_0013 Dsc_0016 Dsc_0036 Dsc_0052 Dsc_0047 Dsc_0066 Dsc_0064 Dsc_0074 Dsc_0068 Dsc_0076 Dsc_0078 Dsc_0093 Dsc_0085 Dsc_0101 Dsc_0095 Dsc_0111 Dsc_0104 Dsc_0117 Dsc_0113 Dsc_0136 Dsc_0126 Dsc_0154 Dsc_0143 Dsc_0159 Dsc_0156 Dsc_0173 Dsc_0170 Dsc_0177 Dsc_0179 Dsc_0196 Dsc_0183 Dsc_0241 Dsc_0168 Dsc_0219 Dsc_0217 Dsc_0230 Dsc_0244 Dsc_0248 Dsc_0234 Dsc_0258 Dsc_0250

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

コスモス畑

武庫川の河川敷にコスモスが咲き誇ります。

http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/flower/082kosumosu.html

荒牧バラ公園の帰り道、いつもの寄り道です。でもこちらもまだまだ早かったようです。とても広いコスモス畑の中にポツンとこの娘たちだけが咲いていました。

Dsc_0164 Dsc_0156

| | コメント (8) | トラックバック (0)

荒牧バラ公園Ⅱ

カブで午後のひととき、荒牧バラ公園へ行ってきました。

http://hccweb1.bai.ne.jp/midoriplaza/03_park/03_index.html

薄手の長袖のシャツを選択、この季節は寒さ対策を念頭に置いておかないととんでもない事になることがありますが、今日はどうやらその心配はなさそうです。

バラ園はまだ1、2分咲きの状況でした。HPではもうすぐ見頃を迎えようとしている、とあります。ウソではありませんが期待を寄せる書き方に誤解してしまう人もあるかもしれません。今日はまだまだです。でも写真を撮るには人も少ないし良かったのかもしれません。被写体のバラたちも先陣を切って咲いた娘たちですがまだまだ綺麗です。マクロレンズを装着し陽射しの強さを利用した素敵を撮ろうと思いました。Dsc_0024 Dsc_0013 Dsc_0047 Dsc_0037 Dsc_0051 Dsc_0059 Dsc_0062 Dsc_0065 Dsc_0085 Dsc_0083 Dsc_0094 Dsc_0128 Dsc_0133 Dsc_0147

| | コメント (2) | トラックバック (0)

荒牧バラ園Ⅰ

Dsc_0081_2 Dsc_0022 Dsc_0078 Dsc_0095 Dsc_0098_2 Dsc_0049 Dsc_0106 Dsc_0143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

信楽

Dsc_0160 Dsc_0167 Dsc_0187 Dsc_0139 Dsc_0116 Dsc_0071 Dsc_0064_2 Dsc_0002_2 Dsc_0023_2 Dsc_0053_2 Dsc_0058_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

湖西

Dsc_0039 Dsc_0074

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長浜 黒壁スクエア

Dsc_0582 Dsc_0588 Dsc_0594 Dsc_0614 Dsc_0627 Dsc_0632 Dsc_0640 Dsc_0643 Dsc_0680 Dsc_0695

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琵琶湖

Dsc_0514 Dsc_0515 Dsc_0516

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

大原 三千院

Dsc_0459 Dsc_0362 Dsc_0363 Dsc_0399 Dsc_0420 Dsc_0441 Dsc_0468

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石山寺 源氏物語千年紀

Dsc_0064 Dsc_0069 Dsc_0150 Dsc_0184 Dsc_0326 Dsc_0337

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

Paradise Prince

午前中は曇りの予定が今日は朝から雨。そうしたらここしかありません♪ 人生2度目のチャレンジです、『宝塚歌劇』へ行ってきました。本日の演題は『Paradise Prince』と『ダンシング・フォー・ユー』(宙組公演)です。朝10時半頃に当日券をゲットしにランクルで宝塚大劇場チケットカウンターへ向かいます。ハザードランプを点滅させて雨の中をダッシュします。11時の開演の為、カウンターは少し混雑しています。15時開演分のチケットは割合と余裕でゲットできました。

一旦家に戻ります。雨は依然として止む気配を見せてくれません。大劇場横に隣接された駐車場は1回1,000円であることを確認済みです。今日はランクルで行くことにします。劇場内にはレストランやカフェテリアなど食事処がいくつかあります。ホール入口付近は人の出入りも多く落ち着きません。大劇場改札近くにある和食レストラン『くすのき』でネギトロ丼を頂きます。

その後、当日券の特典である英国風ナチュラル庭園『シーズンズ』(通常入場料600円が無料となります)で雨の中を散策します。雨なのでD70には標準ズーム(18-70)一本です。素敵な花たちにレンズをもう少し持ってくればと思いました。

再び劇場に戻りますが、まだ開演まで時間があります。そこでプチミュージアム(400円)に入ります。ここでは舞台装置の模型や歴代スターの写真などが展示されています(下に掲載している白黒写真の美女は八千草薫さんです)。背中にあの羽を背負って写真を撮ることも出来ます。でもちょっぴり勇気が要ります。

さていよいよ開演です。『Paradise Prince』はストーリーも素敵でした。『自分の夢に向かって生きることは人を傷つけてしまうのか・・・』 スチュアートとキャサリン。キャサリンはとても可愛くキュートでありました。

そして休憩を挟んでの第二舞台。ダンスダンスダンス。溢れ漲るパワーに圧倒されました。宝塚、素敵です♪Dsc_0050 Dsc_0046 Dsc_0055 Dsc_0065 Dsc_0066 Dsc_0074 Dsc_0091 Dsc_0032 Dsc_0110 Dsc_0107 Dsc_0100 Dsc_0013 Dsc_0124 Dsc_0102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

ピンクリボンフェスティバル

Dsc_0106 1年に一度だけいつもは赤い神戸ポートタワーがピンク色に染まります『ピンクリボンフェスティバル』の一環です。ピンクリボンとは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。東京、仙台、神戸でイベントが開催されます。10月1日、神戸ではポートタワーのほかにも明石海峡大橋やモザイク内大観覧車などがライトアップされ、18日にはシンポジウム、19日にはスマイルウォークが開催されます。Dsc_0018 Dsc_0031 Dsc_0102 Dsc_0080 Dsc_0094 Dsc_0065

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »