« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

大晦日

Dsc_0018    

             

                 

                  

2008年最後の日となりました。今年も一年どうもありがとうございました。今年最後のビックイベントは薄型テレビの購入となりました。42インチが欲しかったのですが、設置場所のスペースの都合上、ひとサイズ小さく37となりました。それでもいま斜めになっています。ちゃんとメジャーで図ったのですが何がおかしかったかきちんと入りません♪ でも♪マークです。滅茶苦茶綺麗です。パナソニック製のプラズマ、ヨドバシでポイント考慮後の実質価格は9万円を大きく割り込んでくれました。夜中に見たドリカムのDVD、思わずコンサートに行っている気分で写真を撮っている僕がいました。そんな僕でありますが、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

大野山

P1000234 いつもの宝塚から篠山へと向かう道を途中、杉生の交差点を左折し山の中へ入っていくと大野山の頂に出ます。ここには大阪にいることが信じられない位の山また山の風景が広がります。 空気が綺麗なのでしょう、猪名川の展望台や甲南大学の天文装置などもあります。日陰になっているところには雪がまだ残っています。細い道は滑りやすくDSCの運転には非常に神経を使いました。天文台の高台から日の出が見えるだろうか、そんな下調べも兼ねていましたがどうやら向きが悪いようです。初日の出はやはり六甲山かな?P1000240_2 P1000238

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

南禅寺 Ⅱ 

2008年最後の日曜日、京都の南禅寺に水路閣を訪ねてきました。

京都にとって、琵琶湖の水を引くことは昔からの夢でした。第3代京都府知事となった北垣国道は、明治維新による東京遷都により衰退した京都に活力を呼び戻すため、琵琶湖疏水の建設を構想しました。疎水の水力で新しい工場を興し、舟で物資の行き来を盛んにしようという計画です。 (中略) 琵琶湖疏水は着工から5年後の明治23(1890)年に完成しましたが、水力発電を採用したおかげで、新しい工場が生まれ、電気鉄道も走り出し、京都は活力を取り戻しました。それから20年後、更に豊かな水を求めて第2疎水を建設しました。同時に水道と市営電車を開業したことにより、今日の京都のまちづくりの基礎ができあがったのです。 琵琶湖疏水は、まさしく明治から現在に至るまで、京都に命の水をもたらしているのです。(パンフレットより抜粋)

171号で京都に入り、東大路通を北に、東三条をひとつ過ぎた交差点を右折していくと左手に朱色の大きな鳥居が見えてきます。鳥居の向こうは平安神宮です。琵琶湖疏水に沿って交差点をまっすぐに進んでいくと南禅寺に到着です。

バイクは三門真正面の場所が駐輪場となっているので無料で止めることができます。『南禅寺Ⅰ』の一番下の写真の門(三門ではありません)を潜ってすぐ左側です。四条の賑やかさとは少し趣を異にします。何よりも人が多過ぎないのが素敵です。法堂、本坊を抜けると『水路閣』です。明治に作られた疎水の通路です。お寺の境内をぶち抜くとはびっくりしますが、不思議とその景観はマッチしています。カップルで来た若い二人は俄かモデルとカメラマンになって睦まじくジャレています。水路閣、とっても素敵です。細かい雨が降ってきたり、雲の合間から光が射してきたり複雑な空模様です。水路閣の上に登って、「インクライン」へと向かいます。 Dsc_0017 Dsc_0005 Dsc_0058 Dsc_0049 Dsc_0111 Dsc_0084 Dsc_0112 Dsc_0116 Dsc_0131 Dsc_0124 Dsc_0153 Dsc_0135 Dsc_0159 Dsc_0152 Dsc_0202 Dsc_0212 Dsc_0148 Dsc_0215

               

                

「インクライン」とは傾斜鉄道のことで、傾斜となった路面を貨車が舟を積んで運びます。今ではもう使われていません。でもその跡である線路や貨車、そして舟がそのまま残っています。桜の季節にはよく写真が撮られる場所であることから名前は知っていたのですが、来る機会がありませんでした。桜の季節にはまた来たいものです。

知恩院前に2つの『かばん屋』さんがあります。一澤帆布と一澤信三郎帆布です。兄弟ですが骨肉の争いを経て今は別々のお店となりました。2軒ほかのお店を挟んで、営業しています。この日、一澤信三郎帆布の方はお休みでしたが、一澤帆布の方は営業しておりたくさんの若い人たちでお店の中は満員御礼でした。でも小さいバックが8千円とか結構なお値段でした。知恩院前の天下一品で身体を癒して、名神で宝塚までひとっ飛びです。Dsc_0235 Dsc_0232 Dsc_0240 Dsc_0246 Dsc_0249 Dsc_0225

| | コメント (4) | トラックバック (0)

南禅寺 Ⅰ

Dsc_0007 Dsc_0029 Dsc_0033 Dsc_0035 Dsc_0043 Dsc_0056 Dsc_0080 Dsc_0092 Dsc_0102 Dsc_0122 Dsc_0129 Dsc_0142 Dsc_0176 Dsc_0186 Dsc_0190 Dsc_0222

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

USJのクリスマス

Dsc_0668_2 例年なら年末最後の土日は年賀状作りに四苦八苦しているのですが、今年は13、14日に作り終えて余裕の年末です。でも今日の午前中は久しぶりに味噌汁を作ったり洗濯やらであっという間にお昼です。これではいけません。折角のお休みですから楽しまないといけません。ということでUSJに行くことにしました。

世間では終わってしまったクリスマスですが、ここUSJでは来年の1月6日までがクリスマスです。欧米の各地では12月26日からも12日間クリスマスを楽しむ習慣があって子供たちへのプレゼントもその最終日の1月6日に贈られるようです。USJも日本の子供たちのため、冬休みいっぱいクリスマスを楽しんでもらおうと頑張ってくれています。

僕もクリスマスのおこぼれを与りにUSJへと夢のゲートを潜って行きます

【本日のルート】 サンタのトイ・パーティ→ラグーンを右回り→ハローキティのハリウッド・ファンタジー→サンタ・トイ・ソルジャーズ→セサミストリートのドリーム・オブ・ダンシング→エンジェル

このうち、ハローキティのハリウッド・ファンタジーとセサミストリートのドリーム・オブ・ダンシングの2つのショーは前者が1月6日(火)、後者が1月5日(月)をもって終了となります。特にセサミストリートはあのテレビでもお馴染みの音楽で登場し、エルモたちの可愛いダンスが印象に強く残っています。終わってしまうのはとても残念です。新しい形でまた帰ってきて欲しいと思います。Dsc_0010 Dsc_0002 Dsc_0018 Dsc_0017 Dsc_0027 Dsc_0025 Dsc_0090 Dsc_0051 Dsc_0213 Dsc_0131 Dsc_0240 Dsc_0219 Dsc_0267 Dsc_0252 Dsc_0285 Dsc_0292 Dsc_0297 Dsc_0303 Dsc_0311 Dsc_0312 Dsc_0320 Dsc_0317 Dsc_0328 Dsc_0324 Dsc_0330 Dsc_0337 Dsc_0410 Dsc_0335 Dsc_0345 Dsc_0346 Dsc_0355 Dsc_0401 Dsc_0454 Dsc_0452 Dsc_0566 Dsc_0469 Dsc_0607 Dsc_0532 Dsc_0011 Dsc_0003 Dsc_0020 Dsc_0023 Dsc_0034 Dsc_0030

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

クリスマス・イブ Ⅵ 

Dsc_0398 阪急百貨店のディスプレイ。季節に合わせてデコレイトされたショーウィンドーの世界は夢で溢れていますDsc_0402 Dsc_0393 Dsc_0399 Dsc_0403 Dsc_0407 Dsc_0405

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ Ⅴ 

Dsc_0381 三番街、そしてHEPへと歩を進めます。クリスマスイブの今夜、たくさんの人が思い出を作っていますDsc_0293 Dsc_0371 Dsc_0313 Dsc_0323 Dsc_0331 Dsc_0365 Dsc_0338 Dsc_0389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ Ⅳ 

Dsc_0264 茶屋町。趣きのある地名ですが今はたくさんの若者たちが集まっています。ここにはちょっと変わったツリーがあります。全面が覆われたツリーです。中の発光ダイオードが宇宙に浮かぶ星たちの様に輝いています。Dsc_0219 Dsc_0218 Dsc_0285 Dsc_0220 Dsc_0261 Dsc_0249 Dsc_0286 Dsc_0213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ Ⅲ 

Dsc_0198 西梅田からJR高架を潜り、ウェスティンやスカイビルのある新梅田シティへ。ワンダースクエアでは『ドイツ・クリスマスマーケット大阪2008』が開催中です。会場には27mの世界最大級のツリー木製で世界に4台しかないメリーゴーランドがあってたくさんの人達を楽しませてくれていました。また広場に隣接するロイヤルガーデンも素敵でした。残念ながらこの日は貸切で中へ入ることが出来ませんでした。そして地下道を通り抜け聖地ヨドバシに戻ってきます。Dsc_0133 Dsc_0128 Dsc_0156 Dsc_0147 Dsc_0170 Dsc_0164 Dsc_0178 Dsc_0171 Dsc_0200 Dsc_0211 Dsc_0166 Dsc_0182

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ Ⅱ 

Dsc_0123 お次はリッツ・カールトン。今回廻った中でやっぱり一番異次元の世界がここリッツでした。ホテルの中を歩くとちょっと違う世界のゴージャスかつセレブな人達がいます。でも温かな雰囲気があるから不思議です。そしてツリーもとてつもなく大きいことを主張するのでなく、素敵をそのまま形にしたような品格と落ち着きのある『ザ・ツリー』でありました。Dsc_0117 Dsc_0097 Dsc_0124 Dsc_0105 Dsc_0137 Dsc_0126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ Ⅰ

Dsc_0069 サンタクロースさんが僕のうちを素通りするようになってどれくらい経つのだろう。なんて考えると少し哀しくなるのでここはひとつ、クリスマスツリー巡りでもやってみましょう、とD70に5014ひとつをくっつけて夜の大阪を歩いてきました。

大阪駅→ヒルトン大阪→ハービス→ザ・リッツカールトン大阪→ウェスティン・ホテル大阪→梅田スカイビル→新梅田シティワンダー・スクエア→ロイヤルガーデン→茶屋町→HEP FIVE&HEP NAVIO→阪急梅田

まずは大阪駅からハービスまで。ヒルトンホテルでは大きなツリーの前でコンサートが開かれていました。ハービスではスワロフスキーのクリスマスオーナメントを付けたゴージャスなツリーが出迎えてくれます。Dsc_0010 Dsc_0008 Dsc_0018 Dsc_0014 Dsc_0028 Dsc_0023 Dsc_0039 Dsc_0038 Dsc_0065 Dsc_0054 Dsc_0074 Dsc_0071 Dsc_0083 Dsc_0059

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

ATC 南港ダンサーズステージ

クリスマス☆スペシャルと銘打ち、夕方から始まるダンスステージ。でも僕はおうちに帰らなければなりません。そうです、野菜ジュースを買いに行かなければなりません♪ でもリハーサルを覗いてみると来るときには小学生でしたが、今度は若い女性のチームです。ちょっと寄り道。Dsc_0045 Dsc_0024 Dsc_0107 Dsc_0099 Dsc_0116 Dsc_0111 Dsc_0138 Dsc_0124 Dsc_0165 Dsc_0173

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ATC ファッションショー

ファッションとは全く縁のない僕でありますが、素敵な世界を垣間見ることは嫌いではありません。今日はATCで『VITALITY OF ASIAN FASHION 5th』(躍進するアジアの新進ファッションデザイナー展)が行われます。日本、韓国、中国のデザイナーがその力を闘わせます。15分前に会場入りするも、まだ席はがら空きの状態です。最初、ちょっぴり遠慮して最後列端に陣取りましたが、え~いと思い最前列に進出しました。真正面からモデルさんが出てくるのを待ち構えるポジションとなり、少しの勇気が良い結果を生みました。

左のほうに席には『関係者』と貼り紙がしてあります。モデル級の背の高いかっこいい女性がお偉いさんに案内されて座ります。しばらくするとバックからごついカメラとレンズを取り出します。お~、なんとカメラマンであります。それにしてもかっこいい女性カメラマンです。

ファッションショーの前座を今回は相愛大学(南港にキャンパスがある大学です)のゴスペルチームが務めます。相愛大学は仏教の大学ですが、ゴスペル=キリスト教との中でどうしてこうなったかを解説してくれます。『歌の魂が好き、人々を繋げる歌が好き、だから』

ファッションショーが始まります。ここでは舞台の上をモデルさんが歩くのでなく、僕と同じフロアーでカーペットが敷いてある所をあのモデル歩きとクルッと回る仕草で闊歩してくれます。こんなに身近でモデルさんを見るのは初めてです。やっぱり皆さん、目に力があります。そしてすごく痩せています。もうちょっと太った方が良いと思いますが、細いです。

標準ズームも持参しましたが、結局使ったのは28-300のタムロンレンズだけでした。レンズを付け替える暇もなく、立て位置で撮りまくりでした。WBは最初オートで大丈夫かな?と思ったのですが相愛大学のゴスペルのとき電球にすることでより自然な感じになったのでそちらに固定。ISOはマックス1600です。そしてプログラムオートであとはD70にお任せです。なかなかピントがパシッと決まってくれません。

時系列に写真を置いていきます。日の丸写真付です。ボケている写真もあります。でも自分ではお気に入りです。Dsc_0117 Dsc_0106 Dsc_0142 Dsc_0125 Dsc_0181 Dsc_0158 Dsc_0218 Dsc_0192 Dsc_0231 Dsc_0223 Dsc_0256 Dsc_0249 Dsc_0283 Dsc_0267 Dsc_0301 Dsc_0295 Dsc_0324 Dsc_0317 Dsc_0331 Dsc_0327 Dsc_0346 Dsc_0338 Dsc_0388 Dsc_0356 Dsc_0420 Dsc_0407 Dsc_0447 Dsc_0422 Dsc_0461 Dsc_0450 Dsc_0477 Dsc_0463 Dsc_0494 Dsc_0484 Dsc_0523 Dsc_0515 Dsc_0583 Dsc_0563 Dsc_0622 Dsc_0586 Dsc_0651 Dsc_0632

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ATC クリスマスイベント

                                                     

                                                        Dsc_0007

                         

ATCが面白い。ベイエリアの巨大商業施設は、一人でも多くの人に来て貰うために様々なイベントを催しています。今日の僕のメインはファッションショーですが、会場に着く前にダンスのリハーサルやゴスペルグループの素敵な歌を見たり聴いたりすることが出来ました。

因みにATCはAsia & Pacific Trade Centerの略であります。とにかくでかいので歩くのが大変です。DSCを駐輪場に置いてまずは海辺のステージへ向かいます。ここではダンスショーが夕方からあります。小さい子達が舞台で立ち位置の確認や最後のリハーサルをしています。

様々なショップの中を通ってO’s棟を抜け、ITM棟へ。ここでファッションショーが行われるのですが、賑やかな歌声が響いています。舞台にはシニアの元気な女性たちが居ました。舞台には「大阪市消費者センター」の横断幕があります。エルちゃんファミリーも登場とパンフにありますが、そのファミリーを残念ながら僕は知りませんでした。どうやら消費者センターの番犬のようです。端っこの方に居た黄色い犬たちがそうだったようです。Dsc_0040 Dsc_0008 Dsc_0057 Dsc_0028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

OSAKA 光のルネサンス 2008 

Dsc_0301 昨日の夜まで『京都嵐山花灯路2008』へ行こうと考えていました。朝のニュースでも嵐山特集です。気持ちはグングンと高まります。でも天気予報では夜には近畿中部でも雨が降るかもしれないとの弱気の予想です。う~ん。

そこへ追い討ちを掛けるように朝刊付録に『おすすめイルミネーション』特集です。そこには東西のベスト5が書かれています。因みに首都圏は1位が東京ミッドタウン、2位以下は順に六本木ヒルズ、カレッタ汐留、恵比寿ガーデンプレイス、丸の内です。そして近畿は1位が中ノ島、2位以下が順に天保山ハーバービレッジ・海遊館、神戸ハーバーランド、Hoop(阿倍野区)、新梅田シティです。全て12月25日まで(恵比寿は1月12日、Hoopは1月7日まで)開催しています。神戸ルミナリエは12月15日に閉幕のため対象外となっています。

今年は初めての場所へ行ってみようと思いましたが、雨に降られると悲しいです。弱気の虫が出てきて急遽、中ノ島で開催している『OSAKA 光のルネサンス 2008』へ行き先変更となります。

17時の点灯時間には大阪市庁舎前の『ザ・ワールド・リンキングツリー 2008』の前にいました。それ以前に御堂筋のイチョウを撮っていました。そのときに警備の人から三脚使用禁止と教育的指導が入ります。仕方ありません。これからはISO1600(D70MAX)で手持ち撮影です。そしてメインの『中ノ島イルミネーションストリート』へと入っていきます。150mの遊歩道に20万個の電球が花を咲かせます。音楽に合わせて光が踊ります。そして中ノ島図書館の正面出口を利用した『ウォールタペストリー』へ。ここでは色とりどりの光の文様が壁一面を埋め尽くし、別の世界を魅せてくれます。

今回は初日の第一回の舞台を見ることとなりました。中央の一等席はなぜか白い座布団が並べられています。一般市民はその両隣のところに配置されます。すでに座り席は満席で立ち席が埋まっていきます。左右の立ち席が埋まり具合が均等でなく、混んでいた僕のいる場所の人たちが反対側の立ち席へ行きたいと警備の方に詰め寄ります。警備の人がもたもたしている間に反対側から人が流れてきてしまいました。詰め寄っていた人たちの不満が一気に警備の人に向かいます。その上司らしい女性の方にこれでもか、のクレームの嵐です。クレームをしているのはみんな60歳前後のいい大人たちです。中には「そんなんだったら警察は要らない」などと子供のけんかでも今は使わないフレーズを引き出す人もいます。余りにも罵り方が執拗で汚いので、僕の堪忍袋の尾がプチンと切れます。今日は床屋にいったばかり、5厘の頭は威力があります。いろいろな場面で嫌な事が多過ぎます。

程なくして市庁舎の中から貴賓席の来客が出てきます。おっと平松大阪市長です。こんにちは~。おっとお次は橋下知事です。どうりでSPが周りにたくさんいるわけです。厳戒警備体制であります。

挨拶が終わり、いよいよ光の祭典のスタートです。今年のテーマは『たいせつなとき・今』です。素敵なショーの始まりです。ショーはあっという間に終わってしまいます。素敵な時間は早く過ぎていきます。今年は中ノ島の西に『WEST LIGHT PARK』が初めてお目見えです。目玉は鳥取砂丘で今展示されているものと同じ「砂の彫刻」です。このサンドアートは鳥取にも見に行きたいと思っている僕にとってとっても魅力的でした。砂とは思えない細部まで作りこまれた作品はとても素敵でした。砂に命を吹き込んでいるように感じました。この会場では他にも「源氏物語幻影」や「ライブステージ」、「フードパーク」などが出展されています。

この素敵なパフォーマンスはクリスマスの夜まで観ることができます。Dsc_0040 Dsc_0010 Dsc_0056 Dsc_0038 Dsc_0133 Dsc_0119 Dsc_0177 Dsc_0167 Dsc_0201 Dsc_0187 Dsc_0294 Dsc_0269 Dsc_0322 Dsc_0315 Dsc_0348 Dsc_0331 Dsc_0392 Dsc_0355 Dsc_0408 Dsc_0399 Dsc_0444 Dsc_0423 Dsc_0466 Dsc_0462 Dsc_0487 Dsc_0471

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ファンタスティック・ワールド 

                                                                     Dsc_0366                            

                   メインストリートにいきなり巨大ステージが現れます。そこで素敵なミュージカル・ファンタジーの世界が繰り広げられます。その名は『ファンタスティック・ワールド』 Dsc_0499 Dsc_0656 Dsc_0390 Dsc_0381 Dsc_0482 Dsc_0463 Dsc_0513 Dsc_0519 Dsc_0737 Dsc_0575 Dsc_0625 Dsc_0722 Dsc_0734 Dsc_0536 Dsc_0698 Dsc_0606 Dsc_0677 Dsc_0491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタのトイ・パーティ 

                                                                      Dsc_0084    

                 

USJでは11月6日から来年の1月6日まで『ユニバーサル・ワンダー・クリスマス』を開催しています。昼は『サンタのトイ・パーティ』、夜は『天使のくれた奇跡』と題し、それぞれ素敵なショーを魅せてくれます。この日、夜は寒いのでパス、穏やかな昼の間にトイ・パーティをはしごしてきました。Dsc_0316 Dsc_0038 Dsc_0300 Dsc_0274 Dsc_0256 Dsc_0142 Dsc_0067 Dsc_0141 Dsc_0353 Dsc_0335 Dsc_0165 Dsc_0098 Dsc_0273 Dsc_0173 Dsc_0097 Dsc_0117 Dsc_0308 Dsc_0214 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

USJのクリスマス

年パス2回目の訪問となりました。相棒のカブと一緒にUSJへ行ってきました。今日は前回雨でお流れとなったショーを観たいと思います。待ち時間は覚悟しなければなりません。雨の心配はないのですが、寒さ対策をバッチリしていく必要があります。

上半身:身体に近い方から、半袖シャツ、長袖シャツ(以上肌着)、長袖シャツ、トレーナー、ダウンジャケット、ウィンドブレーカー、ライダーズジャケットの合計7枚重ね

下半身:身体に近い方から、パンツ、(足首まで)タイツ、(膝まで)タイツ、ジーパンの計4枚重ね。

少し下半身の守りが弱いようですが、お尻の冷えを防止するためにビニールシートと、携帯クッション、そしてホッカイロ(但し使用期限切れのもの2個)も持参します。でもこの日、昼の間は風もなく日向の中にいると冬であることを忘れそうな感じでホッカイロの出番はありませんでした。

例によってゲートで顔認証の機械と向かい合います。目線を緑の枠に入れるのですがこれが苦手でまたやり直しです。

今日のコースは、①サンタのトイ・パーティ→②ファンタスティック・ワールド→③イマジン・クリスマス・ジョイ→④サンタのトイ・パーティと乗り物なしでのショーオンリィの構成です。これも年パスならではの贅沢です。③と④は同じ場所で開催されます。③が終わった後、もし良い席があればと思い、前の方に行くと特別鑑賞席(ツアー参加者)のすぐ後ろが空いています。帰るつもりでしたが急遽予定変更です。

冬休みが終わるまでUSJのクリスマスは続きます。風は冷たいけれど、心は温かい素敵なクリスマスを迎えられるといいですね♪Dsc_0002 Dsc_0004 Dsc_0318 Dsc_0046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

武庫川女子大学

Dsc_0553 師走。各地でライトアップが行われています。西宮市内の大学でもクリスマスツリーを中心とするライトアップが行われています。

http://www.nishi.or.jp/~daigaku/event/08hikari/index.html

その中でも武庫川女子大学は、建築学科の学舎として現在使用している甲子園会館(旧甲子園ホテル)を一般公開している他、庭園や建築スタジオ(新学舎)も見ることが出来ます。またライトアップに併せてジャズ演奏やダンスなどのパフォーマンスも繰り広げられます。今日と明日(7日)の2日間です。

甲子園会館についてはこちら

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%9C%92%E4%BC%9A%E9%A4%A8

庭園の紅葉はとても素敵でした。この日、一脚しか持参していませんでした。風も強く、手ぶれと被写体ぶれのダブルパンチ。残念。。。Dsc_0015 Dsc_0028 Dsc_0115_2 Dsc_0017 Dsc_0089 Dsc_0042 Dsc_0120 Dsc_0063 Dsc_0177 Dsc_0155 Dsc_0279 Dsc_0268 Dsc_0336 Dsc_0240 Dsc_0477 Dsc_0474 Dsc_0514_2 Dsc_0492_2 Dsc_0524 Dsc_0523 Dsc_0635 Dsc_0600 Dsc_0623 Dsc_0615 Dsc_0646 Dsc_0002

| | コメント (6) | トラックバック (1)

神戸市立森林植物園

                                     Dsc_0043

                                  

11月下旬が紅葉の最盛期でした。残りもみじを楽しみに神戸の森林植物園までDSCで行ってきました。六甲山系を東から西へと横断したのですが、もの凄く寒かったです。指先の痺れはもう冬のものでした。

植物園はもうすっかりと冬の装いを整えていました。Dsc_0027 Dsc_0011 Dsc_0012 Dsc_0020 Dsc_0036 Dsc_0033 Dsc_0049 Dsc_0032 Dsc_0052 Dsc_0048 Dsc_0083 Dsc_0071 Dsc_0058 Dsc_0080 Dsc_0091 Dsc_0068 Dsc_0115 Dsc_0183 Dsc_0146 Dsc_0182 Dsc_0156 Dsc_0134 Dsc_0179 Dsc_0129

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

神戸ルミナリエⅡ

Dsc_0145 神戸ルミナリエへ行ってきました。今年のテーマは『光のインフィニート(イタリア語で「無限」)』。阪神・淡路大震災のあった1995年に犠牲者への鎮魂と未来への希望あるスタートを願い始まったルミナリエも今年で14回目を迎えます。

公式HPはこちら(注:音が出ます)

http://www.kobe-luminarie.jp/

神戸は元町駅からスタートします。交通規制が始まる17時からはルミナリエの会場へ辿り着くまでに大きく2回蛇行をする必要があります。でもその少し前に会場入り出来たので大丸百貨店南側から直接アプローチできました。17時からの交通規制は車だけでなく、人も一方通行しか出来なくなります。また通路もバリケードで固められ横入りも出来ません。警備の方達が殺気立っています。隊長の腕章を付けられた方は適切な指示を飛ばし巻くっています。

やがて辺りは暗くなり、18時5分前に点灯となりました。思わず観客から歓声が上がります。素敵です。最近は資金不足から開催が危ぶまれています。継続のための募金をしていました。僕も気持ちだけ箱に入れさせて貰います。

平日の夜でしたが人の波は途絶えることがありませんでした。明日の土曜日や日曜日はもの凄い人出となりそうです。点灯の直前でなく、交通規制の掛かる前の会場入りをお勧めしますDsc_0049 Dsc_0015 Dsc_0214 Dsc_0110 Dsc_0222 Dsc_0150 Dsc_0413 Dsc_0397

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエⅠ

Dsc_0212_2 Dsc_0176_2 Dsc_0007 Dsc_0295 Dsc_0332 Dsc_0022 Dsc_0337 Dsc_0375 Dsc_0020 Dsc_0388 Dsc_0420 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

大切な時間

P1000008 P1000185 P1000247 P1000286

時に歩んできた道を振り返ることがあります。良き友がいる、良き師がいる、良き家族がいる。そんな人達と過ごす時間は至福の時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »