« ファンタスティック・ワールド  | トップページ | ATC クリスマスイベント »

2008年12月13日 (土)

OSAKA 光のルネサンス 2008 

Dsc_0301 昨日の夜まで『京都嵐山花灯路2008』へ行こうと考えていました。朝のニュースでも嵐山特集です。気持ちはグングンと高まります。でも天気予報では夜には近畿中部でも雨が降るかもしれないとの弱気の予想です。う~ん。

そこへ追い討ちを掛けるように朝刊付録に『おすすめイルミネーション』特集です。そこには東西のベスト5が書かれています。因みに首都圏は1位が東京ミッドタウン、2位以下は順に六本木ヒルズ、カレッタ汐留、恵比寿ガーデンプレイス、丸の内です。そして近畿は1位が中ノ島、2位以下が順に天保山ハーバービレッジ・海遊館、神戸ハーバーランド、Hoop(阿倍野区)、新梅田シティです。全て12月25日まで(恵比寿は1月12日、Hoopは1月7日まで)開催しています。神戸ルミナリエは12月15日に閉幕のため対象外となっています。

今年は初めての場所へ行ってみようと思いましたが、雨に降られると悲しいです。弱気の虫が出てきて急遽、中ノ島で開催している『OSAKA 光のルネサンス 2008』へ行き先変更となります。

17時の点灯時間には大阪市庁舎前の『ザ・ワールド・リンキングツリー 2008』の前にいました。それ以前に御堂筋のイチョウを撮っていました。そのときに警備の人から三脚使用禁止と教育的指導が入ります。仕方ありません。これからはISO1600(D70MAX)で手持ち撮影です。そしてメインの『中ノ島イルミネーションストリート』へと入っていきます。150mの遊歩道に20万個の電球が花を咲かせます。音楽に合わせて光が踊ります。そして中ノ島図書館の正面出口を利用した『ウォールタペストリー』へ。ここでは色とりどりの光の文様が壁一面を埋め尽くし、別の世界を魅せてくれます。

今回は初日の第一回の舞台を見ることとなりました。中央の一等席はなぜか白い座布団が並べられています。一般市民はその両隣のところに配置されます。すでに座り席は満席で立ち席が埋まっていきます。左右の立ち席が埋まり具合が均等でなく、混んでいた僕のいる場所の人たちが反対側の立ち席へ行きたいと警備の方に詰め寄ります。警備の人がもたもたしている間に反対側から人が流れてきてしまいました。詰め寄っていた人たちの不満が一気に警備の人に向かいます。その上司らしい女性の方にこれでもか、のクレームの嵐です。クレームをしているのはみんな60歳前後のいい大人たちです。中には「そんなんだったら警察は要らない」などと子供のけんかでも今は使わないフレーズを引き出す人もいます。余りにも罵り方が執拗で汚いので、僕の堪忍袋の尾がプチンと切れます。今日は床屋にいったばかり、5厘の頭は威力があります。いろいろな場面で嫌な事が多過ぎます。

程なくして市庁舎の中から貴賓席の来客が出てきます。おっと平松大阪市長です。こんにちは~。おっとお次は橋下知事です。どうりでSPが周りにたくさんいるわけです。厳戒警備体制であります。

挨拶が終わり、いよいよ光の祭典のスタートです。今年のテーマは『たいせつなとき・今』です。素敵なショーの始まりです。ショーはあっという間に終わってしまいます。素敵な時間は早く過ぎていきます。今年は中ノ島の西に『WEST LIGHT PARK』が初めてお目見えです。目玉は鳥取砂丘で今展示されているものと同じ「砂の彫刻」です。このサンドアートは鳥取にも見に行きたいと思っている僕にとってとっても魅力的でした。砂とは思えない細部まで作りこまれた作品はとても素敵でした。砂に命を吹き込んでいるように感じました。この会場では他にも「源氏物語幻影」や「ライブステージ」、「フードパーク」などが出展されています。

この素敵なパフォーマンスはクリスマスの夜まで観ることができます。Dsc_0040 Dsc_0010 Dsc_0056 Dsc_0038 Dsc_0133 Dsc_0119 Dsc_0177 Dsc_0167 Dsc_0201 Dsc_0187 Dsc_0294 Dsc_0269 Dsc_0322 Dsc_0315 Dsc_0348 Dsc_0331 Dsc_0392 Dsc_0355 Dsc_0408 Dsc_0399 Dsc_0444 Dsc_0423 Dsc_0466 Dsc_0462 Dsc_0487 Dsc_0471

|

« ファンタスティック・ワールド  | トップページ | ATC クリスマスイベント »

コメント

今はすごい人のようですね
いまや 中の島はルミナリエよりも人気度が高いですね
わたしは毎年行っています

三脚禁止ですか
どの範囲が禁止なのか情報お願いできますか?

砂の美術館にいってみたいです

ウオールタペストリーは 何度も写していまして1昨年は 正面最前列 平松さんと橋下さんの座った所に友人と二人して座って写しましたよ

今日は 神戸かもめりあ前でのよさこいイベントに行ってきました

投稿: TOSSY | 2008年12月14日 (日) 19時00分

ウォールタペストリー、昨年初めて行きましたが、なかなか荘厳な雰囲気でした。

ルミナリエは今年も混んでいました。
近くまで行きましたが並びませんでした。

投稿: SHIN | 2008年12月14日 (日) 20時24分

>TOSSYさん
三脚の使用を止めるように言われたのは
点灯前の、しかも会場の御堂筋を挟んだ
向かいの道に居たときです。
銀杏並木を撮っていましたら警備の方から
指導がありました。
そのとき規制場所を詳しく聞きませんでしたが
たくさんの人が居て危険なので、という言葉から
会場全体と解釈しました。
三脚禁止を知らずか知ってか分かりませんが
使用している人も結構いました。
ISO1600で頑張りましたが
メインストリートのイルミネーションは
90%以上没写真となりました。

砂の美術館、隣接するホテルまで調べたのですが
タイミングが合わずに今に至っています。
初めて見る砂の芸術、びっくりする程
精巧で素敵でした。
昼間でなく夜のライトアップも素敵を
増す要因だったかもしれません。

よさこい、神戸であったんですか。
僕も行きたかったです。

投稿: tetsu | 2008年12月15日 (月) 20時41分

>SHINさん
ルミナリエ、今日で最後ですね。
市役所側から見るのは神戸通の見方に
なっているようですね。
市役所へも上がって上から見ようとしましたが
結構エレベーターに並んでいたので
パスしてしまいました。

ウォールタペストリー、
目の前には素敵が広がっているのに
開演前のゴタゴタで気持ちはしょぼんと
なっていました。

投稿: tetsu | 2008年12月15日 (月) 20時45分

今年は大阪もあちこちでイルミネーションの嵐ですね、ルミナリエは人が多すぎて幼児連れのうちは断念していましたが、このあたりはよさそうですね、1600手持ちはチヨットつらい状況ですね、私のキッスも1600なのでライブで60%位はブレでボツです、近々50Dを購入できそうなので期待大です

投稿: しろいひよこ | 2008年12月19日 (金) 01時15分

>しろいひよこさん
本当にいろいろな処でイルミネーションの
花が咲いていますね。
中ノ島でもウエストパークの方は
会場も広く食べ物の屋台などもあって
ご家族連れが多くいらっしゃいました。

お子様連れでしたらお勧めの
阪神競馬場のアクアルミナスは
今年は残念ながら開催されないようです。

50Dがもうすぐ相棒になるんですね。
これでグッと没写真は減りますね。
素敵な作品、楽しみにしています。

投稿: tetsu | 2008年12月19日 (金) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/43411079

この記事へのトラックバック一覧です: OSAKA 光のルネサンス 2008 :

« ファンタスティック・ワールド  | トップページ | ATC クリスマスイベント »