« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

ウェルカムOKAMOTO春祭り Ⅱ 

Dsc_0593 素敵な歌、そしてファッショントークショーがありました。

若者グループのバンドは女性3人が管楽器を奏でとてもソウルフルで素敵でありました。でもあれだけ自分の気持ちのままにサックスを吹くことが出来たら楽しいのだろうな~。

もうひとつのバンドも「卒業写真」や「涙そうそう」などお馴染みの素敵な歌を披露してくれました。その中でも「あなたへ」という曲が素敵だったのですがネットでも検索できませんでした。『繋いだ手を離すのは私・・・』というフレーズが印象的でした。Dsc_0753 Dsc_0751 Dsc_0754 Dsc_0752 Dsc_0007 Dsc_0743 Dsc_0696 Dsc_0022 Dsc_0020 Dsc_0018 Dsc_0033 Dsc_0068 Dsc_0212 Dsc_0131 Dsc_0171 Dsc_0136 Dsc_0070 Dsc_0224 Dsc_0122_2 Dsc_0080 Dsc_0283 Dsc_0246

            

                

            

            

            

             

            

帰り支度をしてカブを置かせて貰ったダイエーで買い物をしてカブの籠にサラダとパンを入れているとトークショーが始まりますとのアナウンスがあります。するとどうでしょう。モデルさんが次から次へと出てこられるではありませんか。慌ててカメラを取り出して会場へと10歩進みます(お隣ですから近いのです)。少し離れた場所から昨日落としてしまったタムロン28-300で撮らせてもらいます。

モデル出身の中村南月(なつき)さんによる『日常から溢れる美しさ』をテーマにしたトークショーとのことですが、モデルさんの育成やウォーキングレッスン講師としても活躍されています。ですので門下のモデルさんと一緒に来られたようです。

http://officenatsuki.com/casting.html

モデルさんは同じ人類とは思えない体型をしています。だからモデルさんというプロの職業がある訳ですが頑張ればなれるものではありません。もちろん頑張りは必要なのでしょうけれど頑張りで顔は小さくならないし、足も長くなりません。この日は、綺麗な歩き方や綺麗な座り方を指導されていました。Dsc_0553 Dsc_0580 Dsc_0595 Dsc_0623 Dsc_0657 Dsc_0633 Dsc_0674 Dsc_0646 Dsc_0703 Dsc_0700 Dsc_0659 Dsc_0704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェルカムOKAMOTO春祭り Ⅰ 

Dsc_0298 岡本というと何を思い浮かべるでしょうか。僕は甲南女子大や甲南大学など学生の町というイメージを持っています。そんな町、岡本で開催される『ウェルカムOKAMOTO春祭り~岡本スプリングフェスティバル~』へと行ってきました。このイベントは神戸ファッションウィークの3月の最終イベントでもあります。

岡本一帯は駐車禁止地区でバイクも気軽に止めることが出来ません。イベントはみなと銀行本山支店の特設会場で行われます。同銀行横にはダイエーがあるので帰りに買い物をしていくことにしてこちらにカブを止めさせて貰います。Dsc_0031 Dsc_0034

            

             

            

             

            

            

              

幕開けは颯爽JAPANの新舞(あらいぶ:ALIVE)。颯爽さんはよさこいと思っていたのですが新しいジャンルを突き進んでいるようです。小さいスペースで踊るのにちょっと苦労されているようでした。いつ見てもたくさん練習したんだな~と感心させられます。元気を一杯貰います。

颯爽JAPANさんが先陣を斬った後、ベリーダンスやバンドが次々と繰り出されます。お祭りは18時頃まで続きます。僕は後ろ髪を引かれながら(引く髪の毛もありませんが)途中退場です。どれもがパワフルでとても魅力的でした。Dsc_0295 Dsc_0177 Dsc_0054 Dsc_0127 Dsc_0122 Dsc_0219 Dsc_0350 Dsc_0161 Dsc_0110 Dsc_0269 Dsc_0396 Dsc_0433 Dsc_0479 Dsc_0470 Dsc_0521 Dsc_0516 Dsc_0649 Dsc_0543 Dsc_0687 Dsc_0639 Dsc_0676 Dsc_0673 Dsc_0327 Dsc_0371 Dsc_0424 Dsc_0435 Dsc_0419 Dsc_0388 Dsc_0488 Dsc_0009 Dsc_0056 Dsc_0006 Dsc_0029 Dsc_0067 Dsc_0076 Dsc_0035

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

京の桜 Ⅱ

Dsc_0077   

       

          

(冒頭写真は六角堂の御幸桜)  醍醐寺を後にして毘沙門堂を目指します。山科駅を目標にしてJR線を越えて更に北に行った所にあります。ここも境内の参拝は無料です(襖絵・庭園は500円要)。今日尋ねた処は醍醐寺だけが有料で後は全て無料であります。無料の数珠繋がりです。駅で貰った『京都さくらマップ』や『京都いいとこマップ』が大変参考になりました。毘沙門堂は住宅地を突き抜けた小高い所に位置しています。ちょっと不便な処と他に寺社仏閣等の見るべき所が無いためか、この日は人が殆どいませんでした。

この日の京都の桜は大概が1分から3分咲きと云ったところ。醍醐寺や後で出てくる六角堂の早咲きの桜は別格と考えた方がいいでしょう。

毘沙門堂には立派な枝垂桜があります。樹齢百数十余年、高さ約10m、枝張約30m。でもこの日は数厘が花を付けているだけで満開の素敵な姿を見られるはまだ先のようです。でもここは僕のお気に入りとなりました。Dsc_0548 Dsc_0539 Dsc_0532 Dsc_0529 Dsc_0555 Dsc_0544

            

              

             次に南禅寺に向かいます。ここは外国人の旅行客に人気のスポットでこの日もたくさんの外国の方がいらっしゃいました。石川五右衛門の『絶景かな絶景かな』の台詞で有名な山門にまだ満開前の桜がいじらしく咲いていました。水路閣には桜とのコラボは見ることが出来ませんでした。インクラインも1分咲きで気の早い観光客は少しがっかりしていました。ここ南禅寺も素敵な思い出の場所です。Dsc_0559 Dsc_0567 Dsc_0587 Dsc_0584 Dsc_0622 Dsc_0564 Dsc_0616 Dsc_0646 Dsc_0657 Dsc_0618 Dsc_0662 Dsc_0636 Dsc_0665 Dsc_0657_2 Dsc_0679 Dsc_0687

            

             

            

            

            

            

            

時間に余裕があればここから『哲学の道』『下鴨神社』『上賀茂神社』と無料スポットの数珠繋ぎとなる筈でしたが、北の大回りコースは素直に諦め、京都の真っ只中、祇園白川へと突入していきます。途中で見た岡崎疎水の桜もまだ1分咲きでした。白川の大体の場所の目星をつけて車で大渋滞中の東大路通りをカブでヒョイッとすり抜けていきます。人しか歩けない道はカブを降りて押していきます。夜もライトアップをしていて一層綺麗だと思います。まだ本物は見たことがありませんが。舞妓の衣装を着た外人さんがみんなの注目を浴びて少し恥ずかしそうなのが可愛くありました。Dsc_0019 Dsc_0017 Dsc_0032 Dsc_0018

            

            

            

            

            

            

            

次は烏丸にある六角堂です(冒頭写真)。場所が分かり難く3人もの人に道を聞くこととなりました。新風館の南側とアバウトな認識だけだったのが災いしました。本堂が六角形であることから名前です。御幸桜と名付けられた早咲きの桜は今が見頃を迎えています。その下には16人の羅漢さんがいらっしゃいます。Dsc_0066 Dsc_0052 Dsc_0058 Dsc_0068

            

            

            

            

                                

                                

                                

                                 

羅漢さんたちにお別れをして二条城に隣接する神泉苑へ。北口に位置する入り口からは桜は殆ど見る事が出来ませんでした。案内には「王朝の花見の情景が偲ばれる」と朱色に彩られた橋に桜が覆い被さるような王朝絵巻の再現はなりませんでした。Dsc_0083 Dsc_0081

                                

                                

仕方なく北へと平野神社へ向かいます。金閣寺の行き先看板を目印に北へと進みます。遠くに緑がこんもりと盛り上がっているのが分かります。きっと目指す神社と目星をつけるとビンゴです。西の入り口から入っていくと出店が空き地を作らないほどビッシリと連なっています。あら~、この雰囲気はあかんです。赤一色の世界の中を歩いていきます。少し歩くと桜の園に辿り着きます。ここには祇園円山公園の枝垂桜一世があります。その桜は杖をついていました。Dsc_0095 Dsc_0091 Dsc_0103 Dsc_0094 Dsc_0114 Dsc_0102 Dsc_0128 Dsc_0112_2 Dsc_0136 Dsc_0139 Dsc_0147 Dsc_0116

            

            

            

金閣寺、龍安寺、仁和寺を経由して広沢池に向かいます。広沢池が近付いて来たとき左手に素晴らしい桜が目に飛び込んできました。看板も何もありません。多くの人が桜に引寄せられているかのように吸い込まれていきます。ここで大ハプニング。カブの荷台でレンズ交換をしていましたらタムロン28-300mmがポトリ。あっ、と思い思わず右足を出しましたがその後のことは頭が真っ白で覚えていません。気付くと砂の上にレンズが横たわっています。思わずヘナヘナとなりました。カメラ側のレンズに変な模様がついています。傷つけてしまったかな?最悪です。ブロワーで吹いても傷は治りません。仕方なく息を吹きかけ布で拭きますとその跡はなくなりました。試し撮りを何枚かします。なんとか大丈夫なようです。Dsc_0157 Dsc_0175 Dsc_0190_2 Dsc_0154 Dsc_0180 Dsc_0152

            

            

            

             

            

            

            

広沢池には殆ど桜はありません。小屋の横に僅かにある位です。それでも船に桜、広がる里の景色は画になります。写真を撮って嵯峨野へと出発です。嵐山はすぐそこです。桂川に掛かる渡月橋は京都一番の名所であります。まだ桜は満開ではありませんが枝を選んでなんとか桜とのコラボをして貰いました。Dsc_0240 Dsc_0234_2 Dsc_0252 Dsc_0247 Dsc_0250 Dsc_0249

            

            

            

            

                                

                                

                                

                                

今日最後の探訪地、松尾大社です。桜はチョロチョロとだけありました。境内は桜どころではない雰囲気です。夕方から『タップ・オペラ』の公演があるのでその準備に皆大忙しです。参拝客は追い出されます。見頃の頃には参道のソメイヨシノと神庫の山桜が素敵だそうです。Dsc_0263_2 Dsc_0255_2

             

              

             

満開の桜は、醍醐寺と六角堂で観る事が出来ました。大満足の探訪となりました。犬に咬まれたりレンズを落としたりの悲しく辛いこともありましたが、春の京都にどっぷりと浸かった幸せな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京の桜 Ⅰ 

Dsc_0353 桜の季節がやってきました。本当は行きたいのですがその大混雑がどうしても嫌で避けていた京都にカブと一緒に行ってきました。題して『カブと行く 京の桜探訪』

【本日のコース】 西宮→171号線→東山五条→1号線→35号線→①醍醐寺→②毘沙門堂→143→③南禅寺・インクライン→琵琶湖疏水→④祇園白川→⑤六角堂→⑥神泉苑→111→西大路通→⑦平野神社→きぬかけの道→⑧広沢池→嵯峨野→⑨嵐山・渡月橋→⑩松尾大社→29号線→9→423→池田→宝塚→西宮

京都に行くきっかけを作ってくれたのはNHKの歌番組『春うた2009』でした。レミオロメンが満開の桜の下でSAKURAを歌っていました。名前だけしか知らないアーティストですが(しかも一度で正確に言うことが出来ません・・・)幻想的な桜とのコラボレーションは見事でした。

http://www.youtube.com/watch?v=kmFrhQrtFL8&feature=related

歌よりも強く印象に残ったのが醍醐寺の桜たちでした。この時期に既に満開というのが信じられませんでした。でも今週末が見頃と桜守の方が伝えてくれました。

1号線から35号線に入ります。35号線の入り口は随分と心細い感じです。少し走ってから不安になり犬を2匹連れたご婦人に道を尋ねます。どうやら間違いはなさそうです。お礼を言って再び走り出そうと思ったとき、犬に左足首を咬まれました。久しぶりに犬に咬まれました。ちょっと痛かったのですが犬からしたらご主人様に害を及ぼす悪い輩と思われたようです。謝るご主人様がそこにいます。この日、寒さが1ヶ月くらい遡るとニュースで伝えていたので下半身はタイツとパッチとで防寒対策をしていたのが幸いしました。次からは犬連れでなく猫連れの方に道は尋ねようと思います

醍醐寺に着きます。カブは駐車場ではなくトイレの横に自転車と一緒に置くように言われます。大きいバイクは駐車場の端っこの様です。

秀吉はその晩年、三宝院の庭の景観を深く愛し「醍醐の花見」をここ醍醐寺で行いました。

http://www.daigoji.or.jp/index.html

拝観料は、三宝院(御殿・庭園)、伽藍(金堂・五重塔他)、霊宝館(宝物)の各々が600円、2ヶ所共通券(好きな2ヶ所を選択)が1,000円、3ヶ所共通券が1,500円となっています。窓口の人に桜の花を撮りに来たのだが、と尋ねると三宝院と霊宝館が良いと教えてくれます。桜は正しく今が満開です。殆どの桜がその根を守るために木の下には入れないようになっています。これで良いのだと思います。ただこの日は晴れながら灰色の空です。花びらが青空を背景に浮かび上がる素敵は期待できません。それでも桜の近くにいるだけで嬉しくなります。

霊宝館では通常展示の他に、『そうだ 京都、行こう。』のポスターを撮られているプロ写真家の京都の素敵な写真が集められていました。いいな、京都。写真を見ていると知らない素敵な京都がたくさんあることを知りました。同じ場所でも季節や時間、天候や自分自身の心持などが違うと見え方が違ってきます。行く回数だけ違う見方が出来るのかも知れません。Dsc_0057 Dsc_0352 Dsc_0112 Dsc_0117 Dsc_0144 Dsc_0145 Dsc_0190 Dsc_0088 Dsc_0089 Dsc_0203 Dsc_0213 Dsc_0227 Dsc_0253 Dsc_0234 Dsc_0263 Dsc_0257 Dsc_0246 Dsc_0255 Dsc_0268 Dsc_0270 Dsc_0281 Dsc_0286 Dsc_0317 Dsc_0306 Dsc_0324 Dsc_0352_2 Dsc_0353 Dsc_0332 Dsc_0301 Dsc_0355 Dsc_0368 Dsc_0371 Dsc_0380 Dsc_0379 Dsc_0409 Dsc_0389 Dsc_0417 Dsc_0410 Dsc_0472 Dsc_0393 Dsc_0458 Dsc_0429 Dsc_0485 Dsc_0462 Dsc_0495 Dsc_0489 Dsc_0490 Dsc_0503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

越木岩神社 椿まつり 

Dsc_0021 今日は降水確率80%という雨が降らなかったらおかしい天気ですが11時位には雨も上がり薄日が射してきます。う~ん、と熟考すること3秒、数あるイベントの中で一番近場の越木岩神社へカブと行くことに決定です。でも雨が降ってきたときの為に万全の準備は欠かせません。カメラも交換レンズは持参せずタムロン28-300のみです。D70をタオルに包みビニールで包んだ上、ビニールポンチョの上に置いてカブの籠に座らせます。

越木岩神社では毎年3月に病気に罹らないように祈念する『鎮花祭』が執り行われます。ヤブ椿が自生する当神社では『椿まつり』と命名しています。土曜日は椿セミナーと鎮花祭、日曜日の今日は奉納演芸が行われます。

出演順に『だんじりおはやし』『大正琴』『太鼓演奏』『フラダンス』『少林寺拳法』(休憩)『歌謡曲 ~三國三郎田~』『太極拳』『ライブ着付け』『よさこい』です。よさこいが始まる前から雨がポツリポツリ。そのうち本格的に降り出してきました。

この中で唯一その名称だけでは理解不能だったのが『ライブ着付け』でした。これは二人一組で3分以内に着付けを行うものと、着付けを言葉にしながら一人で行うものとの2本立てでした。一人であの帯をキチンと巻くことが出来るんです。ちょっと感激でした。Dsc_0008 Dsc_0003 Dsc_0036 Dsc_0010 Dsc_0054 Dsc_0041 Dsc_0078 Dsc_0080 Dsc_0117 Dsc_0097 Dsc_0110 Dsc_0125 Dsc_0161 Dsc_0142 Dsc_0172 Dsc_0171 Dsc_0174 Dsc_0177 Dsc_0186 Dsc_0178 Dsc_0209 Dsc_0182 Dsc_0222 Dsc_0025 Dsc_0231 Dsc_0230 Dsc_0246 Dsc_0236 Dsc_0252 Dsc_0035 Dsc_0270 Dsc_0263 Dsc_0301 Dsc_0295 Dsc_0316 Dsc_0307 Dsc_0374 Dsc_0320 Dsc_0494 Dsc_0446 Dsc_0513 Dsc_0495 Dsc_0375 Dsc_0508

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北山緑化植物園

P1000138 昨日(3月21日)は早くに帰って来れたので近くの植物園にカブと行ってきました。ちょっと前に行った時とは大分様変わりして春の訪れを強く感じさせてくれました。うららかな午後を多くの人がのんびりと楽しんでいました。(使用カメラFX-01)P1000110 P1000106 P1000120 P1000116 P1000164 P1000158

| | コメント (5) | トラックバック (0)

JAF 尼崎事務所

JAF兵庫支部の尼崎事務所が4月11日(土)に移転します。その場所がいつもの僕の171コースにあります。レッドバロンやマクドナルドの向かい側です。移転日当日はオープンイベント(10時から15時)が行われます。チューリップの鉢も先着100名様にプレゼントされます(ただし、JAF Mate4月号に付いている引換券が必要)。僕は近畿圏内のイベント情報などがゲット出来やすくなると楽しみにしています。この日(3月20日)はまだ内装の改装中でした。以前はドーナッツ屋さんがあったり良さそうな場所だと思うのですがお店がコロコロと変わっている処です。JAFさんには長居をして欲しいと思います。P1000091 P1000080

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天下一品

天下一品のこってりラーメンは好き嫌いがはっきりと分かれるラーメンです。ちなみに僕は大好きです。このラーメン、食べ終わると嬉しいメッセージが現われるのです。仕方ありません。また来なくてはならないようです。(注:右下ラーメンはネギ大盛り100円増&ニンニク入サービス)P1000082 P1000089

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関西電気保安協会

P1000072 今日は朝から雨模様です。仕方が無いのでコンデジに溜め込んでいたデータを整理しているとこんな画像が出てきました。関西に住んでいる人なら知らない人はいない?この会社。しかも誰もが社名をメロディ付き♪で口ずさんでしまいます

現在放映中のCMでは『ぴりぴり篇』と『唄篇』とが好きです。

http://www.ksdh.or.jp/enjoy/tvcm.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

王子動物園 

Dsc_0378 神戸総合運動公園からは山麓バイパスを使いトンネルを抜けるとあっという間に生田に出ます。余談ですが生田神社で結婚式を挙げた藤原紀香さんと陣内智則さんも2年という短い結婚生活にピリオドを打つことになるようです。そんな生田から王子動物園までは3km程の道のり、これまたあっという間に到着します。今日は王子動物園が無料の特別の日であります。1951(昭和26)年3月21日に開園した記念日です。車は駐車場待ちで長蛇の列を作っています。でも僕はDSCなので入場ゲート前にある駐輪場に待ち時間ゼロで止めさせて貰います。これだからバイクでないと外に行く気がしなくなります。

入り口で貰った『王子動物園マップ』をこのブログを書きながら見ていると結構周り漏れている場所があったことに気が付きます。一応ぐるっと周ったつもりでしたがレッサーパンダやシロサイ、ライオンやトラ、そしてコアラまで見逃してしまっていました。動物園を周るならしっかりとマップを見て周りましょう。

旭山動物園を倣ってか生態そのものを見せる展示方法がここでも採られています。でも水中にいる動物を見るのは多くの人間のさらに向こう側ですので人間は見れても動物はなかなか見えません。ホッキョクグマやアシカは大人気でした。カンガルーはこの暖かさの中、もう完全にダレていました。大きな蛇は存在感抜群でした。パンダのあの白黒はどうしてあんなに可愛い配置なのでしょう。

王子動物園の桜通り抜けのポスターがありました。どうやら日にちが決まったようです。4月2日(木)から4日(土)までの3日間。18時から20時半までで入場無料です。Dsc_0365 Dsc_0200 Dsc_0256 Dsc_0204 Dsc_0248 Dsc_0240 Dsc_0284 Dsc_0263 Dsc_0271 Dsc_0303 Dsc_0281 Dsc_0277 Dsc_0299 Dsc_0330 Dsc_0332 Dsc_0322 Dsc_0345 Dsc_0346 Dsc_0353 Dsc_0348 Dsc_0363 Dsc_0318

| | コメント (4) | トラックバック (0)

菜の花まつり 

Dsc_0089 神戸総合運動公園には高速道路を利用したのでフルーツフラワーパークから30分も掛からずに到着しました。下道では一本でアクセスできるルートが無く仕方なしではありましたが、お蔭でゆっくりと菜の花の中を漂うことができました

神戸運動公園駅に隣接するローソンの裏側に駐輪場があります。第3駐車場(だったと思う)から入っていくのですが初めてのときは勝手が分からず右往左往したことを思い出します。DSCを止め、橋を渡ってコスモスの丘へと向かいます。途中、ボランティアの方からコスモスの種を頂戴しました。その方に菜の花情報をお聞きすると今が満開見頃のど真ん中と教えて下さいます。ヤッホ~♪ 身体より心が先を急ぎます。丘の上から陽気な音楽が聞こえています。今日は『菜の花まつり』が丘の上の広場で行われています。そちらも気になりますがここの菜の花は下から見上げるときが一番綺麗なのを知っています(冒頭写真は上から見下ろしているのですが・・・)。下りの道を選んでゆっくりと降りていくと木々の間から黄色の絨毯が広がっているのが分かります。お~、素晴らしいです。

菜の花の中に自分を置くと菜の花の香りに包まれます。ほんのりと香るのでなくかなり強めの香りです。春が強く主張しているようです。沈丁花の香りが大好きですが菜の花の香りの中に居て天国ではこんな匂いがしているのかな、と感じました。Dsc_0084 Dsc_0059 Dsc_0040 Dsc_0143 Dsc_0073 Dsc_0046 Dsc_0139 Dsc_0110 Dsc_0080 Dsc_0063 Dsc_0176 Dsc_0183 Dsc_0007 Dsc_0194

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フルーツフラワーパーク 

Dsc_0666 三連休の中日。お天気が良いのは今日までで明日は雨模様です。今日はDSCで高速移動も含めて欲張りな計画を実行することとしました。

【本日のルート】 西宮→宝塚→176→天上橋→82→73→フルーツフラワーパーク→大沢IC(六甲北道路)→神戸北IC(山陽自動車道)→三木JCT→布施畑IC→神戸総合運動公園→山麓バイパス→山手幹線→王子動物園→山手幹線→夙川→西宮

フルーツフラワーパークをツーリングマップルで場所を確認すると道が入り組んで分かり難いことこの上なしです。でもそんな時は大抵看板が充実しているものです。今回も神戸北ICを目印にしていくと、そこからは看板が案内してくれました。

要塞の入り口のようなゲートを潜るとすぐ左手に駐車場です。バイク専用の駐車場は無い様なので車と並べてDSCを止める事にします。無料ゆえもっと混雑していると思いましたが、まだ早いのか混雑度はゼロです。遊園地『神戸おとぎの国』もあり小さい子供たちはここでも遊ぶことができます。僕は春の花を目当てに来ているのでパーク内へと進んでいきます。中央のルネサンス広場を抜け、ホテル『フルーツ&フラワー』前に広がる中央広場に出ます。ここでは たくさんの花屋さんが店を出す準備に追われていました。広場を2周ほど廻りますが充実感に乏しく他に見るべきところも無い様なのでトボトボと戻っていきます。

素敵な建物であるワイン・ビール館に立ち寄ると閉鎖の看板が掛けられています。場所を移動したようです。建物が死んでしまうとパーク全体が色褪せて見えてしまいます。ますますトボトボ歩きとなった僕に元気をくれたのが温室の中で咲くチューリップたちでした。小さな温室に少しだけではありましたが様々な色合いに彩られたチューリップはとても素敵でした。自然だけが魅せてくれる色であります。温室を繋ぐ真っ直ぐに延びた道を歩いていくと素敵な花たちがそっと咲いていました。Dsc_0574 Dsc_0575 Dsc_0591 Dsc_0607 Dsc_0618 Dsc_0598 Dsc_0578 Dsc_0610 Dsc_0615 Dsc_0622 Dsc_0620 Dsc_0614 Dsc_0632 Dsc_0626 Dsc_0646 Dsc_0642 Dsc_0649 Dsc_0653 Dsc_0664 Dsc_0659 Dsc_0640 Dsc_0662 Dsc_0677 Dsc_0692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

アメリカンワールドフェスタ‘09 

Dsc_0569 モーターサイクルショーと同時期にハーレーによる『アメリカンワールドフェスタ‘09』が開催されます。

ここで駐車場情報(天国と地獄編)です。モーターサイクルショー会場のインテックス大阪に近付きますと『2輪駐車場→』という看板が見えてきます。2輪のショーなのでそこら辺に駐輪させるようなことは主催者側としても出来ないので駐輪場を用意しています。でも、でもなんとこれが有料300円なのであります。無料大好きな僕ですので『2輪駐車場→』看板にむざむざとやられてしまう訳にはいきません。有料駐車場に一度は吸い込まれ、鞄を提げたおばちゃんから『はい、300円ね』と言われても何とかそこを脱出します。そしてハーレーの会場へと向かいました。HPで『2輪駐車場無料』とあったことを知っていたからです。300円を倹約したい方、是非ハーレーのイベントも見て頂き、こちらに駐車して下さい。

「エンジン始動OK!」めちゃタッチバイクなるイベントに参加します。試乗会は長蛇の列なのでパスします。ハーレー独特のリズムパルスに完全にやられてしまいます。これに取り憑かれるとなかなか元に戻れなくなります。Dsc_0541 Dsc_0566 Dsc_0556 Dsc_0537 Dsc_0544 Dsc_0561 Dsc_0562 Dsc_0558

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モーターサイクルショーⅡ 

Dsc_0011 ヤマハから『第25回モーターサイクルショー2009』のチケットをプレゼントして貰いました。今日から22日(日)までの3日間、インテックス大阪にてバイク好きとキャンギャル好きの祭典が催されます。この両方が好きですと夢の祭典となります。

ヤマハから送ってきてくれたチケットの入った封筒をヤマハのブースに持っていくともれなく感謝グッズを頂くことが出来るのでまずはヤマハへと向かいます。受付で封筒を出すと素敵な女性から『あらっ、こんにちは』と挨拶されます。『???』素敵なモデルさんと僕との接点は全く持ってありませんのでびっくりです。なんといつもお世話になっているYSPさんでコーヒーを出してくれるお嬢さんでした。モデルさんもやっているとは知りませんでした。普段でも素敵な方なのですが、こうして髪の毛をアップしてモデル衣装に身を包むとまた格段と綺麗です。ヤマハでは今回舞台に立つようなシーンは用意されていないようです。あれば全力投球したのに残念であります。

バイクのそばに居るだけで幸せになることの出来る僕ですのでこの空間はパラダイスです。何台ものバイクに跨らせて貰います。BMWのGSはつま先を伸ばしても地面に足が届きません。股下が日本人の平均より若干短いであろうことは自覚しておりますが、こうして足が届かない現実を目の当りにすると笑うしかありません。『誰が乗るんだこのバイク』 日本人よ、声高に叫ぼうではありませんか。

会場ではバイクとお姉さんの周りに人が群がっています。お姉さんの方はおじさんやお兄さんたちが手に手にカメラやビデオを持って押し競饅頭状態です。僕も果敢に攻めて行きたいのですがおじさんたちの中になかなか入っていけません。バイクの方では僕が写真を撮っていると申し訳ない位皆さん立ち止まって僕が撮り終わるのを待っていたり遠回りしてくれたりして下さいます。でもお姉さんの方はちょっとでも隙間があろうものなら皆が『我先行かん』とて身体をくさび状態にして突進します。これはちょっと草臥れます。

雑誌『タンデムスタイル』のブースには『やたぐわぁさん』がいらっしゃるではありませんか。こちらはあちらを知っていますがあちらはこちらを知る由もありません。『いつも雑誌を拝見させて頂いています。頑張ってくださいね』と声を掛けさせて頂きます。

夢の祭典を満喫してガラポン抽選会でヤマハのシールを頂戴し、ハーレーの会場へと向かいます。Dsc_0103 Dsc_0127 Dsc_0161 Dsc_0023 Dsc_0248 Dsc_0226 Dsc_0256 Dsc_0231 Dsc_0374 Dsc_0319 Dsc_0030 Dsc_0416 Dsc_0522 Dsc_0507

| | コメント (11) | トラックバック (0)

モーターサイクルショーⅠ

Dsc_0012 Dsc_0014 Dsc_0020 Dsc_0136 Dsc_0428 Dsc_0142 Dsc_0145 Dsc_0147 Dsc_0151 Dsc_0153 Dsc_0165 Dsc_0263 Dsc_0265 Dsc_0407 Dsc_0409 Dsc_0429 Dsc_0432 Dsc_0450 Dsc_0453

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

USJの贅沢 

遊園地へ夕方ちょこっと顔を出し、お気に入りのステージだけを観てさっと帰ってくる。お~、大人の贅沢です。

『アメリカン・ポップ・アワード』は前回とは違うメンバーでした。歌の方は前回のメンバーの方がちょっぴり上でしたが、今回もパワフルな歌声に感動してきました。Dsc_0623 Dsc_0309 Dsc_0471 Dsc_0409 Dsc_0491 Dsc_0434 Dsc_0701 Dsc_0680 Dsc_0752 Dsc_0723 Dsc_0726 Dsc_0015

            

             

               

              

              

             

そして『マジカル・スターライト・パレード』。日曜日の夜。たくさんの人がこのパレードを楽しみにして来ています。キャノピー下は身動きが出来ないくらいの混雑です。人混みを掻き分けラグーンの近くに来ると開始10分前でも最前列から3列程が出来ているだけの状態です。僕は壁際に立ってキャストの方たちを同じ目線の高さで撮るべく準備していたのですが、人が3列目後方にポツポツと立ち始めます。これはいけません。でも僕自身がそこに立つのは嫌だったので場所を反対側に移って新たな撮影場所を決めます。少し背が高くなれるその場所は結構いいかもしれません。それでもパレードが始まるとドンドン立ち見が増えてその頭越しに撮ることとなってしまいました。Dsc_0100 Dsc_0085 Dsc_0143_2 Dsc_0131 Dsc_0168 Dsc_0166 Dsc_0176 Dsc_0173 Dsc_0218 Dsc_0205 Dsc_0270 Dsc_0246 Dsc_0305 Dsc_0287 Dsc_0354 Dsc_0337

            

               

            パレードが終了後の各アトラクションの待ち時間。どうしても最後にはアトラクションに乗りたい、そんな方のご参考になれば幸いです。Dsc_0356 Dsc_0357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元町ストリートコレクション 

神戸ファッションウィーク2009のイベントが神戸元町にて催されます。元町4丁目商店街とファッションデザイン学校とのコラボレーション 『元町ファッションストリート』。

昨日は「ライブペインティング」と題してアートパフォーマンスが繰り広げられたようです。そして今日は「ストリートコレクション」と題しアーケード下に赤絨毯を敷き、ストリートをランウェイに変身したファッションショーを開催します。最初、元町の4丁目ってどの辺かな?と思いました。大丸に近いほうから1丁目が始まりますが4丁目は結構中心地から離れています。同じ元町アーケード商店街といっても離れた場所にある店はやはり客寄せの為に工夫が必要となっているようです。

この日は3ステージが予定されていますが、僕は第2ステージに参加します。ちょっぴり早く着いたので街路樹の花たちをタムロン90mm2.8と遊びます。今日はこのレンズに活躍してもらう予定です。赤絨毯に戻って一番端っこに位置します。先日神戸空港のファッションショーではモデルさんは正面を見ることを知ったからです。すると目の前にSHINさんが登場です。SHINさんは本日2度目の撮影との由。しかも僕が立っている場所からショーが始まるのでもう少し引いたところからの方が撮りやすいとアドバイスを頂きます。SHINさんとは反対側の空きスペースに潜り込みます。

モデルさんはファッションデザイン学校の生徒さんたちです。プロのモデルさんのように見せ場を取るのはちょっと恥ずかしいのでしょう。ピタッと止まるところがなく、またモデルさんとの距離も近過ぎて被写体を追いかけるのにも苦労します。AFも全く追いつきません。結局没写真のオンパレードとなってしまいました。SHINさんはその中でもバッチリ決められていらっしゃいました。さすがです。Dsc_0005 Dsc_0001 Dsc_0007 Dsc_0016 Dsc_0018 Dsc_0008 Dsc_0051 Dsc_0038 Dsc_0060 Dsc_0074_2 Dsc_0115 Dsc_0107 Dsc_0130 Dsc_0128 Dsc_0013 Dsc_0145

| | コメント (4) | トラックバック (0)

万博記念公園 

Dsc_0082 今日は『万博公園ふれあいの日』として園内の施設である日本庭園、自然文化園、国立民族学博物館、大阪日本民芸館(一部特別展除く)が無料となる貴重な日であります。また『ABCラジオスプリングフェスタ2009』と『ABC万国博マラソン大会2009』とが同時開催されているため多くの人が万博公園に集まってきました。

DSCをモノレール駅下の駐輪場に止めて入り口に向かうと今は無きエキスポランド付近まで長蛇の列が続いています。僕もですが皆さん、無料には素直に引き寄せられるようです。多くの人の目当てはラジオフェスタのようです。会場のお祭り広場に人の波が流れていきます。僕は波から外れるように梅林の方へと向かいます。梅たちは既に花びらを落としています。それでも遅咲きの花が辛うじて梅林の名前を維持していました。

僕の今日の目当ては国立民族博物館です。ここの博物館は素晴らしいです。人間って凄いんだ、ということを真正面から教えてくれます。広大な敷地に膨大な宝物がその素敵を魅せてくれます。ここでは特別展を除き写真撮影はOKです。博物館というと敷居が高く感じるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

この日も無料にも拘らず人気(ひとけ)は余りありません。そんな中を気に入った作品の前で暫し佇んだ後、D70の出番となります。ISO1600、5014と暗さ対策MAX仕様です。レンズを通すとまた違う世界が見えるので二重に得した気分です。Dsc_0027 Dsc_0010 Dsc_0023 Dsc_0019 Dsc_0058 Dsc_0053 Dsc_0064 Dsc_0046 Dsc_0084 Dsc_0070 Dsc_0089 Dsc_0074 Dsc_0126 Dsc_0094 Dsc_0143 Dsc_0123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

鹿児島まで1,000円ポッキリ 

ETCの割引が3月28日(土)からいよいよスタートとなります。ただ大都市圏を含む近畿近郊では料金の制度が複雑で分かり難いことこの上なしであります。『地方路線から大都市圏に入り、再び地方路線に抜けると、地方路線の二つの区間で・・・』とかなんとかあるともう訳が分からなくなります。西宮住人にとって分かり易いのは西宮北ICから西に地方路線を使わずに行き先を決めること。それであれば考えることがありません。

今日の新聞に拠れば西宮北ICから鹿児島ICまで普通車の現行料金16,800円(二輪車13,450円)が3月28日(土)からの土日祝日は1,000円になるのであります。お~、ワンダフル。

地方路線が入り組むと料金体系が俄然と分かり難くなりますが、西宮北ICから鳴門ICまでは現行6,300円(二輪車5,050円)が1,450円となるとのことです。お~、ニャンダフル。

高校の修学旅行は当時の国鉄の値上げにより一年上級が九州一周をしたのに僕らは北九州だけとなって九州の南側はまだ僕にとって未踏の地であるのです。所要時間9時間23分。距離841.8km。DSCでいけば高速で25km/Lとして33.7L。リッター当り100円とすれば3,370円。高速代と合わせても4,270円で九州の人になれる訳です。九州の人にならずとも倉敷や尾道の街並みを気軽に散策することもリーズナブルで可能になります。

鳴門に行ければ、あの大塚国際美術館に逢えることが出来ます。陶板名画で名のある美術館です。システィーナ・ホールの天井画をひっくり返って見上げることが出来ればもう最高に幸せになれそうです。これも所要時間1時間25分。距離115.8kmですので上述の算式を当てるとガソリン代は463円、すべて込み込みの往復料金で3,826円で夢を手に入れることが出来ます。

http://www.o-museum.or.jp/japanese/information/01.html

行動範囲が一気に広がります。ETC、バイクに着けて貰って本当に良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸花物語

Dsc_0343 今日は天気が良ければJAFの感謝DAYを和歌山マリーナシティで開催しているので海の風と遊ぶつもりでした。でも空は生憎のお天気。天気予報では午後から曇りとありますが、10時でもまだ小雨が上がりません。和歌山マリーナシティのメインスポットであるポルトヨーロッパは3月31日(火)までJAF会員なら入園料が無料(通常1,400円)となっています。出来れば春のヨーロッパの雰囲気をちょっぴり感じて来たいと思っています。

そんな訳で雨が上がるとすぐに家を飛び出しNHK大阪へ繰出した次第です。でも時間がたっぷり余ります。そこで神戸で『5万本の花でお迎えします』と云ってくれていた『神戸花物語』に行くことにしました。

http://www.k-hanastory.visitors.jp/

このイベントは13日(金)から15日(日)までの3日間、ポートアイランドの神戸国際展示場3号館で行われています。ポートライナー市民広場駅の駐輪場へカブを止めて展示場へと向かいます。その間にダフ屋が2人いて「チケット買うよ」と小声で言っています。あれっ?入場料要るの?とここで無料を前提に来た僕の計画が音を立てて崩れていきます。チケット売り場には高々と500円也の料金表が掲げられています。3秒ほど一生懸命に考えて男らしく初志貫徹の精神で臨むことにしました。入り口から入っていくとまず見えるのが冒頭の写真にあるメインオブジェ『こうべ花ケーキ』です。高さ6m、すべて神戸市産の花を用いて作られています。イベント終了後は神戸市内の福祉施設や幼稚園、小学校の花壇を彩る予定だそうです。会場は天井が高く花々の素敵な香りが満ち溢れるというシチュエーションではありません。それがちょっぴり残念でありました。イベントステージでは花の世界では有名であるらしい「トミーさん」が独特のしゃべり方で多くの観客を集めていました。神戸空港友好都市PRコーナーでは沖縄から美ら海(ちゅらうみ)水族館が来て沖縄の素敵をPRされていました。いつかは行ってみたい処であります。

なんと神戸花物語で貰ったパンフレットに素敵な無料情報を見つけました。神戸市立フルーツフラワーパークの入園料&駐車料が3月20日(祝)から22日(日)までの3日間無料となります(通常入園料500円、駐車料0円←元々無料・・・)。

http://fruit-flowerpark.jp/fruit_flower/index.html

これは行きたくない人も行かなくてはいけません。この3連休には色々な素敵なイベントが他にも目白押しです。春を思いっきり楽しみましょう。Dsc_0165 Dsc_0183 Dsc_0206 Dsc_0191 Dsc_0240 Dsc_0220 Dsc_0268 Dsc_0269 Dsc_0273 Dsc_0301 Dsc_0307 Dsc_0305 Dsc_0316 Dsc_0311 Dsc_0331 Dsc_0386 Dsc_0396 Dsc_0393 Dsc_0408 Dsc_0351 Dsc_0430 Dsc_0435 Dsc_0503 Dsc_0527 Dsc_0477 Dsc_0462

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんだん 

                               Dsc_0070

                 

NHK連続テレビ小説『だんだん』の収録セット特別公開3月7日(土)から15日(日)までNHK大阪放送局1階アトリウムで行われています(10時~18時)。ちりとてちんの時も行ったのですがその時は時間にも拠ったのでしょうが外までもの凄い列が出来ていて会場に入るまで大変でした。けれども今日は全くその気配すらありません。あれれ~、人気(視聴率)はどうだったのかが気になります。カブは放送局前にある広場に端っこに止めさせてもらいました。

『だんだん』は松江の方言で『ありがとう』の意味。『ありがとう』って世界一素敵な言葉だと思います。

「上を向いて歩こう(坂本九)」「恋のバカンス(ザ・ピーナッツ)」「恋のフーガ(ザ・ピーナッツ)」「白い色は恋人の色(ベッツィ&クリス)」「あの素晴らしい愛をもう一度(加藤和彦・北山修)」「渚のシンドバッド(ピンクレディ)」「守ってあげたい(松任谷由実)」「赤いスイートピー(松田聖子)」「M(プリンセス・プリンセス)」「いのちの歌(シジミジル)」

ドラマを彩った歌たちです。今の歌はリズムが身体に合いません。これらの歌たちなら身体が安心して聴いてくれます

恋のバカンスhttp://www.youtube.com/watch?v=MeQnI9mLxWI

恋のフーガhttp://www.youtube.com/watch?v=fFlFX0d8cOA

唐突に突然でありますが小柳ゆきの恋のフーガも最高ですhttp://www.youtube.com/watch?v=ioQKR-JunLY&feature=related

祇園「花むら」がその舞台です。表通りから路地に入ったところにあるお茶屋の世界。知らない世界はどうにも魅力的です。芸妓、舞妓の名前が書かれている木札。こんな小さなセットにも木札の新旧が出るようにエイジング(経年劣化加工)という特殊技術が使われているそうです。Dsc_0007 Dsc_0004 Dsc_0074 Dsc_0019 Dsc_0075 Dsc_0071 Dsc_0028 Dsc_0027 Dsc_0037 Dsc_0029 Dsc_0057 Dsc_0055 Dsc_0077 Dsc_0065 Dsc_0084 Dsc_0081 Dsc_0086 Dsc_0105 Dsc_0106 Dsc_0093 Dsc_0108 Dsc_0100 Dsc_0133 Dsc_0110 Dsc_0135 Dsc_0136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

春のUSJ 

Dsc_0371 ショーやパフォーマンスの端境期からボチボチと脱皮しつつあるUSJへ行ってきました。 年間パスポート(年パス)を持っているので毎日でも行けるのですがUSJに隣接するマンションにでも住んでいないとそうもいきません。

年パスを持っている人は入場ゲートで顔認証を機械でするのですが、僕はこれに一発で合格したことがありません。登録した顔に問題があるのか、今の生顔に問題があるのか、小さな心を痛めております。もちろん今日も駄目だしがあり、何回かのチャレンジの後やっと入場を認めてもらいます。結構な人出であります。エントランスから続くメインストリートは人、人、人です。ストリートの左右にある巨大なおみやげショップも人で溢れています。

乗り物に乗るのは本日はパス。でもゲート入り口で貰ったショー・スケジュール表にはパフォーマンス名の横に『Coming Soon』の文字がずらっと並んでいます。8件中4件、なんと50%の確率でComing Soonなのであります。その貴重なオンスケジュールの中から『NEW』の文字が付いている『アメリカン・ポップ・アワード』を観ることにします。オープンなステージはとてもいい感じです。とても楽しく素敵なミュージックショーです。お客さんたちも気持ちよく楽しんでいるのが分かります。僕はほぼ真正面からのポジションでしたが傾きかけた太陽が舞台の向うに落ちていくタイミングと重なって露出の難しいことといったらありません。スポット測光を利用すると背景がみんな飛んでしまいますし、イメージ通りに全く撮れません。悲しいほどです。園内をぶらりと散策して次のステージでリベンジすることにしました。次のステージでは日が落ちかけ明るさとの戦いとなりましたがこちらの方がまだマシであります。Dsc_0390 Dsc_0133 Dsc_0134 Dsc_0141 Dsc_0381 Dsc_0135 Dsc_0519 Dsc_0465 Dsc_0595 Dsc_0533 Dsc_0455 Dsc_0674 Dsc_0747 Dsc_0724

            

             

            その後、『ブルース・ブラザーズ~シカゴ・バウンド』の終盤を道を挟んだ通路で見た後、その通路に座って本日のメインイベント『マジカル・スターライト・パレード』の開演を待ちます。あれだけいたお客さんたちですがこのパレードは園内をグルッと回ります。なので最前列を確保するのも場所さえ選ばなければそんなに難しくはないようです。しかも僕はひとりなので家族の間に出来る空きスポットにすっぽりと入ることが可能です。開演時間が近付くと、 『0123アート引越しセンター』の名前が連呼されます。スポンサーさんなので仕方ありませんが、こう連呼されると折角夢の国に来ているのにちょっと興醒めの感も無きにしもあらずであります。しかもパレード先頭にあるエルモの台車にも『0123アート引越しセンター』の看板が貼られています。う~ん、分かるんですけどね~。パレードは綺麗でした。でもハピモニで感じた感動は得られませんでした。電気仕掛けの機械と、人間が織り成すショーとではやはり感動の質に違いがあるようです。Dsc_0023 Dsc_0012 Dsc_0037 Dsc_0032 Dsc_0096 Dsc_0071 Dsc_0124 Dsc_0046 Dsc_0138 Dsc_0114 Dsc_0177 Dsc_0153 Dsc_0165 Dsc_0148 Dsc_0201 Dsc_0193 Dsc_0226 Dsc_0215 Dsc_0258 Dsc_0239 Dsc_0308 Dsc_0290 Dsc_0328 Dsc_0322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統文化体験フェア 

Dsc_0055 兵庫県公民館(迎賓館)で昨日と今日の2日間、伝統文化の体験フェアが行われました。民謡、邦楽(筝絃)、太鼓、詩吟、民族芸能、能・狂言、邦舞、日本画、書道、工芸、短歌、俳句、川柳、華道、茶道と無いものを探すのに困るほどバラエティに富んでいます。それぞれが小さなブースを出して気軽に体験やお話を聞いたりすることが出来ます。広いステージや展示場でもそれぞれが工夫を凝らして模範演技と体験指導をされていました。来場記念に「花の種」と「ドリンク」を頂戴しました。種は三種類あったのですが、僕はひまわりを貰いました。今年の夏は猫の半分ほどの額の庭でひまわりの大輪を見る事が出来るでしょうか。Dsc_0004 Dsc_0011 Dsc_0025 Dsc_0012 Dsc_0041 Dsc_0037 Dsc_0076 Dsc_0047 Dsc_0087 Dsc_0062 Dsc_0089 Dsc_0090 Dsc_0113 Dsc_0103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

ターミナルコレクション 2009 SS IN 神戸空港 Ⅲ

ターミナルコレクションの最後を飾るのは『ウェディングショー』です。男の僕ですがいいですね~、ウェディングドレス。なんかウットリしてしまいます。Dsc_0207 Dsc_0185 Dsc_0200 Dsc_0197 Dsc_0216 Dsc_0220 Dsc_0227 Dsc_0238 Dsc_0264 Dsc_0356 Dsc_0281 Dsc_0275 Dsc_0288_2 Dsc_0285_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ターミナルコレクション 2009 SS IN 神戸空港 Ⅱ

今回はサンバショーもファッションショーの合間に行われました。踊り子さんのお尻につけた羽が顔をくすぐる位近くでの撮影です。その迫力に押されっ放しでありました。Dsc_0083 Dsc_0130_2 Dsc_0256 Dsc_0160 Dsc_0311 Dsc_0271 Dsc_0320 Dsc_0336

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターミナルコレクション 2009 SS IN 神戸空港 Ⅰ

Dsc_0531 ツアーエキスポを途中で切り上げDSCで神戸へと向かいます。最初地道で行く予定でしたが大阪港咲洲トンネル(自動二輪200円、125cc未満通行禁止)を抜けると阪神高速のミドリの看板が見えてきました。ここですぐに心変わりです。高速入り口近くでDSCを止めてETCをセットします。天保山ICから湾岸線を西へと風を切って走ります。ハーバーハイウェイは二輪は無料なので躊躇無くハイウェイを抜けていきます。20分でポートアイランドに到着です。高速はやっぱり早いです。神戸大橋から神戸空港までは約10分で到着です。

本イベントは『神戸ファッションウィーク』のひとつです。3月は神戸の街が素敵なおしゃれを装います。その頂点が『神戸コレクション 2009 SPRING/SUMMER』です。明日8日に開催されるステージは4部構成でアリーナ席は4ステージの通し座席ですと8,000円です。でも写真はご法度のようです。それに引き換えターミナルコレクションは写真OKのイベントです。しかも無料。今回は新作ファッションを初め、ウェディングドレスとサンバのショーまであるようです。

神戸空港の2階出発ロビーが会場となります。会場には赤い絨毯が敷かれています。ここをレディたちが闊歩するんです。スタートまで約45分。既に絨毯の周りには人が集まり始めています。花壇に腰掛けてインテックス大阪で撮ってきた写真を見ていると目の前にSHINさんがいるではありませんか。真っ黒ファッションに身を包まれているのですぐに分かりました。僕は黒いバンダナを頭に巻いていたのでSHINさんは分からなかったようです。SHINさんの2丁拳銃(40D&X)には単焦点が装填されています。さすが『ボケのSHINさん』です(注:ボケは被写界深度を利用した写真技法のひとつ)。もうすぐ始まると思っていると赤絨毯周りに係りの方たちが椅子を並べ始めました。最初、椅子はスペシャルパーソン用かと思いましたら一般ピープルOKとの由。僕のおしりは磁石に吸い寄せられる砂鉄のようにしっかりと座っておりました。SHINさんは前回も来られていてほぼベストポジションをキープされているので立たれたままスタートを待たれます。

やがて軽快な音楽とともにスタイリッシュなファッションショーが幕を開けます。腕に覚えのあるカメラマンたちが一斉にモデルさんたちが出てくる入り口にレンズを向けます。白レンズがずらりと並びます。フラッシュもでっかい奴にディフューザーを着けています。タムロンの28-300のように暗いレンズを、しかもフラッシュなしでチャレンジをしようとしているのはどうやら無謀のことのようです。本番では最前列でもありタムロンでは無理があったため、D70標準ズームの18-70を着けることとなりました。

モデルさんたちはみんな細くて背の高い方ばかりでした。こんな細くていいの?という感じの人もいました。モデルさんが目の前を歩くと香水の匂いがふわっと漂ってきましたDsc_0619 Dsc_0644 Dsc_0701 Dsc_0718 Dsc_0021 Dsc_0046 Dsc_0067 Dsc_0154 Dsc_0076 Dsc_0156

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツアーエキスポ 2009 

Dsc_0416         

         インテックス大阪で『ツアーエキスポ 2009』が開催されます。お馴染みの『大阪アウトドアフェスティバル』も同時開催していますが、今日は無料のツアーエキスポ一本に絞っています。というのも午後からは神戸空港でファッションショーがあるので中々忙しいのであります。

『ツアーエキスポ』公式HPより

http://www.fair.or.jp/tourexpo/2009/index.html

韓国・中国・台湾の大規模出展をはじめ、国内外の観光局・自治体などが最新旅情報を紹介します。今回も会場内の特設ステージでは、内外の参加者による歌や踊りなど楽しいパフォーマンスを繰り広げます。各ブースでは、これからの観光シーズン最新情報をはじめネイルアートの実演や抽選会などの楽しい企画もいっぱいあります。

今日のイベントで是非観たいのはマレーシア舞踊ショー』、『台湾の舞踊』、『インドネシアバリ島伝統舞踊』の3つです。ショーの合間にはイベント会場をぶらぶらと回ります。航空券や旅行券が貰えるブースにはすごく長い列が出来ています。お年寄りと子供たちが多かったです。完成度の一番高かったのはバリ島伝統舞踊でした。妖艶な世界に引き擦り込まれるとっても素敵な舞台でした。 Dsc_0130 Dsc_0062 Dsc_0302 Dsc_0261 Dsc_0403 Dsc_0394 Dsc_0407 Dsc_0405 Dsc_0450_2 Dsc_0433_2 Dsc_0491_2 Dsc_0516_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

甲東梅林 

Dsc_0327 中山寺からの帰り、梅の見納め(さて、そうなるかな?)として甲東梅林へ寄り道してきました。甘酒が100円で提供されていて魅力的でしたが、飲酒運転撲滅なので我慢しました。Dsc_0272 Dsc_0268 Dsc_0283 Dsc_0278 Dsc_0340 Dsc_0347

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中山観音公園(梅林) 

Dsc_0186 三月第一日曜日の今日は中山寺の『梅まつり』の日です。多くの人で賑わっていると思いその華やかな場所にカブと一緒に行ってきました。まず行ってびっくりしたのは中山寺の代名詞でもある山門が白いベールで覆われてまったく見えなかったことです。どうやら修復中のようですが、仁王像さんたちに会えなかったのは残念でした。境内ではガレージセールも行われており多くの人で賑わっていました。梅林はすでに満開の時期を過ぎ後半もしくは終盤となっていました。紅梅はもう殆ど枯れていました。白梅がぎりぎりに頑張って梅まつりをなんとか盛り上げてくれていました。Dsc_0016 Dsc_0001 Dsc_0026_2 Dsc_0023_2 Dsc_0032 Dsc_0030 Dsc_0040_2 Dsc_0039_2 Dsc_0061 Dsc_0057_2 Dsc_0128 Dsc_0071 Dsc_0090 Dsc_0080 Dsc_0112 Dsc_0139 Dsc_0156 Dsc_0183 Dsc_0209 Dsc_0187 Dsc_0244 Dsc_0238

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »