« 越木岩神社 椿まつり  | トップページ | 京の桜 Ⅱ »

2009年3月28日 (土)

京の桜 Ⅰ 

Dsc_0353 桜の季節がやってきました。本当は行きたいのですがその大混雑がどうしても嫌で避けていた京都にカブと一緒に行ってきました。題して『カブと行く 京の桜探訪』

【本日のコース】 西宮→171号線→東山五条→1号線→35号線→①醍醐寺→②毘沙門堂→143→③南禅寺・インクライン→琵琶湖疏水→④祇園白川→⑤六角堂→⑥神泉苑→111→西大路通→⑦平野神社→きぬかけの道→⑧広沢池→嵯峨野→⑨嵐山・渡月橋→⑩松尾大社→29号線→9→423→池田→宝塚→西宮

京都に行くきっかけを作ってくれたのはNHKの歌番組『春うた2009』でした。レミオロメンが満開の桜の下でSAKURAを歌っていました。名前だけしか知らないアーティストですが(しかも一度で正確に言うことが出来ません・・・)幻想的な桜とのコラボレーションは見事でした。

http://www.youtube.com/watch?v=kmFrhQrtFL8&feature=related

歌よりも強く印象に残ったのが醍醐寺の桜たちでした。この時期に既に満開というのが信じられませんでした。でも今週末が見頃と桜守の方が伝えてくれました。

1号線から35号線に入ります。35号線の入り口は随分と心細い感じです。少し走ってから不安になり犬を2匹連れたご婦人に道を尋ねます。どうやら間違いはなさそうです。お礼を言って再び走り出そうと思ったとき、犬に左足首を咬まれました。久しぶりに犬に咬まれました。ちょっと痛かったのですが犬からしたらご主人様に害を及ぼす悪い輩と思われたようです。謝るご主人様がそこにいます。この日、寒さが1ヶ月くらい遡るとニュースで伝えていたので下半身はタイツとパッチとで防寒対策をしていたのが幸いしました。次からは犬連れでなく猫連れの方に道は尋ねようと思います

醍醐寺に着きます。カブは駐車場ではなくトイレの横に自転車と一緒に置くように言われます。大きいバイクは駐車場の端っこの様です。

秀吉はその晩年、三宝院の庭の景観を深く愛し「醍醐の花見」をここ醍醐寺で行いました。

http://www.daigoji.or.jp/index.html

拝観料は、三宝院(御殿・庭園)、伽藍(金堂・五重塔他)、霊宝館(宝物)の各々が600円、2ヶ所共通券(好きな2ヶ所を選択)が1,000円、3ヶ所共通券が1,500円となっています。窓口の人に桜の花を撮りに来たのだが、と尋ねると三宝院と霊宝館が良いと教えてくれます。桜は正しく今が満開です。殆どの桜がその根を守るために木の下には入れないようになっています。これで良いのだと思います。ただこの日は晴れながら灰色の空です。花びらが青空を背景に浮かび上がる素敵は期待できません。それでも桜の近くにいるだけで嬉しくなります。

霊宝館では通常展示の他に、『そうだ 京都、行こう。』のポスターを撮られているプロ写真家の京都の素敵な写真が集められていました。いいな、京都。写真を見ていると知らない素敵な京都がたくさんあることを知りました。同じ場所でも季節や時間、天候や自分自身の心持などが違うと見え方が違ってきます。行く回数だけ違う見方が出来るのかも知れません。Dsc_0057 Dsc_0352 Dsc_0112 Dsc_0117 Dsc_0144 Dsc_0145 Dsc_0190 Dsc_0088 Dsc_0089 Dsc_0203 Dsc_0213 Dsc_0227 Dsc_0253 Dsc_0234 Dsc_0263 Dsc_0257 Dsc_0246 Dsc_0255 Dsc_0268 Dsc_0270 Dsc_0281 Dsc_0286 Dsc_0317 Dsc_0306 Dsc_0324 Dsc_0352_2 Dsc_0353 Dsc_0332 Dsc_0301 Dsc_0355 Dsc_0368 Dsc_0371 Dsc_0380 Dsc_0379 Dsc_0409 Dsc_0389 Dsc_0417 Dsc_0410 Dsc_0472 Dsc_0393 Dsc_0458 Dsc_0429 Dsc_0485 Dsc_0462 Dsc_0495 Dsc_0489 Dsc_0490 Dsc_0503

|

« 越木岩神社 椿まつり  | トップページ | 京の桜 Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/44493570

この記事へのトラックバック一覧です: 京の桜 Ⅰ :

« 越木岩神社 椿まつり  | トップページ | 京の桜 Ⅱ »