« 花の命  | トップページ | 新開地音楽祭  »

2009年5月 9日 (土)

尼崎 寺町 

P1000055 尼崎というと兵庫県なのに市外局番が大阪の『06』となっていることに最初戸惑いを覚えたことを思い出します。

Wikipediaによると

『兵庫県に属するが、市全域が大阪市周辺と同じ「06」になっていて通話料金も大阪府扱いである。ただし、西日本電信電話の事業区域では兵庫県扱いになっている。 この理由は、大阪市との経済的な結びつきが強い尼崎市が、1890年当時大阪までしか通っていなかった電話をどうしても尼崎まで通してほしいということで、有限責任尼崎紡績会社(現在のユニチカ)が自費で尼崎市まで通してもらい、そして1954年に市外局番が適用された際、尼崎市も大阪市内と同じ通話料金で利用できるようにとの配慮で、尼崎市が工事費の一部を負担し、大阪市と同じ市外局番になったという経緯がある。当時は市外局番が同じ場所へ通話をする際、料金が市外局番が違う場所の半分で済んでいたことから、尼崎市は大きな恩恵を受けた。』 と説明があります。

工業都市のイメージが強い町ですが、ここに阪神間唯一の城下町があるといいます。そうなると蜜に引寄せられる蜂の如くであります。16日の夕刊にあった『尼子騒兵衛さんと行く尼崎・寺町』の記事も後押しになりました。尼子さん(女性)は忍者アニメ『忍たま乱太郎』の作者です。市内で育った彼女は神社の境内の狛犬に跨り銀玉鉄砲を撃っていたという活発な女の子だったようです。

賑やかな駅前を過ぎ寺町界隈へと足を踏み入れると途端に別の世界が広がります。1617(元和3)年の尼崎築城に際し、周辺の寺院が集められて作られました。戦災も免れ素敵な景色が残っています。時間がここだけ止まったような感じがします。どの寺もそれぞれ由緒ある経歴を持っています。近所の方たちに大人気のたこ焼き屋さんから美味しそうな匂いが流れていました。P1000030 P1000064 P1000037 P1000026 P1000042 P1000046 P1000072 P1000067 P1000080 P1000078 P1000090 P1000088 P1000092 P1000100 P1000119 P1000105 P1000133 P1000125 P1000109 P1000160 P1000149 P1000147 P1000169 P1000158

           

            

            

            

寺町を廻り終え尼信博物館へと向かいます。ここには尼崎藩主桜井松平家ゆかりの品々などが展示されています。また世界の貨幣を集めた『コインミュージアム』も併設されています。また特別展で絵画、工芸の作品展も開催されていました。P1000179 P1000178 P1000197 P1000189

            

            

            

            

博物館のお隣には『尼崎信用金庫 世界の貯金箱博物館』もあります。明治初期の貯金箱は『貯金玉』と呼ばれ、どんな願いも叶う「如意宝珠」と名付けられたようです。浅草の今戸焼き土人形の一種として生まれた宝珠貯金玉。素敵な焼き物の貯金玉を来館記念にと頂戴しました。P1000202 P1000200 P1000255 P1000203

            

             

            

            

  博物館で頂戴した「寺町ぶらり歩き(歴史コース)」のマップには『機銃掃射の塀』と『尼崎市役所開明庁舎』が紹介されています。太平洋戦争末期、機銃掃射の痕と思われる傷が塀を横切っています。戦争の悲惨さと平和の尊さをいつも忘れぬ為に残されている塀です。P1000217 P1000216 P1000226 P1000220

            

            

            

            

寺町散策の締め括りは尼センデパート内にある『アマガサキショップ』。湯たんぽ界のトップブランド『マルカ』も尼崎の会社です(といっても今日知りましたが・・・)。そして寺町の一番西にあって先ほど廻り忘れていた専念寺さんへ寄ってから家路に着きます。今日の相棒はカブ&FX01。P1000239 P1000232 P1000252 P1000233

|

« 花の命  | トップページ | 新開地音楽祭  »

コメント

尼崎の市外局番にはそんな経緯が
あったのですね!
おっしゃるように、尼崎は工業地帯の
イメージが僕もありましたが
いろいろ、史跡があるのですね...

この土日はすごくお天気もよく
久々にツーリングを予定していたのですが
風邪をひいてしまい、一歩も家を出ませんでした...
たっぷり寝たので回復しましたが、
来週の土日は今のところいい天気予報では
ないようなので、ちょっと残念。
再来週に期待です。。。

投稿: kazuh | 2009年5月10日 (日) 16時46分

kazuhさん、少しはお具合良くなりましたか。
雨だと諦めがつきますが、晴れだと悶々と
してしまいますね。
再来週はぜひリベンジしてください。

お寺さんが町の中心にあるとその町全体が
落ち着いたものに見えてきます。
お寺の由来が書かれている看板が寺ごとにあり
それを読んでいると『ふ~ん』と感心しきりでした。
本当に由緒あるお寺さんが多くて驚きました。
尼崎の違う一面を見させて貰いました。

貯金箱には500円玉がひとつ入りました。
さぁ、これで大型バイク買えるかな~。
(絶対無理です・・・)

投稿: tetsu | 2009年5月10日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/44955815

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎 寺町 :

« 花の命  | トップページ | 新開地音楽祭  »