« 今津灯台  | トップページ | 木曽路  »

2009年5月31日 (日)

西宮探訪 

朝は雨。程なく雨も上がりますが黒い雲が空を覆っています。フィットに加工して貰ったコーティングはその光沢を5年間も保障してくれます。ただし納車後10日前後に一度コーティング液を塗る必要があります。日陰で作業するように指示されていますがそんなものはどこを探してもありません。曇りの天気だけが頼りです。雨が上がって曇りの今がチャンスです。洗車をすると納車時の輝きが蘇ってきました。ただしこれで今日一日分の全エネルギーを使い果たしてしまいヘロヘロのヘ~状態となってしまいます。そこで暫しの休憩を挟んでカブと一緒に地元西宮の町を探訪しに行きました。

【今日のコース】 自宅→札場→白鷹酒造→酒蔵通り→日本盛煉瓦館今津六角堂(今津小学校内)→大関酒造→今津灯台宮っ子ラーメン城ヶ堀店マンボウトンネル夙川カトリック教会→阪急西宮ガーデンズ→ダイエー西宮店→自宅

西宮は日本酒の町でもあります。濃醇辛口の『灘の生一本』を作るメーカーが酒造通りに並んでいます。白鷹、大関、日本盛などの有名処が大きな看板を掲げています。酒の博物館などもあって酒文化の発信地ともなっています。日本盛がやられている『酒蔵通り煉瓦館』では見て、触れて、味わって日本酒の魅力を体験できます。ガラス工房があってその製作過程を見ることもまた自分で作ることも出来ます。レストランも併設されています。そして絞りたてのお酒や吟醸酒、純米酒などのきき酒コーナーもあるようです。もっと酒文化の紹介がなされていると思って入ったのですが少し期待外れでありました。日本盛以外の酒造会社では『白鷹クラシックス』や『大関甘辛の関寿庵』などがあります。Dsc_0009 Dsc_0002 Dsc_0012

          

          

          

          

今津六角堂は1882(明治15)年に建設された今津小学校の校舎です。様式のモダンな建物は何回も今の地に落ち着くまで移転させられてきたようです。今でも一部が教室と使用されているとのことです。Dsc_0034 Dsc_0019 Dsc_0032

          

          

          

          

宮っ子ラーメンは段上町の本店の他にいくつかの支店がありますが、ここ城ヶ堀店もそのひとつです。だけどちょっぴり味が本店と違います。微妙なんですが『こく』が足りない感じがします。本店の人気は今でも圧倒的ですがその理由は味の安定感にあります。いつでも美味しいのです。

マンボウトンネル。面白い名前です。谷崎潤一郎の『細雪』にもこのトンネルが出てくるそうです。

~奥畑はひとりニコニコして「さうだっか、この近所に来てなさるのんか。そんならいっぺん僕所へ遊びに来たまえ、僕所はあのガードを越えた直きそこだす」と言ひながら、そのマンボウの入口を指して「君、一本松知ってなさるやろ、僕所はあの一本松の傍やよって直き分かります。」~

ずっとあの魚のマンボウが語源かと思っていましたが、どうやらその辺りははっきりとしないのが現実のようです。身長172cmの僕でも歩くときには少し頭を下げながらでないと頭をぶつけそうになります。ここ以外にも人だけが通ることの出来る小さなトンネルがいくつかあるようですが、単に隧道とかトンネルとか言われているだけで「マンボウ」とは言われていないようです。Dsc_0179 Dsc_0172 Dsc_0135 Dsc_0154 Dsc_0129

          

          

          

          

          

          

          

  夙川カトリック教会。この辺りは桜の時期のよく来る場所ですがこの素敵な教会は全く気が付きませんでした。ここは遠藤周作が幼い頃に洗礼を受けた教会だそうです。阪神間初のカトリック教会でネオ・ゴシック様式の壮麗な外観は夙川の町と素敵にマッチしています。この日はバザーの開催日で沢山の信者の方たちが集まっていました。Dsc_0249 Dsc_0199 Dsc_0212 Dsc_0271 Dsc_0263 Dsc_0259 Dsc_0207

            

            

            

            

            

            

            

   今日の探訪に大活躍してくれたのは『ぷらっとウォーク西宮探訪MAP』です。手元には4種類のマップがあり、1番から順に「夙川~苦楽園~甲山」、「阪神西宮~酒蔵通り」、「甲子園~鳴尾浜・西宮浜」、「西宮北口~甲東園」となっており、分かり易い画と説明が加えられています。多分車を買うときに必要だった印鑑証明を取りに役所へ行ったときに貰ってきたものだと思います。地図を見ているだけで散策している気持ちになります。Dsc_0273

|

« 今津灯台  | トップページ | 木曽路  »

コメント

西宮探訪マップ、内容の充実にがんばっていま~す、よろしく<(_ _)>
http://kanko.nishinomiya-style.jp/

投稿: 香苗 | 2009年6月 3日 (水) 15時42分

甲子園口駅西300mぐらいのところに ここのよりもっと小さなマンボウがあります
150cm未満です
マンボウと呼ばれています みんな意味もわからずそうおしえられて呼んできました
鉱山などで使われている間歩が語源とか

トンネルではなくて水路ということになっています

投稿: TOSSY | 2009年6月 3日 (水) 20時36分

>香苗さん
マップの下側に「西宮流」とありました。
香苗さん達がお作りになっているんですね。
素晴らしいです。
拠点の駅で気軽に手に入るようであれば
もっと沢山の人の目に触れて
もっと沢山の人に西宮を知って貰えそうですね。
手書きの文字も手作り感満点で温かくていい感じです。
広田神社のお田植えの記事も拝見しました。
素敵な行事が近くで行われていたのに
行くことが出来ずに残念でした。
これからも「西宮流」大いに参考にさせて
頂きたいと思います。

投稿: tetsu | 2009年6月 3日 (水) 21時30分

>TOSSYさん
マンボウ、どうしてもあの魚を思い出して
ゆっくりゆったり、そしてどことなく
間の抜けた可愛らしさを感じます。
でもその由来も分からないところがまた
ミステリアスでいいですね。

甲子園口のマンボウもネットで発見しました。
これまた小さくて可愛いです。

トンネル横の掲示板には地元通貨の単位として
「マンボウ」を使われているとありました。
とても小さなことですがこんなことを
新しく知ることがとても楽しいです。

投稿: tetsu | 2009年6月 3日 (水) 21時38分

この日 廣田神社のお田植え祭にいっていました
デジカメ散歩日記にアップしていますので 良かったら見に来てくださいね

一つ前には菊池貝殻館を載せました

投稿: TOSSY | 2009年6月 5日 (金) 19時56分

TOSSYさん
見させて頂きました。
動画もあってそこに自分も行っているように
よく分かりました。ありがとうございます。
TOSSYさんのお写真を拝見すると
前から前から撮られていらっしゃいます。
撮っては走って前に行かれ、の繰り返し
とご推察します。結構大変なんですよね。
お疲れ様でございました。

それにしてもカメラマンの多いこと。
自分もその一人に間違いないのですが
余りに多いとうんざりする自分がいることも
もうひとつの事実です。
人知れずどこかでそっとやっている
イベントはないかな~と欲張りな自分です。

貝殻館もいい感じを醸し出していますね。
僕も結構こういうのに嵌まってしまいます。
これも「人知れず・・・」のひとつですね。

投稿: tetsu | 2009年6月 5日 (金) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/45190736

この記事へのトラックバック一覧です: 西宮探訪 :

« 今津灯台  | トップページ | 木曽路  »