« スーパーカブ110 | トップページ | 淡路屋  »

2009年6月13日 (土)

神戸元気宣言 

P1000571 新型インフルエンザで大きく落ち込んだ観光客を取り戻すべく神戸の街が大盤振る舞いです。お得な情報はキャンペーンHPのこちらから。(冒頭写真は須磨海浜水族館のくらげ)

http://www.feel-kobe.jp/tokutoku/index.html

【今日のコース】 西宮→神戸市立森林植物園(通常料金300円→キャンペーン料金無料)→神戸北野→風見鶏の館(同300円→無料)→萌黄の館(同300円→無料)→神戸ファッション美術館(同500円→無料)→神戸ゆかりの美術館(神戸ファッション美術館と同じ場所にあり共通)→六甲アイランド→小磯記念美術館(同200円→無料)→ハーバーハイウェイ(二輪は無料)→須磨海浜水族館(同1300円→無料)→メリケンパーク→第一突堤→日本丸他→西宮→JR西宮→淡路屋(ご当地バーガー店)→武庫川河川敷→西宮

本来なら合計2,900円の入場料が全くの無料となりました。明日(6月14日)も異人館の2館や森林植物園、王子動物園などが無料となっています。今月一杯は沢山の無料や半額キャンペーンが提供されます。素敵な機会をお見逃しのないように。

まずは25種5万株を有する神戸市立森林植物園へと六甲山を西へとカブを飛ばします。途中、羊たちを撮っている時に数台の車に抜かれましたが走っている時は一台の車にも抜かれませんでした。家を出るときは温かった空気が山を上るに従って涼しくなってきて、涼しさが続くと少し寒く感じるようになりました。六甲のこの気候のバラエティさが色々な植物たちを育ててくれています。森林公園では「森の中のあじさい散策」が今日から7月12日まで開催されます。駐車場からすぐに北苗畑から西洋あじさい園へと続く道があります。今はクロヒメ(ヤマアジサイ)が見頃を迎えていると看板が出ています。ブルーやピンクに彩られた素敵な花たちがエスコートしてくれました。ヒメアジサイやセイヨウアジサイなどは色付くまでにあと一週間ほど時間が必要なようです。

今日のお供はコンデジFX-01です。天気予報で晴れていても急な雨があるから気を付けなさい、とのガイドがあったので身軽にウェストバックにいつもついている相棒だけを連れてきたのです。これが結構大変でピントが中々合いません。チョイアマ、メチャアマのオンパレードとなりました。

P1000013 P1000010 P1000024 P1000067 P1000102 P1000101 P1000075 P1000147 P1000208 P1000163 P1000199 P1000251

見頃のピークはもう少し先のようです。終わってしまうのではなくこれから、であるといつも嬉しい自分がいます。鈴蘭台を経由して神戸の街へと入っていきます。異人館を目指しますが途中迷子になりご近所の方と思われる年配の方に道を尋ねると「移民管理局なら知っているが・・・」との由。「???」お礼だけ言って先に進みます。

風見鶏の館は異人館の中の異人館です。尖塔の上に立つ風見鶏がその名の由来となっています。館の中にはここに住んでいたドイツ人貿易商のトーマス夫妻とその令嬢エルゼさんの写真が沢山飾ってあります。幸せ一杯のエルゼちゃん、当時の日本をどのように感じていたのでしょう。館の前の広場では大道芸人が階段に思い思いに座った観客を前にパフォーマンスを繰り広げて多くの喝采を浴びていました。その横を通って萌黄の館へ入ります。萌黄色に家を塗ってしまうとは大胆ですが異人館なら違和感がありません。アメリカ総領事の邸宅として1903(明治36)年に建築され、その後1944(昭和19)年に神戸電鉄社長の小林秀雄氏の住宅となりました。2階のベランダは開放感溢れるガラス窓が大きく取られて気持ちのいい空間となっています。

P1000393 P1000295 P1000296 P1000336 P1000335 P1000333 P1000398 P1000376 P1000347 P1000357 P1000388 P1000372

今日の予定は本当はここまでだったのですが、異人館で『特得キャンペーン』のパンフレットをゲットし、神戸の名所の入場料が無料や半額となっていることを知りました。そこで急遽予定を追加し、六甲アイランドの神戸ファッション美術館と神戸ゆかりの美術館へと向かうことにしました。ファッション美術館はその外観がUFOの様で非常にユニークです。美術館前に流れる水路では子供たちが水遊びをしてはしゃいでいました。

「マダム・グレの世界展」を開催中です。本物の社交界というのはヨーロッパにしか存在していないと思います。一般庶民とはかけ離れた特異な社会です。そこで繰り広げられる人間模様を包み込むドレスたちを見ながら異国に匂いを感じていました。ファッション関係の学生さんでしょうか、真剣な眼差しで作品たちを見ていました。

ゆかりの美術館は神戸に縁のある芸術家の絵画や彫刻を展示しています。馴染みある神戸の風景が絵画の中にあります。

P1000405 P1000402 P1000424 P1000431

折角六甲アイランドに来たので「小磯記念美術館」にも立ち寄ることにします。小磯氏はドガの作品に影響されモデルにバレリーナの衣装を着せてそれを画にしています。バレリーナがキャンパスに向かって絵筆を取っていたりします。ちょっと不思議な感じがします。八千草薫さんを描いた画があります。これがとても素敵です。

六甲アイランドからハーバーランドまではハーバーハイウェイを使って一足飛びです。原付二種で走っていいのか不安になりながら高速道路の看板があったりしてちょっぴりドキドキしながら爆走します。なんとか大丈夫だったようで須磨海浜水族館へと向かいます。水族館正面前にある駐輪場にカブを止めて水色の制服に身を包んだ水族館ガール達に出迎えられます。中は青の世界です。大水槽の中ではたくさんの魚たちが泳いでいます。しばらくすると後ろでガラガラとシャッターを降ろす音が聞こえてきます。ぎりぎりセーフだったようです。ショーの多くは終了していましたがラッコの餌やりに居合わすことができました。飼育員の方とハイタッチするラッコはとても可愛かったです。

P1000464 P1000453 P1000471 P1000483 P1000501 P1000476 P1000529 P1000541 P1000573 P1000576 P1000612 P1000597 P1000617 P1000633 P1000629 P1000651

帰路、メリケンパーク隣にある突堤に日本丸たちが止まっていると聞き立ち寄りました。でも関係者しか近付くことが出来ず、僕も含めて多くの人がフェンスの外から遠巻きに見ていました。 P1000668 P1000674

夕飯のプランをカブを東へと走らせながら考えていると素晴らしいアイデアが思い浮かびました。今日の新聞にあった日本第2位のハンバーガー屋さんへと向かうことにしました。(つづく)

|

« スーパーカブ110 | トップページ | 淡路屋  »

コメント

そんなイベントあったんですね。。。
そう言えば、先週フルーツフラワーパークが無料でしたが、もしかしたらそういうキャンペーンの一環だったのかも。

風見鶏の館には1回入ったことがあるかもしれませんが、中の様子は記憶にありません。
一度中の写真を撮ってみたいです。

投稿: SHIN | 2009年6月15日 (月) 06時27分

神戸、頑張っていますね。
フルーツフラワーパークはこのキャンペーンで
27、28日の2日間が無料となります。
それ以外の無料デイは独自の企画のようですね。

風見鶏も20、21、27、28日と
6月の土日が萌黄とともに無料です。
是非、この機会に行かれたらよろしいかと思います。

僕もSHINさんと同じく行ったことがある
記憶だけで中の様子は全く思い出せませんでした。

投稿: tetsu | 2009年6月15日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/45329140

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸元気宣言 :

« スーパーカブ110 | トップページ | 淡路屋  »