« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

ある夏の日

Dsc_0108

クーラーの風は身体が弱っているときに辛く感じることがあります。今日がそんな日でありました。外は少し暑いですがD70に5014だけを着けて武庫川へと行ってきました。この日、何匹かのセミを見つけましたが写真のセミが一番仲良くなったセミでした。レンズとの距離は10数センチ。きっと頭を撫でてやっても逃げなかったと思います。時々こんなのんびりとしたセミがいます。若くて経験不足なのか、老いて逃げるのも大層なのかは分かりません。ついつい擬人化して心が通ったなどと勘違いしてしまいます。でもそう考えた方が楽しい世界になります。

Dsc_0019 Dsc_0025 Dsc_0027 Dsc_0054_2 Dsc_0042 Dsc_0052 Dsc_0060 Dsc_0079 Dsc_0061 Dsc_0065_2 Dsc_0066 Dsc_0071 Dsc_0076 Dsc_0084 Dsc_0086 Dsc_0109

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マジェスティ

P1000012

土日が雨とのことでしたので金曜日にDSCを車検に出してきました。その時に代車として貸し出してくれたのがこのマジェスティです。正式名がグランドマジェスティ、250ccの排気量があります。すこし腰高で両足はつま先が着くのがやっとです。所謂バレリーナ状態となります。風防が着いているので風の当りも気にならず少し飛ばしても身体に感じる圧力が少なく快適です。車体の剛性もしっかりとしていてカーブなどでも自分の思いとのギャップがありません。優等生のバイクです。

今日は朝から頭が痛く元気が少しありません。昨日、薬が足りなかったかもしれません(←バイクに乗っていることが僕の薬です。昨日はちょっぴりしか乗れなかったので)。今日も雨の予報です。魅惑の踊り『ベリーダンス』を初めて見た北野天満神社で神戸国際まつりが行われますが、六甲山の方角は黒い雲に覆われています。でも薬が僕には必要です。神呪寺さんから鷲林寺さんへ、そして宝塚経由でダイエー(西宮店)へと買い物ツーに出掛けることにします。写真は鷲林寺さんにて。

家に帰ってきた僕は薬が少し効いたのか頭痛も少し楽になっていました。

P1000010 P1000008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

有馬温泉ゆかたレディコンテスト 

Dsc_0662

朝から雨は降ったり止んだり。しかも降るときは土砂降りとなってバイクで出掛けるには500%の勇気が必要です。メリケンではサンバフェスティバルが開催されている筈ですが雨の前に不戦敗です。夕方遅くなってようやく雨もひと休み。ヤフーの時間帯別天気予報でも明日までは雨マークが付かなくなりました。そこで思い切って有馬へ行くことにしました。宝塚経由で51号をカブで上って行きます。

親水広場公園で『第11回有馬温泉ゆかたレディコンテスト』が行われます。総勢18名の中から審査委員が100点満点で採点し、その合計点で競われます。今回はゆかたレディのお3人の他にも特別賞の3人が表彰されました。

場慣れした人ばかりでなく、緊張の余り言葉を失ったり、マイクを見つめて寄り目になったり、何を言っているか自分で分からなくなったり、見ているこちらもドキドキハラハラしてしまいました。

Dsc_0129 Dsc_0223 Dsc_0263 Dsc_0337 Dsc_0065 Dsc_0054 Dsc_0225 Dsc_0221 Dsc_0414 Dsc_0344 Dsc_0458 Dsc_0448 Dsc_0473 Dsc_0474 Dsc_0471 Dsc_0580 Dsc_0515 Dsc_0663 Dsc_0596 Dsc_0631 Dsc_0668 Dsc_0670

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

氷室祭(夏祭)

Dsc_0121

御堂筋は本町と心斎橋の間に難波神社があります。前日の夜に予定されていた奉納太鼓が天候により本日に順延となりました。予定がつかないチームもあり4チーム減った10チームで今宵の祭りが始まります。最後を締め括られたのは『倭太鼓 飛龍』さん。さすがに魅せてくれます。ドンドンと心と腹にパワーが打ち込まれるようです。

氷室祭(神社HPより) 氷をお供えする神事です。仁徳天皇の御代のある夏、御兄君が大和のつげ(奈良・都祁村)で狩りの途中、野原に氷を貯蔵する氷室を見付け、その氷を天皇に献上したところ大層お慶びになり、以降この氷室の技術を広めたとの故事によります。

Dsc_0049 Dsc_0111 Dsc_0550 Dsc_0620 Dsc_0597 Dsc_0606 Dsc_0074 Dsc_0101 Dsc_0047 Dsc_0110 Dsc_0191 Dsc_0107 Dsc_0275 Dsc_0193 Dsc_0262 Dsc_0287 Dsc_0310 Dsc_0288 Dsc_0302 Dsc_0320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒い太陽

Dsc_0052

46年ぶりの皆既日食。そして次はなんと26年後だといいます。そんな貴重で壮大な天体ショーが今日この日に繰り広げられます。でも西宮は残念ながら厚い雲に覆われて太陽を見ることが出来ません。11時ごろに部分日食が最大となると聞いてベランダに出ますが見えるのは雲ばかりです。無念の想いで恨めしく空を見上げていると一瞬雲が薄くなった処から三日月の様な形をした太陽が見えます。慌ててカメラを取り出してシャッターを押します。お天気だったら直接見ることも写真を撮ることも出来なかったと思いますが、この厚い雲がそれを可能にしてくれたことに感謝します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

開国博Y150 Ⅱ 

Dsc_0147 Dsc_0150 Dsc_0242 Dsc_0201 Dsc_0468 Dsc_0595 Dsc_0607 Dsc_0321 Dsc_0693

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開国博Y150 Ⅰ

Dsc_0197

横浜では今、開港150周年を記念して『開国博Y150』が開催中です。4月28日から9月27日までの約5ヶ月間、横浜は祭り色に彩られます。

会場は『B:ベイサイドエリア』、『M:マザーポートエリア』、『H:ヒルサイドエリア』の3ヶ所です。ヒルサイドだけ横浜の中心部に入った「よこはま動物園ズーラシア」に隣接した処にあります。僕は夜のベイサイドエリアに行ってきました。桜木町から汽車道を歩いて会場へと向かいます。(添付URLはゆずの「桜木町」)

http://www.youtube.com/watch?v=3WuSglAYtHU

ベイサイドエリアは3つの有料会場と4つの無料会場で構成されています。普通入場券が2,400円、18時以降の夜間割引入場券が1,200円です。一番見たかったのが有料会場にあるアースバルーン「HOME」です。真下から見上げるようなポジションを望まなければ直径20mのバルーンは外からも見ることが可能です。19:25から約30分おきに4回、上映されます。色々な場所から4回全部を見てしまいました。

それと大感動なのが大さん橋です。パンフレットのキャッチコピーが『海と都市(まち)がkissする場所。』と何ともロマンチックです。以前は機能優先の普通の建物でしたが、今では船の甲板をイメージしたウッドデッキに芝生を配し、バリアフリーの素敵な建物に変貌しています。ここからみる赤レンガ倉庫越しのクィーンズスクエアの建物群はため息の出るほど素敵です。この日は雨が時折降ってくる変なお天気でした。真っ黒な雲が不気味な姿で横浜の空を覆いつくしていました。

夜の横浜、唯一の後悔が三脚を持参しなかったことです。ISO1600で対応しましたがやはり限界がありました。帰路、大さん橋をゆっくりと降りていると前を歩いていた女の子二人組みのひとりが雨に滑って派手にひっくり返ってしまいました。「大丈夫ですか?」と声を掛け助けてあげました。この日はとてもダンディな僕でありました。

Dsc_0005 Dsc_0043 Dsc_0019 Dsc_0029 Dsc_0047 Dsc_0069 Dsc_0080 Dsc_0082 Dsc_0081 Dsc_0088 Dsc_0103 Dsc_0115 Dsc_0120 Dsc_0126 Dsc_0130 Dsc_0133 Dsc_0137 Dsc_0191 Dsc_0173 Dsc_0184 Dsc_0199 Dsc_0205 Dsc_0292 Dsc_0299 Dsc_0306 Dsc_0307 Dsc_0495 Dsc_0546 Dsc_0543 Dsc_0520 Dsc_0553 Dsc_0555 Dsc_0599 Dsc_0601 Dsc_0623 Dsc_0713 Dsc_0393 Dsc_0029_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

サンバの女王 

Dsc_0042

よさこいの会場の後ろからサンバのリズムが響いてきます。どうやら来週開催される神戸まつりに出演される神戸サンバチームの最終練習のようです。

http://www.kobe-matsuri.com/

神戸サンバチームはパレードの6番目に出場されます。この日、ちびっ子たちは本番用の衣装を着ていましたが、先頭を飾る女性軍や後方部隊の大人たちは思い思いの動き易い服装をされていました。

練習ですから多くの人が真剣な表情です。でもその中でひとりだけ笑顔を絶やさないサンバの申し子のような素敵な娘がいました。サンバの軽快なリズムがスピーカーからガンガンと流れていますが、その歌声に合わせて口ずさんでいるのも分かります。身体を動かすと自然に笑顔が出てくるようです。見ているこちらまで楽しい幸せな気持ちになってきます。どうか本番でもたくさんに人たちに素晴らしい笑顔とたくさんの元気をプレゼントして欲しいと思います。

Dsc_0521 Dsc_0409 Dsc_0588 Dsc_0696 Dsc_0720 Dsc_0745 Dsc_0057 Dsc_0075 Dsc_0102 Dsc_0103 Dsc_0115 Dsc_0130 Dsc_0198_2 Dsc_0185 Dsc_0232 Dsc_0237 Dsc_0287 Dsc_0292 Dsc_0311 Dsc_0306_2 Dsc_0322_2 Dsc_0323 Dsc_0380 Dsc_0397 Dsc_0540 Dsc_0442 Dsc_0669 Dsc_0680 Dsc_0754_2 Dsc_0719 Dsc_0793 Dsc_0788

| | コメント (6) | トラックバック (0)

NEO KOBE MATSURI 

Dsc_0262

本日、よさこいがメリケンパークであることをTOSSYさんに教えて頂いたのでカブと一緒に行ってきました。曇り模様との天気予報が外れてピカピカのお天気です。メリケンにはバイク用の無料の駐車場があるので安心です。

http://www.sasso.info/

メリケンパークでは出演者による本番直前の最終チェックが行われていました。学生さんたちのチームには颯爽さんによる演技指導もありました。観覧席の折り畳みベンチにキャノンG9の女性がいらっしゃいます。TOSSYさんはG10のはず・・・と思いましたが声を掛けさせて頂くとやはりTOSSYさんでありました。どうやら換えの電池を持って来られず旧機の出番となったようです。TOSSYさん、素敵なイベントを教えて頂きましてどうもありがとうございました。

Dsc_0005 Dsc_0003 Dsc_0007 Dsc_0061 Dsc_0032 Dsc_0026 Dsc_0053 Dsc_0094 Dsc_0112 Dsc_0118 Dsc_0159 Dsc_0180 Dsc_0216 Dsc_0234 Dsc_0241 Dsc_0273 Dsc_0284 Dsc_0252 Dsc_0356 Dsc_0306 Dsc_0322 Dsc_0198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

大野アルプスランド ~あじさいまつり~ 

Dsc_0166

万博公園から一度家に戻り、今度はDSCを相棒に猪名川の大野アルプスランドに向かいます。今日と明日、あじさいまつりが開催されます。猪名川町のHPでも丁度見頃と教えてくれています。日にちと写真で時系列に説明してくれているので行ってガッカリはありません。

http://www.town.inagawa.hyogo.jp/osirase/ajisaikaikajoho.htm

駐車場は無料です。場所がとても不便なところなので殆どの人が車で来ています。こんなときバイクは少しのスペースがあれば駐車できるので気苦労することもありません。

13時半からは舞台で音楽の演奏もありました。舞台の前の広場には人がいません。観客はその周りを取り囲むようにして見ています。演奏者の方々はさぞやり難かったと思います。そこに人を集める工夫が必要なようです。

この日、青空が広がる予定でしたがドンヨリとした雲が空を覆っていました。

Dsc_0005 Dsc_0066 Dsc_0008_2 Dsc_0018 Dsc_0049 Dsc_0047_2 Dsc_0085 Dsc_0124 Dsc_0016 Dsc_0140 Dsc_0153 Dsc_0147 Dsc_0172 Dsc_0157

| | コメント (3) | トラックバック (0)

万博公園 早朝観蓮会&象鼻杯 

Dsc_0051

梅雨の合間の晴れ。その貴重な一日を花たちと過ごすこととしました。まずは早朝6時から開催している万博公演の『早朝観蓮会&象鼻杯』へとカブで行ってきました。朝一番からのスタートとはなりませんでしたが、7時前には会場に着きました。朝早くから頑張って来た車は通常(土日祝)の半額600円で駐車ができます。バイクは駐車場へ入ることが出来ません。大阪モノレールの公園東口駅の高架下にカブを止めてここから歩いていきます。

http://park.expo70.or.jp/facil/facil_00.html#hasu

はす池の周りには大勢の人達が来ています。その大半がカメラ持参組みです。カメラを持っていない人を探すのに苦労する程です。デジカメの普及が日本人総カメラマン化現象を生み出してしまったようです。

ベンチでゆっくり鑑賞しようとしている人の前に三脚達が立ち塞がります。今日は蓮の花をモデルにした撮影会のようです。花たちとゆっくり会話をしたければ土日は避けなければならないようです。

Dsc_0008 Dsc_0017 Dsc_0074 Dsc_0061 Dsc_0135 Dsc_0047 Dsc_0102 Dsc_0184_2 Dsc_0237 Dsc_0238 Dsc_0167 Dsc_0348 Dsc_0252 Dsc_0198 Dsc_0222 Dsc_0340

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

あじさい園遊会 

Dsc_0138

降水確率は午前30%、午後40%と天気予報が告げています。今日は神戸市立森林植物園で『あじさい園遊会』が行われます。あじさいには少しの雨が良く似合います。でもそこまで行く手段を良く検討しなければなりません。園遊会は13:30始まりです。しかも処により強い雨が予想されるとのこと。仕方ありません。ここはカブやDSCでなくフィットに登場してもらうことにしました。

六甲山系は雲の中にあります。下界では晴れていても六甲では雨や濃霧であることはママあります。時折SS(スーパースポーツ)のライダーが膝を擦ってカーブを曲がっていきます。一台のバイクが溝に落ちています。仲間が3、4人集まっています。本人らしき人物もどうやら無事なようです。死との隣り合わせ。時には他人を巻き込むこともあります。バイクの乗り入れが一部の人たちの為に禁止にならないように願います。

西宮から約1時間で植物園に到着します。今日はイベントもあることから特に人が多いようです。本園へ入る前に西洋あじさい園を廻ります。先日来た時はまだ色付いていなかったあじさいたちが、さなぎが蝶になるように素敵な姿を魅せてくれていました

森林展示館の前を通り、あじさい園へと向かいます。西日本一の評価を頂戴しているあじさいたちです。ゆるやかな坂道の両側にあじさいたちが並んでいます。でもその前には三脚が無数に並んでいます。中にはあじさいの花の中へと入り込んで三脚を立てている人もいます。自分もカメラを首から提げています。時折同じカメラマンとしてみて欲しくない場面に当ります。

長谷池辺りで開催予定とあった園遊会ですが、あじさい園の入口に『園遊会入口』の案内があります。どうやらこちらの『コナラ広場』で開催されるようです。中へ入っていくとパイプ椅子がズラッと並べられています。最前列を見に行くと地面が斜めになって座りにくくなっている山側の椅子が数脚空いています。赤いバンダナを椅子に括り付けてキープします。

そしてあじさい園を左回りに一周します。まだ時間があるので長谷池をこれまた左回りに一周します。池にはアサザの黄色い花が沢山咲いていました

Dsc_0104 Dsc_0115 Dsc_0044 Dsc_0089 Dsc_0122 Dsc_0118 Dsc_0144 Dsc_0161 Dsc_0203 Dsc_0183 Dsc_0227 Dsc_0219 Dsc_0256 Dsc_0253 Dsc_0327 Dsc_0317 Dsc_0263 Dsc_0405 Dsc_0407 Dsc_0410 Dsc_0479 Dsc_0473 Dsc_0278 Dsc_0309

園遊会会場に戻って席に座ります。沢山あったパイプ椅子も多くが埋まっています。浴衣を着た司会の方から「写真撮影禁止」のお達しがあります。あれ~、残念です。カメラをバックの上に置きます。

1部『あじさい浴衣ミニコンサート』の始まりです。バイオリン立花礼子さん、ギター溝渕仁啓さんのコラボです。立花さんは浴衣姿でとても素敵です。

♪歌の翼に On wing of Song メンデルス・ゾーン ♪オブリビオン Oblivion 、アディオス ノニーノ Adios Nonino ピアソラ ♪虹のかなたに Over the Rainbow アレーン ♪ララバイ Lullaby レズギンカ Lezghinka ハチャトリアン

植物園の緑を背景に立花さんと溝渕さんが浮かび上がります。溝渕さんの穏やかな口調による曲の説明に音楽の世界にググッと引寄せられ入っていきます。立花さんの清楚な浴衣姿から優しく、時に力強く奏でられるバイオリンが森の精を呼び集めます。なんだかもうとても、感動という以上に感激してしまいました。

2部『名誉園長 真野響子さんのおはなし』です。後ろに居る方が一緒に来られた方と話しています。「僕は真野響子の大ファンだったんだ」「へ~、そうなんだ。」「話できるかな~」「終わって行ったら出来るかもよ」 

真野さんの登場です。いきなりカメラを撮っていた人の糾弾から始まりです。和服姿の大人しい方と勝手に想像していましたが物事をはっきり言う方です。30分の持ち時間がありますが、この時間をどの様に使って話をするかということを考えてきていないように感じました。先程の大ファンの方は終わった後も追いかけることはありませんでした。あじさい園で女性グループの方達が「思っていた人と全然違ったね」と話していました。1部の演奏が素晴らしかっただけに少し残念に思いました。

その後もう一度あじさい園をゆっくりと歩いて心の積み木を並べ直しました。植物園を出てフィットのナビに神戸空港を案内願います。今ひまわりが綺麗と真野さんが言われていたからです。駐車場西側のエリアに3万本のひまわりがあることは以前からチェック済みでした。

Dsc_0548

http://www.kairport.co.jp/himawari.html#himawari

でも実際にはちょっぴり肩透かし。南光町のひまわりを知っている僕としてはその規模が小さいことは仕方が無いにしても、ひまわりの顔が全部気持ち良いまでに揃ってこちらを向いていて欲しかったのですが、なぜかてんでんばらばらで統一感がありません。見事なまでにあっちこっちを向いています。万博公園でも良く見かけた奇形の花はここでも多く見られました。何が原因なのでしょう。来年も引き続きひまわりイベントが行われるなら先駆者たちの知恵を借りることでもっと素敵な花園になることを期待したいものです。

Dsc_0566 Dsc_0573 Dsc_0483 Dsc_0577 Dsc_0490 Dsc_0554 Dsc_0530 Dsc_0487

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

Queen´s Tears Honey -acappella group- 

Dsc_0397

そして2組目が『Queen´s Tears Honey -acappella group-』です。

http://www.nest-acappella.com/Q.T.Honey/ (注:音が出ます)

愛称は『キューティーハニー』。女性6人のアカペラグループです。舞台袖で待つ間もオーラが出ていました。MCも大受けしていました。面白すぎます。気持ち良くて楽しい素敵な時間を頂きました。

Dsc_0574 Dsc_0242 Dsc_0321 Dsc_0274 Dsc_0229 Dsc_0233 Dsc_0286 Dsc_0216 Dsc_0230 Dsc_0310 Dsc_0265 Dsc_0403 Dsc_0374 Dsc_0411 Dsc_0547 Dsc_0560 Dsc_0447 Dsc_0456 Dsc_0491 Dsc_0497 Dsc_0602 Dsc_0605 Dsc_0660 Dsc_0211 Dsc_0564 Dsc_0661

| | コメント (2) | トラックバック (0)

vocal unit UNITE 

Dsc_0047

神戸のモザイクガーデン2F海の広場で『モザイク七夕ハーモニーライブ』が今日と明日行われます。ガレージでバイクの車検に伴う書類を整理していましたらスタートが遅くなってしまいました。15時から1時間毎(出演は各30分)に行われますが着いたのは5分前です。会場まで小走りで急ぎます。最前列のベンチが空いていたので座らせて貰います。

本日は2組のアカペラグループが神戸の街を元気にしてくれます。まずは『vocal unit UNITE (ヴォーカル ユニット ユナイト)』です。

http://www.vocal-unite.com/ (注:音が出ます)

ピンクのお揃いのTシャツでスタートです。太陽も照りつけて暑かった筈なのですが歌を聴いている間は歌の世界に迷い込んでいたのでしょうか、少しも暑く感じませんでした。

ユナイトさんは三宮CASHBOX、北野坂UP&ALL、大阪ミノヤホールでレギュラーライブをもつ実力派です。

Dsc_0002 Dsc_0003 Dsc_0167 Dsc_0099 Dsc_0104 Dsc_0108 Dsc_0075 Dsc_0032 Dsc_0040 Dsc_0041 Dsc_0038 Dsc_0177 Dsc_0107 Dsc_0101 Dsc_0028 Dsc_0062 Dsc_0142 Dsc_0072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »