« 開国博Y150 Ⅱ  | トップページ | 氷室祭(夏祭) »

2009年7月22日 (水)

黒い太陽

Dsc_0052

46年ぶりの皆既日食。そして次はなんと26年後だといいます。そんな貴重で壮大な天体ショーが今日この日に繰り広げられます。でも西宮は残念ながら厚い雲に覆われて太陽を見ることが出来ません。11時ごろに部分日食が最大となると聞いてベランダに出ますが見えるのは雲ばかりです。無念の想いで恨めしく空を見上げていると一瞬雲が薄くなった処から三日月の様な形をした太陽が見えます。慌ててカメラを取り出してシャッターを押します。お天気だったら直接見ることも写真を撮ることも出来なかったと思いますが、この厚い雲がそれを可能にしてくれたことに感謝します。

|

« 開国博Y150 Ⅱ  | トップページ | 氷室祭(夏祭) »

コメント

sun食撮られたのですね!
スゴイです!
やはりその時間帯は空は暗くなっていた
のでしょうか?
次は26年後ですか....
随分先ですね...

投稿: kazuh | 2009年7月24日 (金) 21時15分

雲だらけで最初から暗くて日食になったから
暗くなったのかどうかも分からない状況でした。

本当は一瞬でも真っ暗になってこの世の終わり
みたいになったら人生観も少しは変わるかも、
なんて思ったりもしましたが全然そのような
感じにはなりませんでした。

80%位の日食では、太陽の力を全然消せない
ことが分かりました。それだけ太陽は偉大
なんですね。
地上の太陽であるヒマワリを今度は撮りに
行きたいと思っています。

投稿: tetsu | 2009年7月24日 (金) 21時52分

今回、西宮で見えたのは部分日食というものです。

次回の部分日食は2010年1月15日です。

もし、日本国内で皆既日食を追いかけて、その現場までいきたいなら、26年後です。

投稿: SHIN | 2009年7月25日 (土) 18時40分

>SHINさん
部分でも晴れていたら何の準備も無しには
写真が撮れないことが良く分かりました。
今回は曇天ゆえに辛うじて撮ることができました。

でも面倒臭がり屋なのできっと次も
準備はしないんだろうな~と思います。

投稿: tetsu | 2009年7月25日 (土) 22時36分

準備は大変なんでしょうねえ。

ND100くらいがいるという話を聞きました。

ND8を二枚重ねるとND64になりますから、いけるかも。。。

でも、わたしも面倒くさがり屋なので、そこまでして撮りたいとは思わないでしょうねえ(笑)

投稿: SHIN | 2009年7月26日 (日) 13時00分

ND400でも一枚では欠け始めなどは
無理で食分ば進むとようやく可能と
使った方が言われていました。

何にもない僕には本当にこの日の厚い雲が
もたらしてくれた幸運でした。

南の島に行った方々の装備はテレビ越しにも
凄いことが分かりました。
みなさん、テレビ局の方もびっくりの
装備をされていました。

投稿: tetsu | 2009年7月26日 (日) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/45722122

この記事へのトラックバック一覧です: 黒い太陽:

« 開国博Y150 Ⅱ  | トップページ | 氷室祭(夏祭) »