« ある夏の日 | トップページ | USJ  »

2009年8月 1日 (土)

みなとこうべ海上花火大会 

Dsc_0190

金曜日の夜、車検に出していたDSCが出来上がったとYSP箕面店から連絡を貰ったので、土日の雨が止んでいるときに行くとお伝えします。土曜日、朝方まで降っていた雨も止み、青空が見え隠れしています。これは今行くしかありません。代車のマジェの乗り心地を楽しみながら箕面へと向かいます。途中、雨がパラパラと降ってきましたが、なんとかセーフでした。

ゴッドハンドの I さんからバイクの説明を受けます。エンジンからオイルが滲んでいるがエンジンをばらすとなると多額な費用が掛かること(工賃だけで4万円、ざっと見積もっても20万円位)、現状では今すぐに修理し対応する必要はないこと、6万km弱の走行距離は車で云うと20万キロ程走っていると考えたら良いとのこと、ここが悪いと知って常にバイクと会話して走れば怖くないこと等々。今回は前輪のタイヤも交換しました。バイクもピカピカに磨き上げてくれています。完璧なバイクに乗ることはとても気持ちが良いです。マジェも素敵でしたが、やっぱり僕の身体の一部になっているDSCに跨ると不思議に気持ちが落ち着きます。

天気予報では夕方からまた雨が降ると云っていました。本当は店内のバイクをじっくりゆっくりと見て回りたかったのですが、折角綺麗にしてもらったDSCです。雨が降る前に急いで帰路に着きます。やっぱりDSCは最高~と気持ちよく走ります。

家についてももうひとつ不完全燃焼です。本当は姫路の海王丸のセイルドリルを観たかったのが燻っている原因のようです。午前中は雨と、もうひとつ、買ったばかりのエアコンから水が飛び散るのでメーカーに診て貰ったので姫路まで足を延ばせませんでした。そうだ、神戸の花火大会を六甲山から観に行こう、と急に思い立ちました。六甲山から見えるかどうかは分かりませんが、雨が降るかもしれないのでフィットを相棒に出発です。

六甲山は高度を上げていくと霧が濃くなってきました。霧の中のフィット、なかなかいい感じです。六甲ケーブル山上駅が目標地点です。一旦駐車場に入れようとしますが、満車でいけません。結局2周ほど廻ってフィットならではの小さなスペースに止める事が出来ました。車から三脚とカメラを取り出します。多くの人達が見物に来ているということはここからも見えるという事です。警備員さんからここよりもバス乗り場の方が良く見えると教えてもらい少し駆け足で向かいます。最前列が空いていたので三脚をそこにセットします。周りから見えた~との声が上がります。お隣のアベックにどの辺ですか?と聞くと、指を指して教えてくれます。神戸港と六甲山とは離れているので音と光がズレて聞こえたり見えたりします。大混雑ではないこんな隠れスポット(?)から観る花火も良いものです。

Dsc_0103 Dsc_0045 Dsc_0127 Dsc_0218 Dsc_0236 Dsc_0237 Dsc_0242 Dsc_0238 Dsc_0301 Dsc_0317

|

« ある夏の日 | トップページ | USJ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/45827120

この記事へのトラックバック一覧です: みなとこうべ海上花火大会 :

« ある夏の日 | トップページ | USJ  »