« 東大寺大仏殿 万燈供養会  | トップページ | 春日大社 中元万燈籠  »

2009年8月15日 (土)

奈良大文字 送り火 

Dsc_0503

奈良の大文字送り火は1960(昭和35)年に始まりました。飛火野では神官と僧侶による神仏合同の慰霊祭が執り行なわれます。戦争で命を失った人々の魂を慰め世界平和を祈ります。

先日、テレビで評論家、加藤周一さんの追悼番組を見ました。『ひとりの個人としての人間が出来ること。戦争を止めさせることは出来ないが、戦争に反対することは出来る。』 幸せにも生まれてからこのかた戦争の無い日本に生まれ育ってきました。いつ空から爆弾が落とされるか、いつ敵兵がドアを開けて入ってくるのか、そんな心配をせずに生きてきました。

『火垂るの墓』のアニメがこの時期になると放映されます。六甲山、御影公会堂、西宮、夙川などいつも僕が行き来している場所が出てきます。幼い兄妹が大人が作った時代の犠牲になって死んでいきます。

まだ地球上では色々な理由をつけて人が人を殺すことが続けられています。

******************************************************************

この日、飛火野を横切る僕に待ち受けていたアクシデント。泥沼に足を突っ込んでしまいました。どこに足を置いてもズブズブと潜っていきます。ドロドロになったスニーカー、嬉しくて面白くて思わず写真を撮っていました。久しぶりの泥遊びです。

Dsc_0247 Dsc_0248 Dsc_0264 Dsc_0256 Dsc_0271 Dsc_0259

|

« 東大寺大仏殿 万燈供養会  | トップページ | 春日大社 中元万燈籠  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/45938718

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良大文字 送り火 :

« 東大寺大仏殿 万燈供養会  | トップページ | 春日大社 中元万燈籠  »