« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

プリンター 

Pm770c  Ep301

10年以上使用していたプリンターにいよいよ寿命が来たようです。エプソン製PM-770C(写真左)。今やプリンターといえばコピーやスキャンなども出来る複合機が主流となっていますが、このPM-770Cは勿論プリンターのみの単能機です。

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/043/43112.html

数日前、突然に黒色のみが滲んだような文字しか印刷できなくなり、エプソンのサービスセンターへ電話しました。回答は予想した範囲内のヘッドクリーニング。指示通り、4回繰り返すも改善しません。6時間以上経過後に再度同じ作業をして改善されなければ修理とのことでした。次の日に再度ヘッドクリーニングにチャレンジしましたが何ら変化もありません。

ネットで調べると大体修理には1万円前後掛かるらしいとあります。ここはヨドバシで偵察して新しいプリンターを購入することも考えなければなりません。インクジェットプリンターがその対象です。メーカーはエプソン、キャノン、HP(ヒューレットパッカード)、プラザー工業の4社です。シェアトップを争うのはエプソン、キャノンです。下位2社は低価格で応戦しています。下は6千円台から上は7万円位まで。インク代が今や5、6千円することを考えるとインクが無くなったらプリンターごと買い換えた方がいいのかも?と考えてしまいます。

でも機能を良く見ると安いものはカラー印刷するのに大量のインクと長い時間が掛かったりします。その辺の按配を考えどこで折り合いを見つけるかが鍵となります。キャノンは形もスッキリしていて好ましいのですが、エプソンには10年間お世話になった恩義が在ります。最終的には多機能モデルであるEP-801Aと単機能モデルであるEP-301に絞り込みました(ともにエプソン)。

http://www.epson.jp/osirase/2008/080919.htm

価格コムで調べると前者が17,456円、後者が11,329円が最低価格とあります。ヨドバシでもポイント還元を考慮するとほぼ同等の値段となります。(ただし、ヨドバシではEP-301は展示されていませんでした) 今、丁度モデルチェンジの時期と重なり、在庫をどう捌くかが課題となっているようです。

ヨドバシにはポイントがあるので多分ヨドバシで買うんだろうな、との予感がありましたが、ダイエー西宮店2階のミドリ電化でヨドバシには無かったEP-301(冒頭写真右)を見つけました。展示品・現品限りとあり11,000円(多分これ位だったような気がします。もう記憶にございません・・・)の値札が付いておりました。エプソンでは単能機にはコンピューターとプリンターを繋ぐUSBケーブルが付いておらず必要ならば別に購入する必要があります。展示品・現品ですがデモ機でなく未使用の物件です。これならばOKです。

それからなんやかんやと交渉がありUSBケーブルを付けてジャスト10,000円での購入となりました。ここでサプライズ。ミドリさんは更にLEDアラームクロック(株式会社誠時製)をプレゼントしてくれました。アマゾンで見ると6,880円で売っている商品です。

http://www.amazon.co.jp/SEIJI-LED-003RE-%E8%AA%A0%E6%99%82-%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%B8-LED%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AFL/dp/B00163JS7G/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=watch&qid=1254309310&sr=1-7

ミドリ電化さん、顧客満足度200%でした~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

水都大阪2009

P1000070

『大きなアヒルがいるよ』と教えて貰いました。鉄人28号にも会ってきた僕です。アヒルにも是非お会いしなければなりません。天満橋を目指してカブを走らせます。

いました、いました、大川(旧淀川)に可愛い黄色の巨大アヒルが気持ち良さそうにプカリプカリと浮いています。この巨大アヒル(フローティングダック)はオランダの新進芸術家「F・ホフマン」さん(1977年生)の作品です。僕はてっきりTOKIOのテレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』から出てきたものと思っていました。

ここ八軒家浜会場では『水の回廊 時空の架け橋』と題して光と音と映像を駆使した幻想的なナイトショーをやっています。パンフには『夜に浮かぶ絵本のよう』とあります。10月12日(月・祝)が最終上映日となります。ちょっと見てみたいですね。

水都大阪2009の公式HPです。

http://www.suito-osaka2009.jp/

P1000014 P1000012 P1000025 P1000045 P1000027 P1000036 P1000043 P1000049 P1000022 P1000068 P1000053 P1000060

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

明日香 Ⅱ 

Dsc_0043 Dsc_0016 Dsc_0046 Dsc_0079 Dsc_0096 Dsc_0104 Dsc_0110 Dsc_0138 Dsc_0147_2 Dsc_0161 Dsc_0180 Dsc_0198 Dsc_0215

| | コメント (6) | トラックバック (0)

明日香 Ⅰ

Dsc_0119

明日香。 この響きは一瞬にして僕を古(いにしえ)の日本に導いてくれます。シルバーウィークの最終日、奈良はどこも車の渋滞が続いていました。でも明日香での渋滞は気になりません。ここ明日香で大昔、僕たちの祖先が米を食べ野菜を食べ、生活していたことに思いを馳せていると時間があっという間に過ぎていきます。

日帰り圏でありますが、いつか明日香で泊まりたいと思います。出来れば秋の虫たちが鳴く季節が良いです。あっ、今この時期ですね。

明日香村のHPより宿泊情報のURLです。

http://www.asukamura.jp/syukuhaku/syukuhaku.html

Dsc_0024 Dsc_0031 Dsc_0011 Dsc_0028 Dsc_0036 Dsc_0013 Dsc_0034 Dsc_0029 Dsc_0014 Dsc_0005 Dsc_0041 Dsc_0040 Dsc_0059 Dsc_0152 Dsc_0060 Dsc_0071 Dsc_0082 Dsc_0091 Dsc_0094 Dsc_0097 Dsc_0115 Dsc_0136 Dsc_0154 Dsc_0159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

葉山 ~夏の終りに~ 

P1000179

鎌倉から葉山へは思ったよりも近くて少しの混雑がありましたが30分ほどで着くことが出来ました。神奈川県立近代美術館に隣接するレストランからは富士山、江ノ島が見渡せます。美術館の広場に立つと「ザブーン、ザブーン」と波が打ち寄せる音が心地よく聴こえてきます。快晴の空の下、波打ち際を歩いて海の匂いと音とに包まれます。何も考えることなく心と身体を海に委ねることが出来たらどれ程ステキでしょうか。 (使用カメラ:FX01)

P1000084 P1000085 P1000174 P1000156 P1000134 P1000173 P1000180 P1000221 P1000190 P1000188 P1000214 P1000200 P1000197 P1000229 P1000224 P1000236

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

シルバーウィーク

手帳にメモしていたシルバーウィークのイベント情報です。

9月18日(金) 

   ~2010年1月3日:鳥取砂丘『砂の美術館~オーストリア編~』

9月19日(土) 

   さんセンタープラザファッションショー 14時~、16時~

   SWING JAZZプレライブ atハーバーランドキャナルガーデン 12時~17時

   ~20日 花の文化園(フルルガーデン)開園記念日入場無料

   ~20日 飛鳥 光の回廊(明日香村)

   平安神宮 神苑無料公開

   ~20日 関西キャンピングカーショー2009 インテックス大阪

   NHK神戸 トアステJAZZライブ

   ~23日 彼岸花まつり 明日香石舞台地区

   ~10月18日 曽爾高原山灯り

9月20日(日)

   ~22日 和歌山マリーナシティ スターライトイリュージョン JAF無料

9月21日(月祝)

   ~22日 神戸ALIVE2009 メリケン、生田神社他

   SWING JAZZプレライブ atカフェネスカフェ三宮店前 13時~17時

   ~23日 西宮まつり

   水都大阪ナイトプログラム八軒家浜会場 水と光のショー

9月23日(水祝)

   三千院彼岸越中おわら踊り 11時~、14時~

   阪急神戸 塚口南側 SCさんさんタウン 阿波踊り大会

   嵐山音楽祭 

すべて古い情報ですので行かれる際には最新情報を確認されてくださいね。

素敵なシルバーウィークとなりますように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

KOBE 鉄人 PROJECT 

Dsc_0213

母方の祖父が亡くなった時、僕の手には鉄人28号のブリキのおもちゃがありました。背中のジェット噴射口からは火花が飛び散る本格的なものでした。あれから数十年の月日が過ぎていきました。

そしていま目の前に18mもの背丈を有する鉄人が町の中に忽然と現れました。お~、嬉しいぞ~♪

http://www.kobe-tetsujin.com/index.html

ハーバーランドからフィットのハンドルを握って急に思い立ちました。途中、母娘の親子連れに道を尋ねて『若松公園』と教えてもらって無事に現地に到着しました。鉄人はまだその姿の8割をベールに包まれていましたがそのお顔を拝むことができました。

Dsc_0174 Dsc_0169 Dsc_0194 Dsc_0196 Dsc_0188 Dsc_0207 Dsc_0200 Dsc_0220

下の2枚は製作途中を撮られた写真を撮ったものです。

Dsc_0198 Dsc_0197

| | コメント (6) | トラックバック (0)

神戸アーティストフェスティバル 

Dsc_0051

2時間ほど神戸で自由に使える時間が出来ました。そこで『神戸よさこいまつり』が行われているハーバーランドへ行ってみました。ところがハーバーランドで行われていたのは11日と12日のみで13日の今日は垂水と舞子で行われていたのでした。滅茶苦茶落ち込む僕が居ます。仕方ありません。なにかやっていないかな?という淡い期待をもってスペースシアターへと向かいます。途中、エルビスにお会いします。お~、こんなところに居たのですね。オープンセレモニーには小泉前首相も立ち会ったようです。

スペースシアターでは素敵なミュージシャンが素敵な歌声を響かせていました。僕が聴くことが出来たのは『LAILHA(ライラ)』というグループのお二人でした。想いをからだ一杯で表現されて歌うヴォーカルの女性はとても素敵でした。

彼女らの想いが僕の写真で少しでも表現できたら嬉しく思います。そしてまたそんな写真が撮れるようになりたいです。

Dsc_0102 Dsc_0005 Dsc_0009 Dsc_0118 Dsc_0024 Dsc_0087 Dsc_0061 Dsc_0122 Dsc_0156 Dsc_0150 Dsc_0154 Dsc_0157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

死ぬな ケガすな 病気すな 

P1000203

大社中学校の前と通るとき、いつも気になっていた石碑があります。

『死ぬな ケガすな 病気すな』

最初の『死ぬな』が秀逸です。命を亡くすな。いつもこの強いメッセージを伝えたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北山緑化植物園 

Dsc_0072

ツクツクボウシが園内の樹々からその哀しい声を響かせています。セミの中でもツクツクボウシとヒグラシが一日を締め括ったり、夏の終わりを感じさせたりしてその歌声は憂いを帯び哀しく聴こえてきます。

Dsc_0017 Dsc_0009 Dsc_0038 Dsc_0027 Dsc_0040 Dsc_0045 Dsc_0055 Dsc_0060 Dsc_0081 Dsc_0067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷の棚田 

P1000118

近くで素敵なところ、しかも今が旬な場所、という検索を脳内コンピューターにかけると長谷の棚田がアウトプットされました。DSCとFX01を相棒に宝塚から能勢へと入っていきます。

道の駅「いながわ」まで宝塚経由でいつものご機嫌コースをDSCで風を切っていきます。秋の足音が近付いてきてはいますが、Tシャツにメッシュジャケットの組合せで涼しいというよりも少し温い空気が身体をほわっと包みます。12号線を北上し、ふるさと館手前の交差点を右折、突き当りを左に行くともう田んぼと山の世界が広がります。初めて来た時はそのアクセスの悪さから進むにつれて不安になった道も、その後整備が進んだこともあって不安なく進んでいきます。でも狭いので対向車には十分に注意が必要です。途中、DSCを止めて写真を撮っていると向かいからオフロード車(バイク)4台の集団がやってきます。道の真ん中にDSCを止めていたので慌てて動かそうとすると先頭の方が「大丈夫ですよ~」と言って下さり、横を次々と通り抜けていきます。バイクが通り過ぎるたびに「ごめんなさい」を繰り返す僕が居ます。

「サイノカミ峠」の道標が見つかれば棚田はすぐそこです。ここまで来るのにコンバインで稲刈りをしている光景があちらこちらで見かけました。棚田がまだ刈取りを終わっていないことを願います・・・ その願いはなんとか叶えられました。黄金色の稲穂が素晴らしい景色に色を添えてくれます。

P1000020_2 P1000057 P1000039_2 P1000048 P1000067 P1000096 P1000077 P1000099 P1000103 P1000130 P1000109 P1000116 P1000184 P1000197

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »