« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

西宮船坂ビエンナーレ 2009 

Dsc_0315

神戸市立森林植物園を少し早めに切り上げます。というのも宝塚と有馬の中間にある『船坂』で現代アート展が開催されていて、神戸で開催されているビエンナーレとは違う魅力を感じたからでした。

http://www.funasaka-art.com/

いつも51号線を通るとき気になっていた『船坂』の街。有馬温泉の湯舟をこしらえたので本当は『舟坂』が由緒ある正しい村の名前だそうです。人口約800名、200弱の家があります。

今日は13時半から作品周遊ツアーがあります。本部のあるJAふれあい会館に行きパンフレットを頂戴します。会場では地元産のそばを300円で売っていました。お昼ごはんはここですれば良かったとちょっぴり後悔します。今日のガイド役は実行委員会の会長さんです。11月中旬以降は武庫川女子大の学生さんによる案内となります。

会長さんの味わいある語り口とともにアート散策が始まっていきます。棚田エリアから湯山古道エリアをグルッと回るルートには全部で19個の作品があります。ひとつひとつを丁寧に説明していただきます。会長さんは『穴を掘ればアート』などと言いながら作家さんや作品への愛情が溢れています。

船坂小学校は西宮市最古の小学校でしたが来年の廃校が決まっています。校庭では子供達が野球をしていました。二宮金次郎の銅像が歴史ある小学校を物語っていました。

アート作品はどれも素敵なものでしたが、中でも『旅するものについて(藤井龍徳さん作品)』が印象的でした。作品である小屋の中には去年西宮で生まれた人の数の、家の外には亡くなられた数の木片が掲げられていました。

Dsc_0205 Dsc_0218 Dsc_0208 Dsc_0192 Dsc_0222 Dsc_0226 Dsc_0229 Dsc_0241 Dsc_0237 Dsc_0245 Dsc_0261 Dsc_0266 Dsc_0273 Dsc_0274 Dsc_0278 Dsc_0277 Dsc_0280 Dsc_0283 Dsc_0285 Dsc_0294 Dsc_0290 Dsc_0289 Dsc_0312 Dsc_0319 Dsc_0336 Dsc_0331 Dsc_0352 Dsc_0364 Dsc_0366 Dsc_0369 Dsc_0372 Dsc_0376 Dsc_0373 Dsc_0379 Dsc_0381 Dsc_0421 Dsc_0396 Dsc_0408 Dsc_0412 Dsc_0418 Dsc_0427 Dsc_0429 Dsc_0433 Dsc_0436

| | コメント (2) | トラックバック (0)

森林もみじ散策 

Dsc_0151

神戸市立森林植物園へDSCで行ってきました。というのも昨日紅葉情報で森林植物園が既に見頃を迎えているとの情報があったからです。

『38種3000本 世界の森のもみじめぐり 森林もみじ散策』と題していま植物園は炎のように全山紅く揺らめいている、と思ったのですが、僕の大好きなもみじ谷地区はまだまだ緑一色でありました。木々によっては既に茶色の葉を落とし冬本番に備えているものもあったり、人間の都合の良いように一度に全部秋色という訳にはいかないようです。

それでも紅葉と黄葉の彩りが絵画のように美しく心のキャンパスに素敵な画を描いてくれました。

深い落ち葉の上を歩いていると乾いた葉を踏みしめるカサッ、カサッという足音だけが森の中に響きます。時折、ポトッ、ポトッという別の音が聞こえてきます。どんぐりたちです。でもどんぐりたちはすぐに葉っぱの中に隠れてしまいます。

長谷池に出ると池の周りの紅葉が水面に映り込んで幻想的な世界を魅せてくれます。

Dsc_0003 Dsc_0014 Dsc_0018 Dsc_0024 Dsc_0031 Dsc_0034 Dsc_0039 Dsc_0044 Dsc_0048 Dsc_0063 Dsc_0094 Dsc_0099 Dsc_0098 Dsc_0168 Dsc_0105 Dsc_0107 Dsc_0126 Dsc_0089 Dsc_0148 Dsc_0147 Dsc_0171 Dsc_0166 Dsc_0177 Dsc_0179 Dsc_0182 Dsc_0184

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

武庫川河川敷 

P1000052

武庫川河川敷のコスモス畑を買い物の途中、寄り道して見てきました。コスモス畑が何ブロックが作られていますが、武庫川上流に近いブロックでは満開に近い状態でした(冒頭写真)。でも真ん中辺りのブロックは開花率ゼロ%。長い期間楽しめるように種植えの時期をずらしているようです。

僕が行った夕方の時間、既に駐車場は閉鎖されていました。でもカブならノープロブレムです。簡易トイレも設置されていました(近くを通っただけでとても臭かったですが)。

(使用カメラ:DMC-FX01)

P1000005 P1000034 P1000050 P1000084 P1000092 P1000065 P1000080 P1000083 P1000089 P1000100

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

バスボール 

Dsc_0003  なんだこりゃ?

Dsc_0007  袋を開けるとこんなのが出てきました

Dsc_0013  お風呂に沈めるとなんか浮いてきた・・・

Dsc_0018  おぉぉ~、見えてきた~

Dsc_0025  あら可愛いお人形さんでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

興福寺 阿修羅立像 

Dsc_0048

阿修羅にお逢い出来るというのでDSCと一緒に奈良の興福寺まで行ってきました。仏像が若者達の間でブームとなっているようです。本屋には仏像関連の書籍が並んでいます。自分と向き合う静かな時間を持つことはとても大事なことだと思います。その延長に巡礼の旅があります。

【興福寺紹介動画】 ←素敵です(他にもJR東海のがグッときます)

http://www.youtube.com/watch?v=iQulN-oWXxc

この日の奈良は多くの人で賑わっていました。阿修羅にお逢いするまでの待ち時間は75分。結局、僕はお逢いすることが出来ませんでしたが、同じ時間、同じ空間を共有させて頂けた事で幸せでした。

奈良は不思議な場所です。京都とも神戸とも違う何かを感じる処があります。

『かぎろひ』 『まほろば』 これらの言葉は強く奈良を感じさせてくれます。日本のふるさとをDNAが受け止めているのかもしれません。

旧暦の11月17日、2010年の1月1日。奈良県宇陀市の「かぎろひの丘万葉公園」から初日の出を観るのも素敵だと思います。

http://yamatoji.pref.nara.jp/ch-osusume/osusume_m.asp?pgCODE=O26481

Dsc_0090 Dsc_0097 Dsc_0006Dsc_0030 Dsc_0011 Dsc_0016 Dsc_0014 Dsc_0024 Dsc_0032 Dsc_0031 Dsc_0034 Dsc_0054 Dsc_0039 Dsc_0051 Dsc_0055 Dsc_0060 Dsc_0082 Dsc_0084 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

神戸ビエンナーレ2009 ~GATE~

Dsc_0009

神戸ビエンナーレをいつもの何倍も素敵にしてくれたのがこの『GATE』でした。関典子さんが総合プロデュースするダンスパフォーマンスです。

http://www2.kobe-u.ac.jp/~sekinori/main.html

本番直前の最終練習を観させて貰いました。その後、船で一旦メリケンに戻り、カブで再度HATまで戻ってきました。本番開始時間の20分前です。既に大階段は埋め尽くされています。観客の多くがパフォーマーと同じく若い人たちです。僕は最前列から3番目に空きスペースがあったので潜り込ませて貰いました。でも本番開始直前、写真撮影禁止のお触れが・・・ 残念でした。素敵なシャッターチャンスが何度もあり、心の中でシャッターを押していました。

Dsc_0284 Dsc_0292 Dsc_0253 Dsc_0013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ビエンナーレ2009 ~メリケンパーク会場~ 

Dsc_0468

神戸港会場はメリケンパーク会場と兵庫県立美術館会場を繋ぐ海の上が舞台です。でもチケットは片道分のみです。帰り道、電車も不便なので再度乗船チケットを購入(JCBカードを見せると100円引きの500円となります)します。フォトジェニックなクルーの方やダンサーの方たちと再びご対面です。

小半時間の船旅を楽しみメリケンパークに戻ります。メリケンパーク会場にはたくさんのコンテナが並んでいます。会場を右回りに周っていきます。全てがコンテナの空間の中で表現されています。いくつかのコンテナでは人数制限による入場制限を行っていて待ち時間が30分ほど必要なものもあります。僕はそういうところはドンドン飛ばして行ったので最後に人気のある展示だけが見ていないこととなりました。折角なので仕方なく並ぶこととしました。最後には大賞を取った『beyond the sea』を観ました。やっぱり大賞を取るだけのことはあります。素敵でした。

Dsc_0449 Dsc_0453 Dsc_0451 Dsc_0454 Dsc_0455 Dsc_0458 Dsc_0466 Dsc_0482 Dsc_0476 Dsc_0574 Dsc_0479 Dsc_0485 Dsc_0503 Dsc_0511 Dsc_0516 Dsc_0518 Dsc_0526 Dsc_0528 Dsc_0536 Dsc_0548 Dsc_0540 Dsc_0553 Dsc_0557 Dsc_0565 Dsc_0567 Dsc_0575 Dsc_0583 Dsc_0591 Dsc_0600 Dsc_0604 Dsc_0614 Dsc_0635

| | コメント (5) | トラックバック (1)

神戸ビエンナーレ2009 ~神戸港会場~ 

Dsc_0301

メリケンパークの駐輪場(無料)にカブを止めてメリケンパーク会場のチケット売り場へ向かいます。前売券をチケットに交換し神戸港会場の乗船口へと向かいます。朝10時の出向便はがら空きでした。お客は僕以外に年配のカップルが一組だけ。総合計3名です。クルーやダンサーのホスト側が圧倒的に多いのであります。300人乗りの広い船内は好きなように動き回れます。

クルーは全員が女性です。カッコいいです。出向して間もなく、気付くとダンサーの方が甲板の上で寝転がっています。カップルは二人で話に夢中です。観るのは僕だけ? 折角やって下さっているので一人観客となります。でもあちらも気分が乗る筈もなくやがて尻つぼみに。下船する際に申し訳なかったのでお話をさせて貰いました。

船は約25分でHAT神戸に着きます。兵庫県立美術館の会場をゆっくりと周ります。美術館の大階段の下が会場のひとつになっていて驚きました。いつもは排水溝になっている場所です。その後、エレベーターで3階まで上がりギャラリー展示室を周ります。室内は写真撮影が禁止なので写真がありませんが、金属のボルトを無数に並べた近未来都市のようなオブジェがとても気に入りました。

エレベーターを降りると大階段で若い踊り子が先生の教授の下、本番に向けた最後の練習の真っ最中でありました。真剣な練習です。踊り終わって思わず拍手をすると大きな声を上げて指導されていた先生が後ろを振り返りお礼を頂戴します。素敵な先生です。壁に貼ってあったパンフレットで15時半から本番があることが分かります。本番も是非来たいと思いました。(『GATE』をご参照ください)

帰りも電車でなく、船で戻ることにします。さすがに乗客も多く、ダンサーさん達のことを考えるとホッとします。往きとは違って多くの観客が後押しになって素敵な踊りを披露してくれました。でもその時にハプニング。女性のダンサーが背中を木の椅子に思いっきり打ちつけてしまいました。まわりの観客から思わず悲鳴が・・・ でもさすがプロです。何事も無かったように仕事を続けます。踊り終わって暫くしてから背中は大丈夫だったかお聞きすると、これ位は何でもない、以前首を打ったときは大変だったけど、と笑って答えてくれました。これがプロなんですね。

Dsc_0018 Dsc_0030 Dsc_0039 Dsc_0102 Dsc_0122 Dsc_0145 Dsc_0160 Dsc_0174 Dsc_0210 Dsc_0211 Dsc_0220 Dsc_0221 Dsc_0233 Dsc_0250 Dsc_0245 Dsc_0294 Dsc_0296 Dsc_0307 Dsc_0305 Dsc_0312 Dsc_0326 Dsc_0416 Dsc_0370 Dsc_0391 Dsc_0394 Dsc_0399

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己紹介 ~僕です~ 

Dsc_0587

今日はDSCにテントを積んで四国の最西端『佐田岬』に行って海に沈むでっかい夕陽を灯台越しに観ているはずでした。でも天気予報で日曜日は雨との由。涙を呑んで大人らしく無理をせずご近所の『神戸ビエンナーレ2009』へとカブと共に行ってきました。でも天気予報は心変わりして一転『晴れ』の予想となります。まぁ、こんなものかもしれません。

ビエンナーレでは素敵な作品がずらりと並んでとても素敵でした。その中で作品に『僕』もちょっぴり参加してきました。

Dsc_0497_2 Dsc_0544_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

荒牧バラ公園 

Dsc_0103

秋晴れの午後、神様が素敵な時間をプレゼントしてくれました。荒牧バラ公園のHPをチェックすると秋バラが今、見頃を迎えているとのこと。これは行かねばなりません。

カブを駐輪場に止めて焦る気持ち抑えながらバラ園へと足を入れて行きます。お~、素敵な光景が広がっています。色とりどりのバラたちが秋空の下、その華麗な姿で魅せてくれます。

Dsc_0002 Dsc_0013 Dsc_0016 Dsc_0023_2 Dsc_0031 Dsc_0034 Dsc_0035 Dsc_0045 Dsc_0064 Dsc_0067 Dsc_0075 Dsc_0077 Dsc_0098 Dsc_0118 Dsc_0120 Dsc_0122 Dsc_0128 Dsc_0133 Dsc_0137 Dsc_0131 Dsc_0149 Dsc_0140 Dsc_0011 Dsc_0143

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

オリオン座流星群 

Dsc_0023

オリオン座流星群が今年の出現のピークを迎えているとの由。2006年から突然活性化して1時間当たりに見える星の数が以前の20個前後から50個前後へとなったそうです。午後10時頃から出現し、深夜から明け方まで夜空を舞台にした雄大なショーが繰り広げられます。

朝の新聞でこんな情報が載って僕を強く誘惑します。誘惑には素直に従いたいと思います。行き先は辺りが真っ暗で天体観測に適している場所。近所なら猪名川天文台しかない、と固く決心しフィットと一緒に出掛けます。道の駅いながわを経由しいつもの大好きなコースです。初めての人が夜、ここに行くのはちょっと大変かもしれません。道が細く車のヘッドライトだけが視界の世界です。

22時前には駐車場に到着します。思ったより人が少なく感じました。(後から次々とやってきて帰る頃には駐車場は満車状態でした) 

それにしても寒い・・・ウィンドブレーカーを持参しましたがそれでも寒い・・・ 駐車場から天文台へは上り坂となっていますが真っ暗で何も見えません。ここは家から持参してきた懐中電灯が大活躍。周りに居た人も僕の後ろをついて来ます。

三脚をセットし空を眺めます。この姿勢が思った以上に辛いのです。すぐに首が痛くなります。ベストのポジションはビニールシートを敷いてそこに寝転がって空を見る体勢です。これだと首が痛くなることもなく、また空全体を見渡すことが出来るからです。ベテランの方はこの体勢で流れ星を待っていました。

Dsc_0010 Dsc_0040

雲が多くなり星が見え難くなるまで小一時間程、寒さに耐え頑張りました。その間に5つの流れ星を見ることが出来ました。そのうち4番目の流れ星は僕の人生の中でも最長の飛行距離を持ったものでした。まるで漫画の中に出てくる流れ星のようにとても長い軌跡を見せてくれました。空を見上げていた観客からは一斉に大きな感嘆の声が上がりました。多分残りの人生の中でもこれだけ素敵な流れ星を見ることはもう無いでしょう。大感激の一瞬でありました。願い事、これは星が消えてから思い出しました。星が見えている間、刹那の時間は大感動に心が奪われておりました。

カメラを持参しましたが流れ星を捉える事は出来ませんでした。撮っているときは気付かなくてもメモリーにしっかり写っていることをちょっぴり期待したのですが全く駄目でありました。

嫌なニュースを聞きました。六甲山の掬星台で星を観察していた大学生のグループが20歳前後の若者達によりゴルフクラブなどで襲われケガを負わされたそうです。そのような輩にはロマンを夢見る場所に来て欲しくありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

錦帯橋 

Dsc_0053

錦帯橋。5連のアーチがとても素敵です。以前DSCで来た時は一番手前の橋脚が流されて工事中でありました。広島の旅もここで最後です。全行程735kmの思い出深い旅となりました。

Dsc_0723 Dsc_0741

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

宮島 

Dsc_0307

宮島へはフェリーで10分ほどで渡れます。厳島神社の大鳥居は海上に浮かんでいますが潮の干満によりすぐその下まで歩いていくことも出来ます。この日、満潮の時間に合わせて屋形船に乗り大鳥居を潜りました。鳥居を始めとする参拝、これが正式な参拝の仕方であると船頭さんから教えて貰いました。

宿の部屋から挽き立てのコーヒーを飲みながら大鳥居を眺めます。ゆっくりとした至福の時間が流れていきます。

Dsc_0054 Dsc_0156 Dsc_0231 Dsc_0420 Dsc_0505 Dsc_0644 Dsc_0653 Dsc_0659

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

原爆ドーム 

P1000210

1945年8月6日午前8時15分。人が人を殺す手段として人類史上初めて原子爆弾が使われました。

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/

人類が戦争をしない日、戦争が出来ない日を迎えるのはいつのことでしょうか。人類が滅亡する日がその日でないことを祈るばかりです。

広島平和記念資料館ではフラッシュを焚かなければ写真はOKです。でもこの日、僕にはシャッターを押すことが出来ませんでした。

P1000204 P1000196 P1000301 P1000319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

中秋節 

Dsc_0346

南京町第12回中秋節が3日、4日と行われます。凄い人混みであることは承知していますが、元気を貰いに行ってきました。正面は既に何重ものの人垣が出来ています。仕方ないので後ろから見るポジションですが人垣2番目となり前の人の頭の間からレンズを覗きます。獅子舞の踊りです。4頭もの獅子舞が一度に踊ることは滅多にないそうです。

Dsc_0130 Dsc_0432 Dsc_0445 Dsc_0133 Dsc_0425 Dsc_0386 Dsc_0209 Dsc_0370 Dsc_0240 Dsc_0291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ビエンナーレ 

Dsc_0117

神戸ビエンナーレ2009。「52日間、みなと神戸がアートに染まる!」

第2回となる今年は「平和」「調和」「和み」「環」「輪」などをキーワードとする“わwa”がテーマです。そんな芸術祭を見ようと昨日(10月2日)JRで前売券を買おうとしたら「明日(10月3日)から発売です」と言われました。「えっ・・・?」明日からじゃ前売りじゃないのでは?と思いましたがおかしいと思いながらも明日買うことにしました。

そして今日(10月3日)、コンビにでも買えるとのことでしたのでセブンイレブンに行くと売っていません。店員さんがチケットピアとの関係が深いローソンだったらあるかも、と親切に教えてくれました。ローソンを見つけロッピー(チケット予約機)で検索するも見当たりません。電話機が付いておりそこからアクセスすると電話口の向うでやはり見つからないとの由。「あれれ???」状態です。

結局、ビエンナーレの会場で聞くことに。そうすると「前売りは前売りだから今日からは扱わない」との至極当たり前の返事。JRの件を話すと「文句はJRに言ってくれ」との由。

Dsc_0119 Dsc_0121

なんかもう嫌になってしまいました。とても嫌な気分です。ここはもう退散して、南京町へ繰り出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄人28号 

Dsc_0056

2009年9月29日についにそのベールを脱ぎ、姿を現した鉄人28号。すぐにでも行きたかったのですが土曜日の今日、やっと会うことが出来ました。

でも予想していた状況と大分違っておりました。冒頭写真でも分かるようにまだ工事車両が鉄人の廻りを動いている状態で鉄人は未だ柵の中にいます。写真は径が20cm位の石の円柱の上にフラつきながら両足を揃え、柵越しになんとか撮ったものです。9月末には完成とありましたが鉄人周りのインフラがまだまだ未整備のようです。鉄人を下から見上げるように撮りたいのですがもう少し我慢です。

Dsc_0081 Dsc_0005 Dsc_0017 Dsc_0094 Dsc_0034 Dsc_0091

| | コメント (4) | トラックバック (0)

有馬温泉 金の湯&銀の湯 

P1000080

2009年10月3日(土)から12日(月・祝)までの10日間『KOBE 観光ウィーク』と銘打ち、神戸市内の観光スポットで様々な特典が用意されています。その中で僕のハートを射抜いたのは『金の湯&銀の湯 入浴無料』でありました。

でもこの入浴無料は本日だけの特典です。これは相当な混雑が予想されます。行くべきか、行かざるべきか、ギリギリまで悩みましたが、カブに跨ると僕の身体は有馬へと運ばれておりました。

金の湯の前を通ると大勢の人が入口にいます。ここは一旦パスして銀の湯から行くことにします。これが大正解。銀の湯はゆったりと入ることが出来ました。湿式のサウナにも入り砂時計をひっくり返します。あれは5分計だったのでしょうか。少し(本当に少し(と思いたい))弛んだお腹もこれまた少しだけ引っ込んだような気がします。

P1000073 P1000072 P1000071 P1000083

次に有馬の細い路地を下りながら5分ほど歩いていくと金の湯に到着です。靴置き場は結構な混雑です。お湯は金の湯らしく土色です。右手は44度、左手は42度の湯殿です。最初、42度に浸かり身体を馴染ませます。幸せな時間です。一旦湯船から出て坊主頭を洗い流します。そして44度のお湯へと入ります。こちらもキュとする感じが素敵です。金の湯を後にするとき、外国の大勢の団体さんが大きな声を上げながら入っていきました。抜群のタイミングでありました。

P1000086 P1000084 P1000090 P1000092

タダでふたつの名湯を楽しませて貰うなんて本当に有難かったです。感謝。この日は更にもう一つ『太閤の湯殿館』も無料となっているので勿論寄り道していきます。

P1000095 P1000109 P1000113 P1000128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »