« 一青窈 LIVE’09 in KG  | トップページ | USJ ~クリスマス~ »

2009年11月 7日 (土)

佐川美術館 

Dsc_0127

ずっと行きたいと思っていた『佐川美術館』ですが入館料の高さ(1,000円)に尻込みをしていました。でも今日は『関西文化の日』で気前良く無料(11月7日、8日の両日)となっています。

http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/cgi-bin/index.cgi

この『関西文化の日』はとても素敵なイベントです。関西一円の約400の美術館・博物館等の施設が入館無料となるのです(通常も無料の施設を含む)。ピークは来週14日(土)と15日(日)です。

http://www.kansaibunka.com/

HPもありますが、出来たらパンフレットを駅などで入手されると分かり易いと思います。でもパンフ入手をミッションとしていた僕でも昨日やっと阪急梅田駅でゲットできた次第です。とても人気がありすぐに無くなってしまうようです。

来週末は国立国際美術館、国立民俗学博物館、咲くやこの花館、宇治市源氏物語ミュージアム(15日のみ)などが僕のアンテナをくすぐります。

琵琶湖にはもう何度も行っています。時折佐川美術館の前を通るのですがその建物が既に美術品のように素敵です。この美術館は名前から推測される通り佐川急便の創業40周年記念事業として1998年に開館されたものです。

日本画の平山郁夫『平和の祈り』、彫刻家の佐藤忠良『ブロンズの詩』、陶芸家の樂吉左衛門『守破離』の3人の芸術家の作品と出会う事が出来ます。

平山画伯は仏教伝来をテーマとするシルクロードシリーズで芸術には縁遠い僕でも良く知っている芸術家ですが、他のお二人の作品もとても素敵でした。とくに忠良(ちゅうりょう)さんの作品(『帽子・夏』)には興福寺の阿修羅に会ったときと同じようにドキッとしてしまいました。でもこの作品は忠良さんが日本人で始めてフランス国立ロダン美術館で個展を開いた際のポスターにもなっていた代表的な作品だったことを後で知りました。ポストカードを一枚、記念に購入します。

Dsc_0136

今日は無料と云う事で僕を初めとして日頃美術館に縁遠い人達もたくさん来ていました。そんな人達の中でも、年配の女性軍団が大声を上げて笑ったりしゃべったりしているのには辟易としてしまいました。作品と向き合うことなくおしゃべりで盛り上がっています。なるべく距離を置いて足早に逃げ出します。

この美術館の素敵のひとつは、普通なら居るブースごとの係りの方が居ないことです。当然モニターで監視はしていると思いますが、人が居ないと目線を気にせずにゆっくりと鑑賞できます。また作品の多くがガラスケースに入れられることもなくそのままの姿で置かれています。作品との距離が近いのです。気に入った作品は前後左右から自由に見ることが出来ます。なんなんでしょうか、この肝っ玉の展示方法は。すこしびっくりしました。

今日は彦根のひこにゃんにも会いに行こうと考えていましたが、折角の素敵な作品との出逢いの余韻を大事にしたくてそのまま帰途に着くことにしました。

途中、道の駅琵琶湖大橋米プラザに寄り道です。大橋を車で通過するときに見えた琵琶湖の湖面が煌めく様を撮りたかったのですが、位置関係が悪く写真になるような画を見ることが出来ませんでした。その代わり、地元産の美味しそうな柿、里芋、椎茸を買い込みました。里芋は茹でて醤油をつけてつるっと食べるのが大好きです

秋の京都はもの凄い大渋滞です。でも行き帰りとも中心部を回避したので渋滞とは無縁でありました。ホッ。(注:No167は美術館に隣接する公園に置かれた別作者の作品です)

Dsc_0008 Dsc_0011 Dsc_0016 Dsc_0028 Dsc_0030 Dsc_0060 Dsc_0043 Dsc_0046 Dsc_0071 Dsc_0089 Dsc_0067 Dsc_0077 Dsc_0107 Dsc_0167 Dsc_0157 Dsc_0174 Dsc_0177 Dsc_0203

|

« 一青窈 LIVE’09 in KG  | トップページ | USJ ~クリスマス~ »

コメント

佐川美術館と信楽にあるMIHO MUSEUMで「若冲ワンダーランド」をみるバスツアーの企画を西宮市がしていたので すぐに申し込みをしたのですが 抽選に外れたようで返事がきませんでした

佐藤忠良さんの娘さんが女優の佐藤オリエさんだったと思います
最近はTVで見ることは無くなっていますが 好きな女優さんでした

投稿: TOSSY | 2009年11月 8日 (日) 19時31分

おばさんにはかなわないので逃げるが勝ちですね。
それにしても、いろいろな情報をお持ちですね。常にアンテナを張っている姿勢には脱帽です。私なんか佐久間レールパークの閉鎖時期さえ勘違いして見逃しました(涙)

投稿: keiichi_w | 2009年11月 8日 (日) 19時50分

>TOSSYさん
西宮市も色々な企画を用意してくれているんですね。
抽選残念でした。
佐川美術館はとても素敵でした。
また違う機会にチャレンジしてください。

そうです。オリエさんが娘です。
僕の大好きな寅さんのマドンナにも
なっています。


投稿: tetsu | 2009年11月 8日 (日) 21時37分

>keiichi_wさん
佐久間レールパークは最終の2日間
フィナーレイベントで無料だったんですね。
僕は無料には特別な嗅覚があるみたいです(笑)

>いろいろな情報をお持ちですね。常にアンテナを張っている姿勢には脱帽です。

はい、一生懸命遊んでおります(大笑)

投稿: tetsu | 2009年11月 8日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/46698871

この記事へのトラックバック一覧です: 佐川美術館 :

« 一青窈 LIVE’09 in KG  | トップページ | USJ ~クリスマス~ »