« 湯め(夢)の中へ  | トップページ | コウノトリの郷公園  »

2009年11月 1日 (日)

植村直己冒険館 

Dsc_0024

冒険家植村直己さんが冬のマッキンリーの氷の山の中で消息を絶ってから25年となります。植村さんは1941年に豊岡市日高町に生まれました。植村さんの『知恵と技術』、そして『人と心』を伝える為に冒険館は作られました。

http://www3.city.toyooka.lg.jp/boukenkan/index.html

映像ホールで流れていたフィルムで印象に残った言葉たちがありました。

『植村直己が達成した偉業の数々に人が集まったのではなく、植村直己の人間としての魅力に人が集まった。』

『こんなに辛いことをしないと僕は満足できないのかな~』

植村さんの捜索が打ち切られた日、植村さんが大好きで家族のように愛していた落ち零れの犬「イグルー」が死にました。

植村さんと奥さんが一緒に写っている写真があります。奥さんは大変だったのだろうな、でも幸せだったんだろうな、と思いました。

Dsc_0018 P1000054 Dsc_0019 P1000029 Dsc_0022 P1000018 P1000038 P1000046 Dsc_0028 Dsc_0034 P1000058 P1000080 P1000078 P1000088 Dsc_0043 P1000076

|

« 湯め(夢)の中へ  | トップページ | コウノトリの郷公園  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/46654833

この記事へのトラックバック一覧です: 植村直己冒険館 :

« 湯め(夢)の中へ  | トップページ | コウノトリの郷公園  »