« 世界遺産を巡る温泉三昧の旅  | トップページ | 熊野速玉大社  »

2009年12月19日 (土)

熊野本宮大社 

Dsc_0094

古(いにしえ)の人々が厳しい道のりを越えて目指した聖地『熊野本宮大社』。現在の大社は1889(明治22)年、熊野川の大洪水の難を逃れた社殿を大斎原(おおゆのはら)と云われる熊野川の中州から移設したものです。バイクで何度か参道の入口までは来ていたのですが、そこから続く長い階段にいつもパスしていました。でも今日はどっぷりと神の世界に浸かりたいと思います。

まだその屋根に雪を白く残す社殿は荘厳かつ神聖な雰囲気を一層高めてくれます。雪が融けて社殿の屋根から滴り落ちる水滴で背を濡らしながらも一心に祈りを捧げている人がいました。その姿はとても素敵に見えました。

Dsc_0038 Dsc_0031 Dsc_0045 Dsc_0048 Dsc_0061 Dsc_0078 Dsc_0059 Dsc_0092 Dsc_0104 Dsc_0113

参拝後、大斎原へ向かいます。旧社地には日本一の大鳥居が立っています。田畑の中にすくっと立つ鳥居は実に堂々としていて威厳のあるものでした。

Dsc_0138 Dsc_0125 Dsc_0161 Dsc_0159

再び、本宮大社に戻る途中、瀟洒な建物があり覗いてみることに。それは『世界遺産 熊野本宮館』でした。ここ熊野の魅力を世界に発信していく基地局とのことで今年建てられたものです。

|

« 世界遺産を巡る温泉三昧の旅  | トップページ | 熊野速玉大社  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/47070990

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野本宮大社 :

« 世界遺産を巡る温泉三昧の旅  | トップページ | 熊野速玉大社  »